犬の認知症にサプリメントが期待される理由とお勧め7品

近年は犬を取り巻く環境の変化などで寿命も延び、認知症を発症する高齢の犬も多くなっています。

犬の認知症は様々な症状を表しながら進行し、いずれは介護が必要になることもあります。しかし、対応次第で進行を遅らせることは可能であり、また、薬と共にサプリメントが併用されることも多いようです。

今回は、犬の認知症にどのようなサプリメントがどのような理由で推奨されるのか?について解説したいと思います。

スポンサーリンク

犬の認知症はどのようにして起こるのか

は人間の何倍ものスピードで年を取ると言われます。それまで若々しく感じていた愛犬が、ある日突然、トイレを失敗するようになるとか、散歩を嫌がるようになったということがあるかもしれません。

加齢によって白内障や難聴などが気づかない間に進んで目や耳が悪くなっている場合もあり、足腰の筋肉が衰えて来るなど、身体的な変化は避けられないこともあります。

認知症の症状も、老化現象であり避けようがないと捉えられることも多かったのですが、最近の研究では、犬の認知症には人のアルツハイマー病のような原因が存在していると認識されるようになってきました。

「認知症」というのは、一つの病気ではなく、何らかの病気が原因になって症状が引き起こされる症候群のことを言います。

【認知症の原因や症状】

徘徊は犬の認知症の症状のひとつ 諦めずにまずは診断を!

犬の認知症は、人のアルツハイマー病に似た脳の病変が原因となって起こる、アルツハイマー型認知症と類似のものと考えられています。

フリーラジカル(活性酸素)の影響

私達は呼吸をして自然に酸素を体内に取り入れ、酸素は体内で栄養素をエネルギーに変える時に使用されますが、その過程では活性酸素が発生します。

この活性酸素は、体内に侵入する細菌やウイルスを攻撃するなどの重要な働きも担うのですが、活性酸素が増えすぎると細胞を酸化させ老化させるという悪影響を及ぼします。

脳は酸素を多く消費する部位であり、その分、活性酸素の発生も多くなります。つまり、認知症の原因になる脳の神経細胞の変性は、活性酸素の影響も要因になると考えられています。

不飽和脂肪酸の不足

多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)のDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)は、オメガ3脂肪酸とも呼ばれ、青魚に多い脂質として有名であり、近年は人のサプリメントとしても重要視されている成分です。

特にDHAは、血液脳関門を通過して脳に入り込める数少ない栄養素であり、また、脳細胞膜に元々多く存在している物質です。脳の海馬という記憶や学習に関係する部位には、他の2倍以上のDHAが存在しています。

一方でEPAはこの関門を通過することはできませんが、血液をサラサラにする働きがあり、血流を改善し心筋梗塞や脳梗塞を予防します。

しかし、認知症の犬の血液中にはこの不飽和脂肪酸の量がかなり不足しているということがわかっています。

【認知症の発症と不飽和脂肪酸の関係の参考記事】

犬の認知症が始まる年齢と発症しやすいとされる犬種について

犬の認知症の治療とサプリメント

サプリメントは薬とは違い、食べ物などに含まれている成分であり、食品と考えます。

サプリメントには薬のような即効性があるわけではありませんが、継続することで一定の効果が得られることがあり、直接的な治療ではなく補助的な位置付けで使用されます。

犬の認知症の治療では、獣医師からサプリメントが処方されることも多く、夜泣きなどに対してサプリメントが良い結果を出しているケースもあるようです。

効果が期待できるサプリメントの成分

犬の認知症で有効とされるサプリメントには、DHA・EPAなどのオメガ3系と言われる不飽和脂肪酸活性酸素(フリーラジカル)を消去する抗酸化成分などがあります。

前項のDHAなどのサプリメントは、体内に取り入れると優先的に脳に届いて利用されますが、摂取することで神経細胞の感度を上げ、脳の記憶力や学習力の維持・向上に有効であるとされます。

  • DHA・EPA不飽和脂肪酸の中でオメガ3系脂肪酸と言われる。この種類には魚油、アマニ油、サーモンオイルなど多くのサプリメントがある。身体が自分で作ることのできない、脳には重要な脂肪酸である。
  • イチョウ葉エキス老化を防止するハーブ。人のアルツハイマー病で、薬とサプリメントを併用することで効果があがるとされている。
  • ローズマリー抗酸化物質。また脳内神経伝達物質であるアセチルコリンの分解を防止するとされるハーブ。
  • コリン(レシチン):脳内神経伝達物質であるアセチルコリンを生成する為に必要な物質。犬にコリンを補充すると認知機能障害の改善が図れるとされる。
  • ビタミンB6:ビタミンB群は脳の中枢神経や末梢神経細胞を修復し、特にビタミンB6は神経伝達物質の合成に深く関与する。また、ビタミンB群は抗酸化作用を持つ。

抗酸化成分には、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、カロテノイド、サポニン、ラクトフェリンなどがあり、このような成分を含むサプリメントが効果的です。

犬の認知症におすすめサプリメント

メイベットDC 2g×60包 犬用

こちらは、DHA・EPAというオメガ3脂肪酸を主成分としたサプリメントです。

動物病院でも、認知症の犬に獣医師が処方することの多いサプリメントの一つです。

分包されているので一回分ずつ使用しやすく、保存や持ち運びも便利です。

 

[グリズリー]サーモンオイルオメガ3脂肪酸(犬用)

こちらは、オメガ3系脂肪酸を豊富に含むサーモンオイルのサプリメントです。

プッシュタイプのポンプになっていて、量も測りやすく使用しやすいと思います。

 

[PetNaturals]デイリーマルチタブ犬用(DailyMultiTab)

こちらは、オメガ3系脂肪酸やビタミンB群、ビタミンC、Eなどの抗酸化成分を含んだ総合サプリメントで、普段からの栄養管理におすすめです。

 

パンフェノン 120粒?

抗酸化作用を持つフラボノイドを主成分とした、フリーラジカル(活性酸素)の除去を目的とした抗酸化サプリメントです。

動物病院でも心臓病や皮膚病を対象に多く取り扱われている、よく知られているサプリメントです。

 

遺伝子レベルでケアできる犬用サプリ【ワンドリア】

こちらのサプリメントは、獣医師と医師の共同開発です。ミトコンドリアを活性化してフリーラジカル(活性酸素)の排出を促すことを目的としたサプリメントです。

 

【ブロリコ・ペット】

ブロッコリーは抗酸化作用の高い食材として有名ですが、このサプリメントにはブロッコリーの有効成分が凝縮されていて、さらに効率よく取り入れられるようになっています。

元々、「ブロリコ」は人用のサプリメントとして発売されているのですが、こちらのサプリメントは、ペット用として発売されたものです。

 

「犬康食・ワン」プレミアム

こちらのサプリメントの原料エゾウコギには、エレウテロサイドEやクロロゲン酸といった抗酸化作用を持つ物質が含まれています。

このサプリメントは、抗酸化作用による老化防止や霊芝に含まれるβ-Dグルカンなどによる免疫力の維持を目的とした日常的に健康を保つためのサプリメントです。

【参考記事】

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと 評判 

まとめ

犬の認知症の脳には人のアルツハイマー病と類似した所見が見られることが確認されていて、犬も同様の病気によって認知症を発症すると考えられています。

そして認知症の発症と体内の不飽和脂肪酸の量に深い関わりがあることもわかっています。

体内に不足しているそのような栄養素を補充することは、症状の改善に効果的であるとされ、獣医師が治療に併用することも多いようです。

また、脳の変性にはフリーラジカル(活性酸素)の影響もあり、それには抗酸化作用を持つサプリメントが有効と考えられています。

しかし認知症の原因はそれだけではなく、それまでの習慣や犬を取り巻く環境など、様々な要因が重なり合っていますので、サプリメントだけで解決できるわけではありません。

それでもまだ症状が軽いうちに食事内容やサプリメントを検討し環境の調整など行えば、認知症の進行を遅らせる効果は十分期待できます。

このような対策は重症化する前に始める方がよく、その為にも、愛犬の日常的な様子をよく把握しておくことが大事です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬のお漏らしにおすすめサプリ 効果に期待の5選

スポンサーリンク