肝機能検査の数値の異常 肝臓・胆のうに多い犬の病気

症状から犬の病気を調べる時には、血液検査を行うことが多くなります。

検査項目はとても幅広くて複雑ですが、特に肝機能という言葉は使われる頻度が高いと思います。それはどのような時に数値の異常が出やすいのでしょうか?

肝機能の数値は、肝臓や胆のうの病気など様々な影響を受けやすい検査値です。

今回は、数値から考える肝臓・胆のうに多い犬の病気について解説したいと思います。

スポンサーリンク

肝臓・胆のうは連携して働く臓器

肝臓は、身体の中では大きな臓器で代わりの機能をするものはなく、幅広く重要な役割を持つ臓器です。

それに比較すると胆のうは小さい臓器で、胆のうと肝臓は連携して脂肪の消化に関わる役割を持っています。

肝臓の機能は生命に関わる

肝臓の役割はとても多くて、栄養素の吸収や合成から体内の有害物の解毒、血液の一部を生成するなどの働きをします。とても重要な臓器であり、その分、丈夫で強く再生能力が高いという他にない特徴を持っています。

肝臓の役割は大きくは次のようなものです。

①栄養素を取り込んで合成、貯蔵する

食べ物として摂取した後に一旦分解された栄養素(糖、アミノ酸、脂質)は小腸から吸収されて、腸から肝臓に繋がっている門脈という血管を通り、肝臓に運ばれます。そして肝臓でさらに変化させて血液中に送り出します。

また、必要な量を使用した残りの糖質はグリコーゲンとして、いざという時に使えるエネルギーとして肝臓に貯蔵します。

②薬物や有害物などの解毒をおこなう

小腸から吸収された薬物や体にとっての様々な有害物質などの毒物の分解、中和をします。

栄養素として必要な蛋白質も、分解されたあとの副産物としてアンモニアが発生するのですが、これがそのままだと体には大変有害な毒物です。肝臓はアンモニアを分解し、尿素に変えておしっことして排出させます。

人がアルコールやたばこのニコチンを摂取すると、それを分解してくれるのも肝臓の働きによるものです。

③消化液を作り分泌する

肝臓ではコレステロールを合成しますが、それを元にして脂肪を消化吸収させる消化液を作ります。その消化液はビリルビンという黄色い色素を含み、胆汁という形で腸内に分泌します。

④血液の代謝や凝固に関わる

血液は骨髄で作られますが、赤血球を作るのに必要な葉酸やビタミンB12などの栄養素は肝臓が蓄えていて、骨髄が必要とする時にその栄養素を送ります。

また、古くなった血液を壊す役割や、血液を凝固させる(止血作用)物質を作る役割があります。

スポンサーリンク

胆のうは肝臓に付属している

胆のうは肝臓の下の位置にあり、肝臓から総胆管という管を通して繋がっており、肝臓で作られた胆汁という消化液を濃縮し貯めておく臓器です。

さらに総胆管はその下にある膵臓や十二指腸と繋がっています。つまり肝臓とそれらの消化管の間に胆のうがあり、食事の刺激(脂肪)を受けた時に胆のうが濃縮した胆汁を十二指腸に分泌します。

【犬に多い膵臓の病気とは】

膵炎は再発が多い犬の病気 食事療法が治療の基本になる

血液検査で判断する肝臓の機能

肝臓の機能はこの項目の数値を主にみる

一般的に肝臓の機能を見る時に参考にする数値は、ALT(GPTとも呼ぶ)、AST(GOTとも呼ぶ)、T-BIL(総ビリルビン)、γ-GTP、ALPなどです。

ALTとAST

肝臓に含まれる酵素で、肝臓に異常があり組織が炎症を起こして壊されている時にこの数値は上昇します。ただしASTの方は肝臓の他に心臓や骨格筋にも含まれているのでそちらに病気がある時にも上昇します。

T-BIL

血液の赤血球中に含まれているヘモグロビンという物質が壊されて発生するビリルビンという色素で胆汁にも含まれますが、この数値の上昇は肝臓の処理能力の低下を表しています。ビリルビンの数値が上がると黄疸が出現します。

ALP

胆管に異常があって胆汁が滞っている時や肝臓に病気がある時に上昇します。

γ-GTP

胆管が閉鎖している時など、胆道系の病気がある時や肝臓に病気がある時に上昇します。

数値は総合的に判断する

以上の項目は肝臓の病気の指標になる主な数値ですが、それだけでなく、血液検査の数値は相互で影響しあって動くものがあり、また原因になる病気も一つではないので、いくつかの数値で総合的に判断されます。

例えば、CBC(赤血球数)、Hb(ヘモグロビン)などの数値は肝臓の異常に伴う貧血などがないか、WBC(白血球数)、CRP、Glb(グロブリン)などの数値は肝炎や感染症による全身の炎症の有無や程度、Glu(血糖値)、T-Cho(総コレステロール)、Alb(アルブミン)などの数値では肝不全などによる栄養状態の低下などの参考とされます。

さらに詳しく、血液中にアンモニアが代謝されないまま増えていないかを調べるためにNH3(アンモニア)などの数値の検査をすることもあります。

参考サイト:こちらのHP→秋山どうぶつ病院犬と猫の臨床検査で正常値がわかります。

犬の病気・胆のうの異常

胆泥症と胆石症

胆泥症は、泥状になった胆汁が胆のう内に溜まってしまう病気です。胆石症はさらに硬い石のような状態の胆石ができてしまう病気です。

肝臓で作られて胆のうに溜められた胆汁は本来、水のような流動性のある液体です。しかしこの胆汁が変質してしまうことでこのような病気が起こります。

泥状や結石になってしまった胆汁は胆管に詰まりやすく、胆のうが炎症を起こしたり、総胆管が完全に詰まってしまって胆汁が流れなくなると黄疸が現れ、胆のうが破裂すると腹膜炎を起こして重症化します。

肝炎や腸炎、膵炎などの細菌感染が原因で胆のう炎を起こして、その結果、胆汁が変質してこのような病気になることもあります。

また、元々、脂質代謝に異常が多い(高脂血症の多い)ミニチュアシュナウザーやシェットランドシープドッグなどの犬種に好発する傾向内分泌の病気(甲状腺機能低下症など)が発症の原因になることもあります。

初期には無症状のことが多いですが、進行すると食欲低下や嘔吐、活気がなくなる、腹痛、発熱、泥状や水様の下痢、腹部膨満などの症状が現れ、ひどくなると耳の内側や歯肉、白目の部分に黄疸が見られるようになり、さらに深刻なものではショック状態に陥ります。

胆のうの病気は肝臓に影響し、肝臓もダメージを受けていることが多くなります。

早期に治療開始することが推奨で、食事療法や薬物療法で経過観察します。初期であれば脂肪食を減らしただけでも胆泥は改善するとされますが、重症化したケースは手術により胆のうを摘出する必要があります。

胆のう粘液嚢腫

上記の胆泥と似ていて、胆のう内にムチンというゼリー状の物質が溜まる病気です。

ゼリー状の胆汁が総胆管に詰まり、胆のう炎を起こすことや黄疸、さらに重症化すると胆のうが破裂して腹膜炎を起こすなど、経過は胆泥症と共通しますが、全く別の病気でありエコー検査で区別がつきます。

ゼリー状に固まってしまう原因には、胆のうの壁から分泌される粘液が過剰であることと考えられ、胆のう破裂を起こす例も多いために治療方法は手術です。

しかし病気を持ったまま一生気づかずに過ごす犬も多いと考えられています。

犬の病気・肝臓の異常

肝炎(慢性肝炎)

犬の慢性肝炎には、遺伝的要素が関係するものがあり、ウエストハイランドホワイトテリアなどのテリア系の犬は、銅が肝臓に溜まり慢性肝炎を起こしやすいとされています。

また、ドーベルマンやアメリカンコッカースパニエルなどにも原因がはっきりしない慢性肝炎が若年齢で起こりやすいです。

先天的な原因以外では、食生活から起こるものが多く、半生フードやビーフジャーキーなどの食べ物が原因になっていることや、肥満が原因になることもあります。

症状ははっきりしないまま進行し、食欲不振や慢性的に嘔吐するなどですが気づきにくく、次第に黄疸や腹水などの重度の症状が現れるようになり、悪化すれば肝不全に移行します。

早期発見には定期健診が有効です。

慢性肝炎は、少しずつ肝臓の組織が線維化していく病気で、末期になると肝硬変に移行し、治る病気ではないですが、肝臓の機能低下を薬などで補って進行を遅らせるというような治療がおこなわれます。

これに対して、急性に発症する肝炎で、犬伝染性肝炎というものがあります。イヌアデノウイルスⅠ型によって起こる感染症で、1歳以下では致死率が高く、成犬においては症状が出ないままウイルス感染していることが多いです。

感染力が強く、唾液や尿、食器を介してなどで感染し、回復後も尿中にウイルスが半年程度認められます。

  • 突然致死型:子犬が急に腹痛で発症し半日~24時間以内に死亡する
  • 不顕性型:症状はないがウイルス感染している
  • 軽症型:食欲不振や発熱などの症状が軽いもの
  • 重症型:2日~1週間くらいの潜伏期があり、鼻水や発熱などで発症。下痢や嘔吐、腹痛などの症状が4~6日継続した後に治る。

犬伝染性肝炎はワクチンが有効ですが、免疫力が不足している場合は急性から慢性肝炎に移行することもあります。

門脈シャント

門脈シャントは先天的な血管の異常であることが多いですが、後天性のシャントもあります。

本来は、腸から肝臓に栄養分を運ぶはずの門脈という血管が、肝臓を通ることなく心臓に近道になるバイパスを作って(シャントと呼ばれる異常な血管)、その結果、腸から流れ込む血液中のアンモニアを始めとした数多くの毒素が肝臓で解毒されないまま、心臓から全身をめぐる体循環に流れ込みます。

この為、肝臓そのものは正常であっても肝臓の解毒作用が働いてない肝不全と同様で、有害物質が全身に届けられ高アンモニア血症や抗尿酸血症を起こします。

また、肝臓の方は栄養素が不足する為に、肝臓そのものが委縮して小さくなり、身体の発育は不良となります。

生後6ヶ月までの幼犬で、発育不良であり、食後に高アンモニアによる肝性脳症で神経症状が現れるような場合は、先天性の病気の可能性が高いです。後天性のシャントは、慢性肝炎や肝硬変、胆管の閉塞などが原因になって門脈圧が異常に上昇し発症します。

異常血管であるシャントは、一本だけでなく複数あることもあり、肝臓内にある肝内性シャントと肝臓の外にある肝外性シャントの2種類があります。

治療方法は手術で、手術を前提に血管造影の検査をする必要があるので、高度医療機関などでおこなわれることが多いです。手術が順調であれば、生存率の高い病気です。

肝硬変

肝硬変は、肝臓の慢性的な炎症が原因になり、肝臓全体が線維組織に変質して硬くなって正常な機能が失われる病気です。

肝臓全体の構造が変わってしまった末期的な状態であり、変性した肝臓は元には戻りません。

治すことはできないので、症状の軽減を目的に、腹水を取り除くために利尿剤を使ったり針を指して腹水を抜くなどの処置をおこないます。

急性肝不全

肝細胞が全て線維細胞に置き換わってしまって、肝機能不全の状態になります。

犬伝染性肝炎、レプトスピラ症、薬物中毒、急性膵炎、フィラリア症、外傷による腹部損傷、熱射病など、様々なことが原因になり、急速に肝臓の細胞が壊死を起こしてしまいます。

肝細胞の70~80%が急激に壊死してしまった状態を急性肝不全と呼びます。

嘔吐や下痢、多飲多尿、黄疸、肝性脳症(旋回運動、けいれん、昏睡など)、黒色便、皮下出血などの症状が現れ、肝機能検査の数値の異常が認められます。

急性であり、診断しながら同時に早期に治療する必要があります。抗生剤や、水分、電解質などを点滴し、アンモニアを下げたり輸血をしたりしながら、原因を特定しそれに対処していきます。

肝臓・胆のうの癌

腫瘍には、そこが原発であるものと他の部位から転移したものがあり、原発性は良性と悪性がありますが、転移性は全てが悪性になります。

犬には肝臓がんも胆管がんも発生しますが、多いのは転移性腫瘍です。

原発性の腫瘍でもっとも多いのは、肝細胞がんです。

無症状の時に健康診断でたまたま発見されることもありますが、腹水や黄疸などの重度の症状が現れてから発見されることも少なくありません。エコー検査が有用ですが、詳細に把握するためにはCT検査が必要になります。

治療は手術による摘出が第一選択ですが、手術困難な場合は他の方法を検討することになります。切除可能だった場合は予後良好ですが、切除不可能だった場合、予後は短いことも多くなります。

まとめ

犬の病気を調べる為の血液検査の内容はとても多く、目的によって調べる項目もそれぞれ異なります。そして、単一の数値だけではなく、それぞれの項目の数値を総合的にとらえて診断されます。

似通った症状を示す病気もたくさんありますが、いずれも早期に治療を開始することが重要と言えるでしょう。

肝機能検査は、医療機関で一般的に行われる検査です。その数値からわかる病気は実に多いですので、何か様子がおかしいと感じる時は、早期に診察を受けるようにしてあげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

ストレスでも起こる?犬の嘔吐・下痢の原因と緊急性の判断

犬のてんかんの症状と対処法 危険な発作の2パターンとは

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!