『犬の十戒』~犬との約束~にGo!

犬の認知症にサプリメントが期待される理由【お勧め7品】

♦サプリメント
この記事は約7分で読めます。

近年は、取り巻く環境の変化などで犬の寿命も長くなりました。

それに伴って認知症の犬も増えています。

認知症は進行性の病気ですが、薬やサプリメント、対応方法の工夫などで、進行を遅らせることができる可能性はあります。

今回は、犬の認知症によいとされるサプリメントをご紹介してみますね。

スポンサーリンク

認知症と活性酸素・不飽和脂肪酸の関係

犬は人間の何倍ものスピードで年を取ると言われています。

犬の年齢について↓

 

まだ若いと思っていた愛犬がトイレを失敗するようになったり、散歩を嫌がるようになったり、そしてある日、年を取ったと気づくかもしれません。

白内障や難聴、足腰の筋肉の衰えなど、身体的な老化はどうしても避けられないものがありますよね。

 

認知症も、老化現象によるボケとして、避けられないものと考えられていました。

でも、最近の研究で、犬の認知症は人のアルツハイマー病のような病気であるということがわかってきたのです。

 

 

犬の認知症には、人のアルツハイマー病に似た脳の病変が認められています。

そのことから、人のアルツハイマー型認知症と同じものではないかと考えられるようになりました。

フリーラジカル(活性酸素)の影響

私達は呼吸をして酸素を体に取り入れます。

酸素は、体内で栄養素をエネルギーに変える時に使われるのですが、その過程で活性酸素が発生します。

活性酸素という言葉、メディアでも特に美容の話などでよく使われていますね。

 

この活性酸素は、体内に侵入しようとする細菌やウイルスを攻撃してくれるといった大事な働きも持っています。

それなら体には必要なのではないか?と思うところですが、活性酸素が増えすぎると細胞を酸化させ老化させるという悪影響もあるのです。

 

脳は酸素をとても多く必要とする部位です。

脳では酸素が多量に消費され、その分、活性酸素の発生も多くなります。

認知症を起こす脳の細胞の変性は、脳で発生する活性酸素が関係しているのではないかと考えられています。

不飽和脂肪酸の不足

不飽和脂肪酸には、オメガ3脂肪酸と呼ばれるDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)があり、青魚に多い脂質として知られています。

人のサプリメントでも有名ですよね。

 

脳は、あらゆる物質をシャットアウトする血液脳関門というゲートで守られています。

DHAは、そこを通過して脳に入り込める数少ない栄養素で、脳の細胞膜を構成する物質でもあります。

記憶や学習を司る脳の海馬という部位には、他の部分の2倍以上のDHAがあるそうです。

 

一方、EPAの方はこの関門を通過することはできません。

EPAには血液をサラサラにする働きがあり、血流を改善し心筋梗塞や脳梗塞の予防に役立つ栄養素なのです。

 

実は認知症の犬の血液中には、不飽和脂肪酸の量がかなり不足しているということがわかっているそうです。

 

犬の認知症の治療にはサプリメントも使われている

サプリメントは薬とは違い、食品という分類になります。

サプリメントには、薬のような即効性はないですが、継続することで一定の効果が得られることがあります。

 

サプリメントは、直接的な治療ではなく補助的な位置付けで、動物病院でも使用されているのです。

犬の認知症の治療でも、夜泣きなどの症状に対してサプリメントが処方され、良い結果を出しているケースもあるようです。

 

効果が期待されているサプリメントの成分とは

犬の認知症に使われるサプリメントは

  • DHA・EPAなどのオメガ3系の不飽和脂肪酸
  • 活性酸素(フリーラジカル)を除去する抗酸化成分

などです。

 

DHAなどのサプリメントは、体内に取り入れると優先的に脳に届きます。

そして脳の神経細胞の働きを強化し、記憶力や学習力の維持・向上に有効に働くのです。

 

《認知症に良い成分》

  • DHA・EPA:不飽和脂肪酸の中でオメガ3系脂肪酸と言われる。魚油、アマニ油、サーモンオイルなど多くのサプリメントがある。身体が自分で作ることはできず、脳には重要な脂肪酸である。
  • イチョウ葉エキス:老化を防止するハーブ。人のアルツハイマー病では薬と併用することで効果があがると言われる。
  • ローズマリー抗酸化物質。脳内神経伝達物質であるアセチルコリンの分解を防止するとされるハーブ。
  • コリン(レシチン):脳内神経伝達物質であるアセチルコリンを生成するのに必要な物質。犬にコリンを補充すると認知機能障害の改善が図れるとされる。
  • ビタミンB6:ビタミンB群は脳の中枢神経や末梢神経細胞を修復する。特にビタミンB6は神経伝達物質の合成に深く関与する。また、ビタミンB群は抗酸化作用を持つ。

 

《他の抗酸化成分》

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノール・カロテノイド・サポニン・ラクトフェリン

 

認知症のサプリメントには、このような脳に良い成分のものが選ばれます。

犬の認知症におすすめのサプリメント

メイベットDC 2g×60包 犬用

DHA・EPAというオメガ3脂肪酸を主成分としたサプリメントです。

動物病院で、認知症の犬に獣医師が処方することの多いサプリメントの一つです。

分包されているので、一回分ずつ使用しやすく、保存も持ち運びにも便利です。

 

メイベットDC 2g×60包

[グリズリー]サーモンオイルオメガ3脂肪酸(犬用)

オメガ3系脂肪酸を豊富に含むサーモンオイルのサプリメントです。

プッシュタイプのポンプ容器なので、量も測りやすく使いやすいと思います。

 

[グリズリー]サーモンオイルオメガ3脂肪酸(犬用)

 

[PetNaturals]デイリーマルチタブ犬用(DailyMultiTab)

オメガ3系脂肪酸やビタミンB群、ビタミンC、Eなどの抗酸化成分を含んだ総合サプリメントです。

普段からの栄養管理にもおすすめのマルチサプリです。

 

 

[PetNaturals]デイリーマルチタブ犬用(DailyMultiTab)

 

パンフェノン 120粒

抗酸化作用を持つフラボノイドを主成分とした、フリーラジカル(活性酸素)の除去を目的とした抗酸化サプリメントです。

動物病院では、心臓病や皮膚病を対象に取り扱われていて、飼い主さんの間でもよく知られているサプリメントです。

 


パンフェノン 120粒 動物用健康補助食品

 

毎日一緒 DHA&EPA(チキン味)犬用

オメガ3脂肪酸を主成分とした、認知症サポートの為の犬用国産サプリメントです。

犬の嗜好性に合わせたチキン味の錠剤で、食べやすく配慮されています。

 

 

 

サミーフィッシュ

SAMe(サミー)という抗酸化作用のある物質でできたサプリメントです。

活性酸素を細胞レベルで取り除く作用があります。

SAMeは、特に肝臓の機能を改善することが有名ですが、関節や脳にも効果があることが獣医師の間でも知られています。

 

サミーフィッシュ

「犬康食・ワン」プレミアム

こちらのサプリメントの原料エゾウコギには、エレウテロサイドEやクロロゲン酸といった抗酸化作用を持つ物質が含まれています。

このサプリメントは、抗酸化作用による老化防止・霊芝のβ-Dグルカンなどによる免疫力の向上で、日常的に健康な体を保つサプリメントです。

Amazon | 犬康食・ワン プレミアム (300mg×30粒) ペット サプリ | わんわん倶楽部 | ビタミン・サプリメント 通販
犬康食・ワン プレミアム (300mg×30粒) ペット サプリがビタミン・サプリメントストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

まとめ

認知症と体内の不飽和脂肪酸の量には深い関わりがあり、また、脳の変性にはフリーラジカル(活性酸素)の影響があります。

このような栄養素の補充は、薬と併用することも多いようです。

サプリメントを上手に取り入れ、認知症の進行を少しでも緩やかにできるとよいのではないでしょうか。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

コメント

テキストのコピーはできません。