犬のてんかん治療に必要な検査や薬 かかる費用の目安は?

愛犬がてんかんと診断されて、継続的な治療が必要になった場合、病気のことが心配なのはもちろんのこと。

それと同時に、どんな治療がなされるのか?どのくらいの費用がかかるものなのか?ということにも、やはり不安があるのではないかと思います。

今回は、てんかんという病気で必要な検査、薬のことや通院の頻度など、医療にかかる費用の目安について解説したいと思います。

てんかんの診断までの大まかな流れ

てんかんの症状は、そのほとんどが発作という形で表れます。

てんかん発作と聞いて、「泡を吹いて倒れて痙攣する」というイメージを持たれるかもしれませんが、発作には色々なパターンがあり、必ずしもそのように顕著な形の発作とは限りません。

部分発作と呼ばれるものは、発作と認識されにくく、なかなか異常に気づかれなかったり、何となく行動がおかしいとは思っても、そのの癖のようなもの、ととらえられていることも多いのではないかと思います。

【てんかん発作について参考記事】

犬のてんかんの症状と対処法 危険な発作の2パターンとは

てんかんには、原因不明のものと脳に何か発作の原因になる病気があるもの以外に、てんかんと同じような症状を起こす他の病気の可能性もあります。

そのために、まずはそれらを区別するための検査をおこないます。

そのてんかん発作が、脳に病気や傷などのはっきりした原因があることで起きていると判明した場合、例えば「脳腫瘍」「水頭症」「髄膜脳炎」などが主病名で、その病気が原因で発作が引き起こされるてんかんは、症候性てんかんと呼ばれます。

原因は脳にはなく、心臓病や肝臓病などの内科的な病気が原因で、てんかん発作に似たけいれんなどの神経症状を起こすもの、つまりてんかんと似て非なる病気については、それぞれ原因疾患(門脈シャントなど)が診断名になります。

【門脈シャントとは】

肝機能検査の数値の異常 肝臓・胆のうに多い犬の病気

様々な検査をしてみても、特に異常所見が見当たらず、てんかん発作の原因が不明なものは、特発性(真性)てんかんという診断がつきます。

「特発性」とは、てんかん以外の病名でも使われる言葉で、「原因不明」という意味を表しています。

【特発性についての参考記事】

犬のてんかんは脳炎の可能性も・脳炎は完治する病気?

脳の先天性奇形、水頭症、脳炎、頭部外傷、腫瘍、中毒、代謝異常、先天性心疾患、ナルコレプシー、強迫神経症などは、発作を起こす原疾患があることが明らかで、特発性てんかんとは違うものです。

てんかんの定義は、あくまでも「反復する発作」です。

一回目の発作の時点では、てんかんが疑われるという段階に過ぎず、確定診断にはなりません。

しかし、てんかんである可能性は高いのでその後も経過観察が必要になります。

診断までの検査と費用について

医療機関を受診した時は、まず問診があります。

問診では、その犬について、既往歴や食欲、避妊去勢の有無、ワクチンの時期、発作の経過、発作後に犬に何か変わった様子はあるかなど、基本的な情報について聞かれます。

てんかん発作を起こしている時、飼い主さんも余裕がないとは思うのですが、もし発作の様子を動画撮影できるようであれば動画に撮って下さい。

その動画を獣医師に見せると、発作のパターンなどが確認でき、診断材料にとても役立ちます。

問診に続き、神経学的検査がおこなわれます。

これは、犬の姿勢、歩行状態、麻痺、知覚、筋肉の緊張、反射など、基本の項目に沿って獣医師が診察するものです。

さらに、代謝性疾患や感染性疾患がないかを発見する目的で血液検査がおこなわれ、不整脈などの心疾患の有無を確認する為の心電図などもおこなわれます。

ここまでの検査で、脳の症状かどうか、診断の目安は大体つくことになりますが、先に述べたように、脳内の病気があるのか特発性なのかを確認する為には、CTやMRIの画像診断が必要です。

CTは放射線、MRIは磁気を使用した検査です。

CTやMRI検査を行う時は、犬は人間のように検査中は動かずにじっとしているということは無理なので、動かないように全身麻酔下で眠らせての検査になります。

人間がこのような検査を受ける場合、CTの方が時間も短く検査の負担が少なくてすみます。

しかし、麻酔下の検査になるので犬にとっては条件は同じです。

どちらの画像検査にもそれぞれ利点はありますが、この場合、一般的には細かい部位がより詳細に見えるMRI検査が選択されることになると思います。

高度な検査になりますが、最近では、大学病院だけでなく、MRI装置やCT装置を持っていて検査可能な民間の動物病院も増えているようです。

ちなみに、人間のてんかんの場合は、脳波の検査が欠かせません。

脳波を測定すると、てんかん独特のスパイクという波形が確認でき、それが確定診断になります。

しかし脳波検査は長時間かかり、測定中は安静にする必要があるので、犬にとってはハードルが高い検査になります。

犬の脳波検査はあまり頻度の高い検査ではなく、必要な場合はやはり大学病院などで麻酔下でおこないます。

画像検査に加え、脳の炎症が疑われる場合などには、脳脊髄液検査を行うことがありますが、これは、一定の体位を保たせて穿刺し、脳脊髄液を採取する必要があり、高度な技術が必要です。

麻酔下での検査となりますが、一般的に行われる検査ではありません。

検査にかかる費用の目安

【MRI検査】

麻酔も込みの費用で約5万円~10万円という費用がかかります。

この費用の設定はお住まいの地域や病院によって開きがあります。

CT検査の方がいくらか費用が安いですが、やはり麻酔が必要で、その分の費用はかかりますので大差はないと思います。

 

【血液検査】

どの項目を調べるかによって費用が変わってきます。

肝臓や腎臓の機能、炎症反応などの検査項目を入れた生化学検査も必要になります。

項目が増えると費用も上がりますが、目安は5000円前後~8000円くらいです。

また、MRI検査の時に、麻酔と血液検査も込みでのセット費用になっている病院もあります。

 

【神経学的検査】

3000円くらいに設定していることが多いようです。

 

【心電図検査】

4000円~8000円くらいです。

 

【脳脊髄液検査】

血液検査と同様に、採取した髄液を検査する項目によって費用が変わります。

麻酔費用を別にして、8000円~15000円の範囲と考えて良さそうですが、それを越えるところもあります。

 

かかる費用の合計は、初診料または再診料の費用に、検査費用、注射などの処置をおこなった場合はその費用、薬剤の費用などを加算して計算されます。

犬のてんかん治療の薬の進め方

発作の原因が脳ではなく、肝臓や心臓などの脳以外の病気の場合は、その病気に対する治療を行うことになります。

脳に何か病気や異常な所見が見つかった症候性てんかんの場合は、原因になっている脳の疾患の治療を中心として、発作をコントロールする薬を使って治療をおこないます。

薬の開始時期は、発作の頻度や重症度から検討されます。

【てんかん薬の開始時期の目安と副作用についての参考記事】

犬のてんかんの薬の副作用 意識や食欲への影響について

てんかんという病気は、薬を飲んで完治するような病気ではありませんので、発作がなくなったら薬が必要ないということではありません。

てんかんは、脳にダメージを与えないためにも発作を起こさないということが最も大事なことであり、発作が起こるのを抑制する目的で薬が必要なのです。

薬を飲んでいても、発作を100%抑制できるわけではないですが、その頻度が少なくなり、命の危険に陥るような大きな発作に繋がらないようコントロールする効果は期待でき、それがてんかん治療で大事なことになります。

薬は、発作が起こっていない普段から定期的に飲ませることによって、一定の薬物血中濃度を保つことが重要なのです。

発作がないから薬をやめようとするのではなく、薬が効いているからこそ発作がないと考えて下さい。

一番危険なのは、薬を飲ませたり飲ませなかったり、勝手に中断したりという行為です。

【薬の中断についての参考記事】

犬のてんかんの薬は中断禁忌!飲み忘れはどう対処する?

犬のてんかんの薬は何種類もあり、発作や全身状態に合わせて選択されます。

その後は血中濃度や症状をチェックしながら薬を調整していくことになります。

診断後の検査と定期的な通院の必要性

てんかんの薬による治療を開始した後は、抗てんかん薬による副作用が出現する可能性もあります。

それをチェックするために、定期的な検査が必要になります。

薬の副作用の検査は血液検査です。

最初は、薬の内服開始後、2週間~3週間を目安に血液検査をおこなって、薬の血中濃度や肝障害が出ていないかなどを調べます。

この検査で、薬の投与量が適切か、この薬を継続していけるかどうかの判断をします。

薬の血中濃度が低ければ、薬が不足しているという意味であり、増量が必要になります。

反対に、血中濃度があがりすぎていると、過剰投与となって重大な副作用の出現の危険性があるので減量が必要になります。

てんかんの症状と検査のデータから、その犬にとって、有効かつ最小限度の薬の量を見つけ、継続していけるように微調整していくのです。

血液検査はその後も定期的に必要であり、3ヶ月、半年、1年後という間隔で検査値をチェックしていきますが、その犬の病状や、獣医師の方針もありますので、目安と考えて下さい。

通院スケジュールと費用について

てんかんの薬の服用を開始して、何事もなく安定していても、2~3週間後には検査や経過観察の為に再診が必要です。

その後も、定期的に診察を受け、薬を処方してもらうための通院が必要です。

病状が安定するまでは、薬の調整で通院の間隔が短いかもしれませんが、安定していれば1ヶ月に一度くらいでも大丈夫になります。

何もなければ、それ以上の期間の処方も可能になりますが、これは獣医師にもよると思います。

動物医療は自由診療なので、人間のように診療報酬の規定というものはありません。

かかる費用は病院によってずいぶん差があり、統一されていませんので、薬一つを取っても設定の価格が違っています。

初診料や再診料、検査費用も病院によって違いますので、どの病院を選ぶかによって治療にかかる費用は最終的に大きな差が出ることになるかもしれません。

薬の値段などは、原価から1錠分の価格を決めて、処方した錠数分として計算することもあれば、単純に1種類の薬が一日いくらという計算の方法をとっている場合もあります。

それに処方料を加算するのか、またはしないのかなど、計算方法は病院ごとに決まりがあります。

同じ診療で同じ薬をもらっても、費用が全く違っていたということがあるのは、このような理由によるものです。

また、薬の量は体重に比例しているものなので、犬の体格(体重)や抗てんかん薬の種類でも値段がずいぶん変わります。

小型犬と仮定して、再診で30日分の薬をもらったという例で考えてみると、一回の通院にかかる費用は1500円~6000円くらいになるかと思います。

また、薬剤の血中濃度の検査の費用は一般的に高額になります。薬の種類によっても違うのですが、血中濃度の検査費用は1万円前後かかると考えておいた方が無難かと思います。

しかし、動物医療は治療も費用もその獣医師の方針、その病院次第ですので、言い換えれば、柔軟性があるとも言えます。

費用の問題がある場合、受診を中断したり薬を中断したりするのではなく、ストレートに獣医師に伝え、相談の上で、どのように治療していくかを検討していって下さい。

抗てんかん薬を勝手に中断させることは、離脱発作の危険性に繋がり、抑えていた発作を誘発して一気に重大な発作を起こすことがあるので、絶対にしてはいけないことです。

 

まとめ

てんかん治療で薬を服薬する目的は、てんかん発作の予防です。

てんかんは、発作を起こさない、あるいは発作を最小限にするために薬の継続が必要で、副作用や薬の効果の確認のための定期的な通院が必要な病気です。

長い通院の費用は、負担になることもあるかもしれませんが、可能な範囲での治療や検査方法を考えるためにも、費用のことも含めて獣医師と話し合えるようにしていて下さい。

信頼関係を築くことができる主治医を選ぶこともまた、この先長く付き合って行く上で大事なことです。

そして、場合によってはセカンドオピニオンを受けてもかまいません。

良い獣医師、かかりやすい病院を選ぶのは飼い主さんです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

デメリットも調べよう!ペッツベストのペット保険・口コミ評判

犬のサプリ「プロキュア」効果で腸内環境良好!口コミ・評判は?


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"