犬のてんかんは脳炎の可能性も・脳炎は完治する病気?

犬のてんかんは、1つの病名でありながら、てんかん症状という1つの症状を指す言葉でもあります。

てんかん症状は、脳炎という重大な病気から起きていることもあり、その診断には至っていない場合もあります。

私の愛犬はその反対で、初めに脳炎と診断されましたがそうではありませんでした。

今回は私の経験も取り入れながら、脳炎という病気や完治はありえるのかについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

てんかんの種類と治療

てんかん発作を引き起こす病気はいくつもあります。

治療もそれぞれに異なるのですが、そのわかりにくさのために、てんかんを一括りのものととらえている飼い主さんは多いかもしれません。

脳の病気や症状はとても複雑であり、まだ解明されていないことの多い未知の領域であって、とても難しい分野です。

てんかんには、2つのパターンがあります。

1つは、脳波検査をすればてんかん特有の異常波形が認められるものの、あれこれと脳の検査をしても特に原因になるものは判明しない(原因不明の)特発性てんかんです。

もう1つは、脳にてんかんの原因と考えられる異常、先天性の奇形や外傷、脳腫瘍、炎症性疾患などの器質的な問題があり、その原因によって2次的にてんかん発作を引き起こす症候性てんかんがあります。

他にも、内科的な疾患が原因で、てんかんに似た意識消失や痙攣発作を起こすこともありますが、こちらはあくまでもてんかんに似た発作であり、脳に異常のあるてんかんとは区別されます。

てんかんの診断は、検査を順次おこなっていって、まず、考えられるよく似た症状の病気との鑑別が必要です。

【てんかんの症状や発作について】

犬のてんかんの症状と対処法 危険な発作の2パターンとは

検査所見から、脳由来の症状ではないものに対しては、それぞれに合う治療で完治を目指します。

脳由来のてんかん発作ということがわかれば、次に、脳のどこに原因があるかを追求する為、画像診断(MRIやCT)が欠かせない検査になります。

【てんかんの診断までの流れ】

犬のてんかん治療に必要な検査や薬 かかる費用の目安は?

しかし、そのような画像診断に至らないまま、つまり、画像検査はせずに特発性てんかんとみなして治療をしている犬は少なくないようです。

ちなみにてんかんの治療とは、発作を起こさない、あるいは起きても最小限度に抑えることを目的として、薬でコントロールすることです。

てんかん発作をたびたび重ねていくと、脳はそれだけダメージを受けます。

そのダメージは脳の傷のようなものになり、その傷は次の発作の誘因になり、そして発作のたびにまたダメージが増えるという悪循環になるのです。

【てんかんの薬の中断のリスクについて】

犬のてんかんの薬は中断禁忌!飲み忘れはどう対処する?

スポンサーリンク

脳炎もてんかん発作を起こす病気のひとつ

そのてんかん発作あるいは類似の発作が、血液検査や心電図などの検査で内科的に問題がなければ、脳由来の症状、つまり本物の「てんかん発作」であることははっきりします。

その次のステップとして、画像診断や髄液検査に進む時に、個人のクリニックなどでは設備的にその検査に対応できないことも多いです。

その為、そのような精密な検査は、改めて大学病院や設備のある病院への紹介という形になります。

しかし、検査にかかる費用は決して安価ではありません。

また、予約の調整も必要で、検査に行きつくまでの時間もかかります。

そこまで受けるかどうかの飼い主さんの判断も様々、そして獣医師の方針も様々です。

画像検査までは進まず、その時点でてんかんという予測の診断で治療が開始されることは、珍しくはありません。

ところが、そのてんかん発作の陰に脳炎という病気が潜んでいることがあります。

脳炎は、特に小型犬に多い進行性の病気であるので、抗てんかん薬で発作を抑えるだけでは治療はできません。

脳炎には、ウィルスや細菌による感染性脳炎と、免疫異常が原因と考えられている特発性(免疫介在性)脳炎があります。

感染性脳炎で有名なものには、たとえばジステンバーウイルス脳炎があります。

特発性脳炎は、どの年齢でも発症しますが、特に若い年齢の犬に多いと言われます。

「特発性」というのは、「特発性てんかん」もそうですが、「特発性前庭疾患」などいろいろな病気に付けられる言葉で、主に原因不明のものに対して用いられる言葉です。

【参考記事】

老犬に多い前庭疾患 脳腫瘍との違いは?観察と看護の注意点

特発性脳炎は、どの犬種にも起こりうる病気ですが好発犬種もあり、その犬種特有とされる脳炎(パグ脳炎が代表的)もあります。

【好発犬種】

チワワ、マルチーズ、ヨークシャーテリア、ミニチュアダックスフンド、パピヨン、シーズー、ペキニーズ、柴犬など

脳炎の種類と治療・予後

感染性脳炎

感染性脳炎の原因には、外傷や内耳、副鼻腔からの細菌感染、ジステンバーなどのウイルス、クリプトコッカスなどの真菌、トキソプラズマなどの原虫があります。

診断にはMRI脳脊髄液検査を併用します。(頭蓋内圧が高い場合の脳脊髄液検査はできません)

感染性脳炎の治療は、それぞれの病原体に対する薬剤投与で完治を目指し、その病原体が薬剤への反応が良好な場合は完治も期待できます。

細菌性脳炎では、抗菌剤などがうまく効けば完治する可能性もあります。

また、完治の可能性は、治療開始時期が早ければ早いほど高くなります。

しかし、ウイルス性脳炎は完治はなく、予後も不良です。

ジステンバー脳炎では、ワクチン接種が有効であり、仮にワクチン済みの免疫力のある犬がジステンバーウイルスに感染した場合、無症状、または軽い呼吸器症状程度で完治することができます。

しかし、ワクチン未接種の犬の完治は期待できず、ウイルスは脳神経系に入り込みます。

そして脳脊髄炎を起こし、てんかん発作や神経症状を表しながら進行し、予後は悪く、死という転帰をとることが多い病気です。

ジステンバー脳炎に特効薬はなく、かろうじて完治したとしても、その殆どが脳神経系の重大な後遺症を残します。

特発性(免疫介在性)脳炎

ウイルスや細菌などの感染ではない、いわゆる非感染性の特発性脳炎には次のような種類があります。

①壊死性髄膜脳炎(NME)

大脳~脳幹部に多く、急性に進行し早期に死亡することが多い。

パグ脳炎と呼ばれていたものはこの脳炎である。

②壊死性灰白質髄膜脳炎(NLE)

間脳と大脳に同時に病変が出現する。

ヨークシャーテリアに多い脳炎。

③肉芽腫性髄膜脳炎(GME)

壊死性のものとの違いは病変の特徴であり、肉芽腫が脳にできるという腫瘍に類似した脳炎。

視神経の症状から発症する眼型は、進行性網膜委縮などの疾患との鑑別が困難である。

これらの脳炎が、てんかんとして治療されている犬の中に混じっていることがあるということです。

脳炎の症状は、てんかん発作の他に主として神経症状です。

運動失調、歩行異常、視覚異常(見えていない)、念転斜頸(首が傾く)、起立不能、意識障害(ボーっとしている)など

このような症状は、抗てんかん薬の副作用とも似ているものがありますので、判断を誤る場合もあります。

また、脳炎は進行する病気である為に、それによって起こる発作は特発性てんかんと違って、抗てんかん薬で制御することは困難です。

それゆえに、抗てんかん薬を使っているのにたびたびてんかん発作を起こし、他の神経症状も見られるという状態になります。

特発性脳炎は、種類にもよりますが、早期発見、早期治療開始すれば、致命的な病変の広がりの前の段階で、進行を止めることも可能です。

しかし、脳炎の進行を食い止める治療がなされなければ、予後は不良で、発症後1年以内に亡くなることが多いとされています。

あるいは、初回のてんかん発作から短期間のうちにてんかん重責発作を起こしてしまい、そのまま亡くなることもあるので要注意です。

脳炎と診断がつけば、抗てんかん薬とともに免疫抑制剤、ステロイド剤などが追加されて治療がおこなわれます。

ただ、元々、発生の原因が不明で根本的な治療が確立されてない病気なので、完治は期待できません。

また、脳神経系疾患専門の獣医師でなければ、診断や治療も難しい病気と言えるでしょう。

当時、私の愛犬は、1つの同じ動作を繰り返す、癖と言えばそう見えるような行動がありました。

意識を失うような全身発作ではないので、他の内科的な病気は疑われることなく、当時の獣医師からは、てんかんの部分発作かもしれないという診立てでした。

そして脳を確認するために画像検査を行い、その画像をもって脳炎と診断された経緯があります。

私の愛犬は、良くて2年ほどの寿命だろうと告知され、多いと感じるほどのステロイド剤と、脳を安静にする目的の安定剤が投与開始になりました。

ステロイドの副作用が目立つようになり、私は飲水量や尿量もチェックしていました。

しかし、私はこのまま諦めるという気持ちにはなれず、そう伝えても治療方針が曖昧な獣医師に納得ができず、他の病院を探しセカンドオピニオンを求めることにしました。

私が見つけた別の医療機関で、検査をやり直すことになり、画像検査も再び受けた結果、脳神経専門の獣医師によって脳炎の所見なしと診断が覆りました。

最初の病院で画像検査まで受けたのに、完治しないような重病が何故「ある」と判断されることになったのかは不明のままです。

それまでの不必要な薬剤治療は早急に中止しなければならず、私は治療を新たな獣医師に任せることにしました。

ステロイドは離脱症状を防ぐ為に時間をかけて薬を減量していかなければなりません。

1ヶ月ほどかけて徐々に薬を減量し、止めることができました。

【ステロイドについての参考記事】

犬のアレルギー治療薬の種類・ステロイドなどの特徴や副作用

うちの愛犬は、脳炎はありませんでしたが、その後、部分発作から全身発作を起こし、脳に所見が何もないことから、特発性てんかんという診断で治療を続けています。

私のパターンは多分珍しく、これと反対で、てんかんに隠れて脳炎が見逃されていることの方が多いのではないかと思います。

脳炎は、画像診断や脳神経系の疾患に理解のある獣医師に診断を委ねなければ、的確な答を得るのは難しく、このようなことも起こりうるということです。

脳炎は、完治できないものの、初期の治療開始で進行をうまく食い止められたならば、犬の生活の質を維持して普通に暮らすことに期待はできると思います。

私の知っている犬の中には、一時期、命の危険があったけれど治療が順調におこなわれ、何年も健康な犬と変わることなく元気に暮らしている子もいます。

脳炎とてんかんの完治について

てんかんという病気に完治を期待する飼い主さんも多いですが、特発性てんかんと呼ばれる、そもそも原因不明のてんかんの場合、原因に対する根本治療というものが不可能なので、完治はないと考えられます。

その発作を薬で制御することに成功して、長期に渡りてんかん発作を起こすことがなくなったとしても、その薬の継続は必要であり、それを完治とは言いません。

基本的にてんかんは完治しないものととらえ、治療を継続していく必要があるものと理解して下さい。

しかし、原因が判明している症候性てんかんの場合は、原因になっている疾患さえ完治すれば、その疾患から起こるてんかんも完治する、という理屈になります。

脳炎から起こるてんかんも症候性てんかんの1つですが、脳炎そのものはどれも重病です。

完治の可能性のある細菌感染性の脳炎などでは、根本の疾患が奇跡的に完治し、脳組織に後遺症であるダメージが残らなければ、てんかんの完治も望めるのかもしれません。

しかし、脳炎の発生原因がよくわかっていない自己免疫性脳炎には完治はなく、したがってそれが原因で起こる症候性てんかんも完治はないと考えられます。

治療がうまくいき、病気と共存しつつ安定してコントロールできているものは、完治ではなく寛解という表現を使います。

脳炎もてんかんも、完治はないが寛解はある、と考える方が良いと思います。

病気に対して完治を望むのは当然のことで、完治はもっとも理想的な治療の結果だとは思います。

しかし、てんかんや脳炎など原因不明の難病の完治については、薬を継続しつつも苦痛な症状がなく安定してすごすことができれば、完治にそこまでこだわらなくて良いのではないでしょうか?

完治ではなく寛解が最大の治療の効果ととらえてよいと思います。

完治がないことを悲観するより、良好な状態で寛解することを受け入れる方が大事なのではないかと思います。

医療機関の選択

てんかんと見当をつけて治療をしても発作の改善がなく、重責発作で亡くなってしまったという例では、脳炎が進行していたということもあるのではないかと思われます。

てんかんの治療においても、獣医師によっては定期的な内服治療をせずに発作時の薬だけというような場合もあるようです。

それぞれの獣医師、それぞれの飼い主さんによって、どこまでの治療を求めるのか、治療方針も同じではありません。

治療の限界や、それに伴うリスクも納得した上での選択ならば、第3者が何も言うことはないかもしれません。

しかし、積極的に完治を求めている飼い主さんと、全く沿わないような治療がおこなわれていることもあるかもしれません。

動物医療のレベルは、どこの病院、どの獣医師でも同じではありません。

私の愛犬は、セカンドオピニオンを受けなければ、必要のなかった薬剤の副作用の方で命を失うことになったかもしれません。

無事に正しい治療に結びついたことを救われたと考えることにし、前医には何も言いませんでしたが、今も怖くなります。

たとえ完治しない病気でも、全て信頼し、委ねることになる獣医師との関係は、病気を持つ犬の飼い主にとってもっとも重要なものだと思います。

どこまでの医療をどの獣医師に委ねるか、後悔しないために、その選択は飼い主次第です。

 

まとめ

犬の脳炎、特に完治のない自己免疫性脳炎は増えていると言われます。

その理由の一つは、動物医療で画像診断が発達し、このような病気が多く発見されるようになったこと、もう一つは好発犬種である小型犬の飼育数が増えていることなどが挙げられています。

脳炎に完治はないかもしれませんが、犬が少しでも質の良い暮らしを維持するためには、より良い治療を選ぶことが大事であり、獣医師を信じられるかどうかが鍵になります。

飼い主として、後悔のない選択をしてあげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

デメリットも調べよう!ペッツベストのペット保険・口コミ評判

愛犬に安楽死を選択する時 てんかんという病気も対象になる?

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!