子犬がトイレを覚えない時のしつけ 5つの工夫!

待望の子犬を家族に迎え、まず最初に必要になってくるしつけが「トイレ」のことではないかと思います。

子犬やチワワなどの室内犬がなかなかトイレを覚えないで粗相することが多いと、飼い主さんも掃除に追われて少しばかり大変になります。

飼い主さんも犬もできるだけストレスなく、良好な関係を築いていきたいものですね。

今回は、子犬やチワワのように室内で飼われている犬がうまくトイレを覚えない時のしつけの工夫についてご説明します。

スポンサーリンク

しつけの前に!子犬・室内犬のトイレの環境を整える工夫

はじめに子犬・室内犬のトイレの場所とトイレの種類を決めてトイレシートを選びましょう。

サークルの中にトイレトレーと寝床になるベッド、というスタイルは、ペット用品ショップのカタログや、ディスプレイのレイアウトでもよく見かけますね。

実際にお店やブリーダーさんからお勧めされることの多いパターンだと思います。

でも、もっと子犬がトイレを覚えやすい方法としては、トイレトレーを置かず、寝床以外の場所にシートを敷きつめる方法があります。

最初はその範囲のどこにおしっこしてもいいようにしておいて、次第に小犬がおしっこする場所が限局されてくるので、その場所を最終的に残すようにして少しずつ不要なシートをはずし、トイレの範囲を狭くしていきます。

こうすると、トイレの場所というよりトイレ=シートという覚え方をするので、後々に場所を変えやすく、また最初は広いシートのどこでしても良いのでしつけがしやすいと思います。

そしてしつけが完成してくるまでは、ベッドを入れるよりもベッド代わりになるような、洗いやすく清潔に保ちやすい毛布などを寝床として使う方が手入れがしやすいです。

ベッドは粗相する場所になりやすく、子犬が混乱してなかなかトイレを覚えない原因になったりしますし、マメに洗いにくいので清潔にするのもちょっと大変だと思います。

必ずしもベッドの必要はないので、扱いやすくてできるだけ子犬が失敗しにくいようにしてあげましょう。

もしシートを敷いてないところでおしっこをする行動があるのなら、その場所にご飯を置いたり水を置いたりして、そこを食事の場所にしてみて下さい。

犬は食事するところと排泄するところを区別したがるので、食事する場所として認識させることにより同じ場所では排泄しなくなるようです。

ただしこのシートを敷き詰める方法は、シートを噛みちぎったりする癖がある子には適用できません。そのような癖があるのなら、やはりシートが露出しないようなメッシュカバーのあるトレーを使うのが安全です。

トイレシートには、紙おむつと同じように吸水ポリマーというおしっこを吸収する成分が含まれていて、大量に食べるとおなかの中で膨らんで危険なことにもなりますので、子犬が食べないよう十分注意して下さい。

子犬の頃にシートで遊ぶ癖があっても、成長と共に落ち着いて興味を示さなくなってきますので、その時はメッシュカバーを外して使うこともできますし、ずっと付けたままだったとしても特に問題はないです。

基本的にトイレの広さは犬の大きさの1.5倍以上が必要とされます。スペースが狭すぎると使いにくいので、犬がそのトイレを好まなくなります。

チワワなどの小型犬でも、体格は個体差がありずいぶん違っていたりしますので、その子の大きさに合わせて十分な広さを確保してあげましょう。

トイレトレーを設置する場合、最初はサークルで囲われた中で慣らした方が、留守番の練習も兼ねられてしつけもしやすいと思いますが、それぞれの住宅事情などでトイレだけを別な場所に設置する場合もあるかと思います。

その場合、普段飼い主さん達がいないような離れた場所にするのではなく、人の目の行き届くエリアで、部屋の隅などの少し落ち着ける所にトイレスペースを作ってあげると安心できると思います。

また、犬はきれい好きだと言われています。それぞれの性格にもよるのですが、トイレが汚れていたり、周りに何か嫌なものがあったりするだけでも、覚えないというよりそこでの排泄をしたがらないことがあります。

犬種ごとの性格の傾向もあって、チワワなどはデリケートでこだわりの強い子が少なくありません。

トイレは常に清潔にすることを心がけ、汚れていたらシートをマメに取り替え、掃除して快適に使えるようにあげましょう!

トイレシートは、たくさんの種類のものがいろんなメーカーから出ていて、ホームセンターやネット通販でも簡単に選べます。

薄いものや厚手のもの、消臭効果のあるものなど、これはそれぞれの用途と飼い主さんの好みで使い分けると良いと思いますが、特に子犬の頃などにはしつけ用のシートを利用するのも便利です。

しつけ用シートは、人間にはわからないけど犬にはわかるおしっこの匂いの成分がつけてあって、犬が覚えやすいようにできています。

ボンビアルコン しつけるシーツ 幼犬用(40枚入)【しつけるシーツ】トイレシート]

 

↓↓のシートは、吸収力抜群、本当にさらっとしていて足濡れせずお勧め!私のお気に入りです。

瞬乾ペットシート サラリ レギュラー(50枚入)

子犬・室内犬にトイレを覚えさせる!しつけのタイミングの工夫

子犬や室内犬の排泄パターンをよく観察しましょう。

特に子犬の頃には回数も多いのですが、見ているとパターンやサインがわかってきます。

タイミングとしては寝起き、食後、遊んだあとなどにそわそわする、くるくる回る、においを嗅ぎまわるなどのサインが重なった時に、トイレのしつけに繋ぐと成功しやすくなります。

パターンを知って、タイミングを狙ってしつけを繰り返していくようにしましょう。その子の行動パターンを記録してみると、タイミングを知る手段になり役立ちます。

スポンサーリンク

子犬・室内犬にトイレを覚えさせる !トイレに誘導する工夫

トイレに行かせるタイミングを見つけたらトイレまで誘導します。

ただし、子犬やチワワのような小型犬は、抱きかかえやすいので、飼い主さんが簡単に抱き上げて目的の場所まで運んで連れて行ってしまいがちです。でもそれでは子犬やチワワはトイレを覚えないまま過ごすので意味がなくなります。

子犬やチワワには自分でそこまで行くことを教えなければいけません。

名前を呼ぶだけではなかなか目的の場所まで来てくれないこともあるので、おもちゃやおやつを使って誘導しても良いです。

サークル内に作ったトイレの場合は、子犬や室内犬が中に入ったらそっと扉を閉めて、排泄するまで開けないようにしてしばらく様子を見て下さい。

鳴いても外に出さずに待ち、おしっこやうんちができたら褒めて外に出し、ご褒美におやつをあげて遊んであげる、というしつけを繰り返します。

そこで排泄することが子犬にとって嬉しいことに繋がるように覚えさせてあげましょう。

ただ、子犬は排泄回数が多いのでわりと簡単にそこでおしっこも出ますが、室内犬の成犬であればある程度の我慢をしてしまいます。

しないからと言って長時間入れっぱなしにはせず、少し様子を見ても出ないようなら次のタイミングをうかがい、根気強く同じことを繰り返して下さい。

サークル内にトイレを作ればこのようなしつけが可能なので、子犬や、室内トイレがうまくいかない室内犬は、ここからじっくりやってみると良いと思います。

また、できればサークルは屋根付きが望ましいです。

屋根なしサークルの場合は、つい飼い主さんが子犬やチワワなどを上から抱き上げたり中に入れたり、また、物の出し入れをそこからすることが習慣になってしまいあまり良くないです。

上が開いていると、そこからの方が確かに広く便利なので、小さな子犬やチワワなどを日常的にそのように出し入れしてしまうのもわかります。

でもそれだと出入り口がそこであると覚えさせることになり、トイレに入る手段をなかなか覚えない原因にも繋がります。

サークルの上からではなく入口から出入りする、トイレの時は入口からサークルの中に入る、というように、サークルの出入りの方法、トイレまでの導線を子犬や室内犬にきちんと教えてあげて下さい。

トイレに成功したら子犬・室内犬を毎回褒める!

褒めることはしつけをする時に飼い主さんが一番意識しておかなければならないことでしょう。犬は、トイレをトイレだからと意識しておしっこをしにいくのではないのです。

トイレという概念があるわけではなく、そこ(シート)でおしっこやうんちをすることで褒めてもらえた、ご褒美があった、これはいいことなのだ、というような覚え方をしているのです。

子犬や室内犬が上手にトイレでおしっこやうんちができた時は、わかるようにきちんと褒めてあげて下さい。

決められたトイレでできることは褒められること、ということが犬にわかるように、その都度優しい言葉でしっかり褒め、ご褒美におやつをあげるなどして子犬や室内犬が嬉しくなるようにしてあげて下さい。

ただあまりたくさんおやつをあげるとカロリーが気になりますので量を調節しながらです。

大事なのは、褒めるタイミングがずれると、それはトイレのご褒美の意味と結びつかずただおやつをもらえただけのことにすぎなくなってしまいます。それではいくら褒めても子犬や室内犬がトイレを覚えないということになってしまいますので、気を付けて下さい。

飼い主さんが褒め上手だったら子犬とのコミュニケーションもきっとうまくいきますし、しつけも楽しくなるに違いないと思います。

【ご褒美としてのおやつの参考記事】

子犬のしつけには必要なもの?おやつというごほうびの考え方

トイレの失敗 粗相した時に子犬・チワワなどの室内犬にどう対応するか?

子犬やチワワが排泄を失敗し床やカーペットに粗相した時は、飼い主さんもがっかりして何故覚えないの?と叱ってしまいたくなるかもしれませんが、決して叱らないで下さい。

叱られると、失敗したことよりも排泄そのものがいけないことであると、子犬やチワワにインプットされトイレを覚えないという構図ができあがってしまいます。

叱れば叱るほど逆効果になり、飼い主さんの前ではおしっこやうんちができなくなって、飼い主さんの目を逃れてこっそり隠れてするようになってしまいます。

トイレを覚えないというより、可哀想なことに叱られている理由がわからずにおしっこやうんちそのものが悪いと責められているように覚えてしまい、叱られないように飼い主さんにそれを隠そうとしてしまうのです。

そして粗相したところには匂いがついていますので、その場所で繰り返し粗相することも多くなります。

まず粗相をさせないということが大事ですが、失敗したとしても、叱れば間違った捉え方をしてトイレを覚えないという悪循環におちいってしまうので、叱らないで下さい。

粗相してしまったら決して騒がずに落ち着いて、まず子犬や室内犬を他の場所に移動させてから速やかに片付けて掃除し、匂いを消しておきましょう。

体に影響のないペット用消臭ミストなどが市販されていますし、手軽に作ることも可能ですので、そういうものを活用するのもいいと思います。

【消臭剤の手作り、市販品のおすすめ】

犬の粗相に使える消臭剤 掃除の必需品!おすすめ7選

カンファペットは安心安全な除菌消臭剤?成分と効果を確認

子犬やチワワくらいであればおしっこも量が少ないですが、匂いは結構残りやすいのでできるだけ匂いがきれいに消えるようにしましょう。

中にはフローリングを傷めるものや変色するものもあるかもしれないので、よく確認して使用して下さい。

まとめ

子犬や室内犬がトイレを覚えない場合、①場所や広さなどのトイレの環境②しつけの時の褒め方や教え方のメリハリなどに原因があることが多いようです。

犬はトイレに自分から行くわけではないので、排泄するところはそこであり、そこで排泄するといいことがあるんだよという教え方をするのがうまくいくポイントです。

そして、トイレは場所ではなく、トイレシート=トイレという感覚を子犬や室内犬が覚えられるようにすることで、仮に場所を変えても応用が利くようになります。

さらにおしっこしている時に毎回同じ言葉の声かけ(シーシなど、飼い主さんの好みで)をするようにしていれば、次第にその言葉をおしっこの合図にすることができるようになります。

しかし同じようにしつけをしたにもかかわらず、やはり個体差があるので、しっかりできるようになるまでの期間はさまざまです。

なかなか覚えない、失敗が続く、または一度は覚えたのにまた覚えない子に戻ってしまった、という時でも、根気よく付き合ってあげて下さい。

一度できるようになったのにまたできなくなった時などは特に、その理由があるはずですから、何がトイレを覚えない、失敗する原因となっているのかを考えてあげて下さい。

犬はいつでも飼い主さんに褒められるのが大好きです。トイレのしつけが完成した後も、時々「えらいね。よくできたね。」とご褒美におやつをあげたり、褒めることを忘れないようにしてあげましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

子犬のメッシュ付きトイレを上手に使う5つのコツ

生後2ヶ月で上手にしつける!子犬のトイレトレーニング

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

私のおすすめ

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!