犬はわざと粗相することがある?無視する効果とは

犬を留守番させたら犬がわざと粗相するので困る、叱ったあとに犬が腹いせで粗相する、という悩みを耳にすることがありますが、はたして犬はわざと粗相することがあるのでしょうか?

たしかに当てつけのようにも見えがちですが、犬がわざと粗相する行動には理由があり、あえて無視する対応が効果的です。

犬の行動を理解して、正しい対処法を考えていくことにしましょう。

犬の思考パターンを理解しよう

犬は、体験したことだけを学び取っていく生き物であって、自分が体験した行動だけの思考回路が作られていくのだそうです。

そして、犬はそれが自分にとって、単純に、メリットなのかデメリットなのかという感覚でしか学習することができません。

その時に犬が受けた強いイメージが記憶され、その体験とそのイメージを関連付けて覚えるのです。

犬にとって嬉しい成功体験のようなものを積ませていけば、その行動は犬にとってメリットがあるものとなり、習慣化させることができます。

逆に、習慣化させたくない行動は、体験をさせないという教え方が、犬の思考の理にかなっているというわけです。

人間の場合は、過去の経験に加えて、外部から入るいろいろな情報を組み合わせ、物事を追求したり深く掘り下げて考えていく、という抽象的な思考ができます。

しかし、犬は、今現在自分が置かれた状況の中で、自分の持てる全ての知恵でその場その場を判断していくのだそうです。

犬は常に今を生きていると言われるのも、こういう思考からなのかもしれません。

もし、犬が自分の置かれている状況の中で不安になることが起きた時には、犬は混乱して、吠えたり暴れたりします。

そうやって人間の目からは問題行動と呼ばれるようなことをあれこれやってみて、やがて自分の気持ちが落ち着いてくれば、犬の不安はそこで解決するということなのだそうです。

そして、そのあれこれの問題行動の中には粗相も含まれています。

犬がわざと粗相する本当の意味

犬の粗相にも様々な理由はあるのです。

【粗相の理由の参考記事】

困った!犬が粗相する時の対策 その原因はどこにある?

今回、ここでいう粗相の意味は、上の記事にあるように、明らかな理由と考えられるものが他に見当たらない場合のことです。

思考パターンの項目で書いたように、犬の思考は、自分にとってメリットかデメリットかが基準であり、行動の結果で何かいいことが起こるのか、嫌なことに繋がるのかのどちらかで説明できるものなのです。

相手(飼い主さん)にとってどうであるか?という思考のパターンではないのです。

つまり、犬が何か腹いせの為に悪いこと(粗相)をするとか、困らせようとして飼い主さんに対する当てつけの意味で「わざと」する行為ではないということが言えるわけです。

しかし、その行動(粗相)をすることで、飼い主さんに無視されることがなく確実に関心を集めることができたという「成功体験」になります。

犬には嬉しくて、それがよい記憶とインプットされ、学習したのだとしたら、犬にとっては粗相という行動はいい結果に繋がります。

その結果、関心を引くためにわざと、そのいいこと(粗相)をする、という「わざと」は、あり得るということになります。

常に飼い主さんに存在を無視されたくない、関心を持たれたい犬にとって、粗相は、飼い主さんから関心を寄せられるという最大のご褒美に繋がっていて、そのように学習してしまっているということです。

その関心を持たれたことというのは、飼い主さんとしては、もしかしたら犬を叱ったつもりかもしれません。

でも、飼い主さんの叱り方によっては、犬は叱られたと理解ができず、自分の粗相を大騒ぎをして喜んでいた、構ってもらえた、単純に嬉しい出来事と受け止めてしまっていることはよくあることなのです。

わざと粗相する背景にあるもの

もしも、留守中などに、粗相だけでなく物を壊すなどの破壊行動もあるのでしたら、犬はそのような行動を取ることで緊張や不安を解消している可能性があります。

粗相を始めとしたその問題行動の背景には分離不安などの可能性が隠れているかもしれません。

このような状況での粗相は、ただ不安を何とか解決して落ち着こうとする犬なりの必死な解消法であって、悪いことをしている意識などはありません。

留守から戻ってきた飼い主さんに対し、どこか怯えた様子で申し訳なさそうにしていることもあるかもしれません。

それは悪いことをしたから申し訳ないということよりも、以前にも似たような状況の中で戻ってきた飼い主さんからひどく叱られて、恐かったというイメージがインプットされていると考えることができます。

つまり、飼い主さんが戻って来る瞬間と、その叱られて恐かったイメージがリンクしてしまうからというように考えることができます。

分離不安の問題ではなく、ただ飼い主さんの関心を引くためにわざと粗相しているのであるとしたなら、それは犬が学習の結果をそのように覚えてしまっていると言えるのです。

粗相に対する飼い主さんの反応が、犬には、無視されることなく遊んでもらえた喜ばしいものとして、間違って記憶されているということです。

そのことが嬉しかった犬は、再び飼い主さんに関心を寄せてもらおうという一心で、わざと粗相しているということも考えられます。

無視することの有効性

分離不安の可能性が隠れているようであれば、それを解決しなければ粗相の問題も解決することができません。

また、背景に複雑な問題は見当たらず、間違った学習の結果からわざとする粗相であるとすれば、それを解決するには、その学習を修正していかなくてはなりません。

犬にとっては、飼い主さんが関心を寄せてくれる喜ばしいものとして、学習した結果の行動が粗相なのですから、そこの関連付けを一度消去してあげないといけません。

では具体的にどうしたらよいのでしょうか?

ここで「無視をする」という対処法が重要になってきます。

最初にしつけるトイレトレーニングの方法として、成功して褒める時は犬にもわかるように大げさ気味に褒めますが、失敗に対しては無視して黙々と静かに片付けるというのが基本です。

理屈はそれと同じで、わざと粗相したと思われる場面に遭遇したとしても、騒がず、反応することなく、犬を静かに他の場所に移動させて無視し、それから片付けをします。

そして、きちんとトイレの場所でできた時には大げさに褒めておやつをあげたり遊んであげたり、犬にとって嬉しくて良いことが起こるということを教えてあげて下さい。

トイレでできるとこんなにメリットがあるのだよということを犬に体験させるのです。

わざと粗相しても、犬は無視されるだけで、犬が期待した「飼い主さんの関心を集める」ことはできないのだということを教え直してあげましょう。

そうやって、犬は改めて正しい学習をしていくようになります。

そして大事なことは、この学習の修正の時にも決して怒ったりしないようにして下さい。

特に、声をあげて怒ると、犬は関心を持たれていると誤解をしやすいです。

そんな無駄な反応を見せるよりも、大好きな飼い主さんから無視されるということの方が、犬にとってはこたえることなのです。

そして、犬に理不尽なストレスとならずに効率よく学習させることができます。

理不尽なストレスのかかっている状況下では、新しい学習があまりうまくいかず、委縮して能力が発揮できないというのは人間も同じではないでしょうか。

それよりも、望ましくない行動は相手にしないで無視をする、そしてよいことは褒めるということを接し方の基本として、犬が正しく学習できるように導いてあげて下さい。

 

まとめ

犬の粗相には理由があり、その行動の背景にあるものや犬が何を求めているのかを考えていくことは、問題となる行動を改善する為の鍵になります。

犬がわざと粗相することは、飼い主さんの関心を集めたい、かまわれたいという欲求があっての行動と考えれば、その行動だけでなく、普段の犬との接し方やしつけも改めて考えてみる必要があるかもしれません。

もしかしたら、飼い主さんとの遊びが少なかったり運動が足りなかったりして、犬が普段から飼い主さんの関わりを求めてストレスを抱えていることもあるのではないでしょうか。

また、わざとであるなしに関わらず、粗相する犬を感情的に怒らないということは基本です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬の粗相と赤ちゃんの関係 うまく共存する方法

犬の粗相に使える消臭剤 掃除の必需品!おすすめ7選


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"