犬のてんかんの症状と対処法 危険な発作の2パターンとは?

てんかんを持っている犬は多く、その病名はよく耳にしていたとしても、自分の愛犬の発作を目の前にしたら、どんな飼い主さんもきっと神経がすり減るような気持ちになると思います。

痙攣し苦しむ姿は見慣れることはなく、その都度、命の危険に不安を持たずにいられません。

今回は、犬のてんかんの症状、発作のパターンとその対応について解説します。

スポンサーリンク

犬のてんかんはどんな病気?

普段、脳内の神経細胞には、微量の電気が規則正しく流れています。

その電気が仮にショートを起こすようなことがあったとしても、それを脳内で広げることはなく、起こした部分で食い止められるように働いています。

てんかんはその働きがうまくいかず、異常な電気的興奮が周囲の神経回路に広がってしまいます

そして、異常な電気的興奮が不規則な発作(てんかん発作)を繰り返し起こすようになり、発作を症状とする脳の慢性の病気をてんかんと呼びます。

てんかん発作には、突然意識がなくなり痙攣するという症状の全般発作と、意識消失はないけれど運動機能、視覚、聴覚、自律神経などの異常な症状が現れる部分発作があります。

また、脳に異常を起こす原因になる疾患が元々あって、二次的な症状としててんかん発作を起こすものを症候性てんかんと呼び、脳に特に原因になるものが見当たらずてんかん発作を起こすものを特発性てんかんと呼びます。

犬の100頭に1頭ほどの割合にてんかんがあると考えられていて、てんかんは決して珍しい病気ではありません。

てんかんの定義は「反復性発作」です。

1回だけの発作の症状であっても、十分にてんかんが疑わしいと思われますが、繰り返さない限りはまだ診断には至りません。

特発性てんかんの発作の初発年齢は6ヶ月~3歳くらいが多いようです。

症候性てんかんは、その原因となる病気が何であるかにもよります。

極端に若い年齢で発作を起こす犬の場合、脳の奇形などの先天的なものが原因になっている可能性が高く、老齢になるにつれて脳腫瘍などが影響する可能性が高くなります。

脳に何か器質的な問題があるかどうかを調べるためには、CT検査やMRI検査が必要です。

てんかんには好発犬種もあり、遺伝的素因も関連している病気と考えられています。

好発犬種には、チワワ、ミニチュアダックス、ヨークシャーテリア、パグ、ブルドッグ、ビーグルなどが挙げられます。

しかし、どの犬種にも起こる可能性がある病気です。

スポンサーリンク

てんかんの原因はさまざま

てんかん発作を起こす原因として、水頭症、奇形、炎症性疾患、感染症、代謝障害、中毒、外傷、腫瘍などがあります。

例えば、ジステンバーなどの重大な病気に罹った時、ジステンバーは神経系の感染症であり、何とか救命はできたとしても脳に後遺症が残ることが多いのです。

その後遺症から、てんかん発作という症状を招くようになることがあります。

このようなはっきりわかる原因によって引き起こされるてんかんは、症候性てんかんです。

また、自己免疫性の脳炎や脳腫瘍などの症状が、てんかん発作という形で出ることもあります。

先天的な奇形が原因になるものでは、脳脊髄液の循環経路や脳室の奇形などが関係してきます。

このような奇形では、脳を守るための脳脊髄液という水が脳内に過剰に貯留し(この状態を水頭症と呼ぶ)、増えすぎて貯留した水に脳が圧迫されて脳圧が上昇し、その症状としててんかん発作を起こすことがあります。

水頭症は、外傷などによる後天的なものもあるのですが、ほとんどは先天性で遺伝性のものです。

近年、チワワやトイプードルなどの小型犬は、体格が小さければ小さいほど重宝されて高価に取引される傾向があります。

そのような犬を量産させて利益を上げたい悪徳繁殖業者は、先天疾患や近親交配の病気のリスクを考慮することなどなく、次々と繁殖させて子犬を産ませます。

その為に、頭蓋骨の形成不全などの発生が増え、本来なら閉じていなければならない頭蓋骨の一部に穴が開いているとか、隙間があるなどの奇形が多くなります。

そうやって、水頭症や特発性てんかんなどの病気を抱えて生まれてくる犬が多数いるのです。

全ての先天疾患に当てはまるわけではありませんが、安易で乱暴とも言える交配がこのような遺伝子を持った犬を増やす悪循環を作っているのも事実です。

他にも、てんかん発作ではないのにてんかん発作に似た痙攣発作の症状を起こす、内科的な病気もあります。

痙攣発作を起こし、てんかん発作と症状が似ているように見える病気には、低血糖、不整脈などの心疾患、電解質異常、ナルコレプシー、門脈シャント(肝臓疾患)、前庭障害(耳の三半規管)などがあります。

意識障害や行動障害を起こすという症状が共通している為、てんかんとの鑑別診断が必要になります。

【門脈シャントの参考記事】

肝機能検査の数値の異常 肝臓・胆のうに多い犬の病気

てんかんの症状と発作のパターン

てんかんの症状は、発作という形で表れます。

発作の種類は、部分発作全般発作の二つに大きく分けられます。

下の図は、人間の脳内でのてんかん発作の起こり方について説明されたものですが、のてんかんも原理は同じであるので参考になると思います。

出典元  http://www.tenkan.info/about/epilepsy/about_04.html

♦部分発作

部分発作は、脳の一部に過剰な電気的興奮が起きている状態であり、その部分の神経の指令に関連した体の部分に症状が現れます。

つまり、その脳神経と連動している運動、視覚、聴覚などの感覚異常が起こります。

足の片側だけが痙攣する、無意味な同じ動作を繰り返す、あるいは、何か噛んでいるような意味のない口の動きを続ける、空中に飛ぶ虫(実際には飛んでいない)を追うしぐさをする、大量のよだれなどの症状、瞳孔が開いていて意識がなく呼んでも反応しない、などがあります。

意識障害は、ある場合とない場合があり、この発作から次第に全般発作に発展していくパターンもあります。

♦全般発作

発作の前兆として、何となく落ち着きがなく不安そうにしている、嘔吐するなどの症状が見られることがあり、慣れた飼い主さんになると、その症状から発作を予測できることもあります。

しかし、大抵はそれまで特に何の症状もなく、急に手足を突っ張らせて横転し、のけぞりながら全身を痙攣させ、手足をばたつかせ口から泡を吹くというような激しい発作をいきなり起こします。

それまで何の異常もなくそこにいたのに、急にバタンと音がして振り返ると倒れて痙攣していた、というように、発作の状況を表現する飼い主さんも多いです。

この時、目は開いていますが、瞳孔は散大して意識はなく、便失禁や尿失禁などの症状を伴い、痙攣しながら転がり周囲の障害物にぶつかることがあるので、怪我をする危険もあります。

発作がおさまった後は、しばらくは意識が朦朧として睡眠に移行していくパターンと、ケロッと通常の状態に戻るパターンがあります。

症状がなくなり通常の様子に戻っても、痙攣後の脳はかなり疲労していて、その後にぐったりして発熱していることもあります。

♦重責発作

てんかんの全般発作の症状は、通常であればほとんどが2~3分以内で治まります。

治まりきれず5分以上続く発作・発作が終わる前に次の発作がたたみかけるように続けて起こるものをてんかん重責発作と呼びます。

重責発作の状態になると、体温は急上昇し、酸素の消費量が増加、その為に不整脈や脳の虚血に陥り、脳神経細胞の壊死などが起こって死に至る危険が大きくなります。

♦群発発作

5分以内に全般発作が治まったとしても、24時間以内に同様の発作が2回以上起こるものを群発発作を呼び、群発発作の回数が多くなることもまた危険です。

《重要!》

重責発作が30分以上続く、群発発作が24時間以内に10回以上起こる、という2つのパターンの発作は、脳へのダメージが大きく、死に至る、救命できても後遺症を残す可能性が高いです。

このような発作の症状は緊急治療を要します。

一般的に、発作の症状は、運動後の疲労している時、安静時に起こりやすいとされています。

また、気圧の変化の影響を受けることもあります。

それ以外にも、その犬にとって発作を誘発しやすい条件などがあります。

雷や花火などの大きな音、チャイム、台風、テレビの映像の光などがきっかけで症状が出現することもあるので、リスクと思われるものはできるだけ避けてあげて下さい。

てんかん発作時にどのように対応すれば良いか?

てんかんの症状を観察し、記録を取っておくことは、てんかんの診断や発作のタイプを判断するのにとても大事な情報になり役立ちます。

てんかんの治療では、発作のタイプを知り、それをコントロールするということが何よりも大切になるのです。

普段から、部分発作という症状しかなければ、てんかんそのものにも気づきにくいかもしれません。

しかし、何となく行動がおかしい、変な癖やしぐさが時々ある、というように感じることが、やがて脳の症状であったと気づくこともあるのです。

そして、気になるものはその時点で獣医師に相談しておくと、その後に本格的な全般発作を起こした場合の診断の参考になります。

痙攣を伴うような発作を起こした場合は、名前を呼んでみて意識があるかどうか確認して下さい。

ただ、発作中に大声で呼んで身体をゆすったり触ったりしてはいけません。

それは刺激を与えることになり、発作が激しく誘発されてしまう可能性があります。

犬の体をゆすったり、抑えつけて痙攣を止めようとしたりしないで下さい。

意識確認も、落ち着いたトーンの声で静かに声掛けして下さい。

そして、人のてんかん発作でも間違った理解をされがちなのですが、舌を噛まないようにと口の中に何か物を入れるということは、窒息させることになったり口の中の怪我に繋がり、危険なことですのでやめて下さい。

人のてんかん発作でも、舌を噛まないようにガーゼを巻いたスプーンを口に入れて噛ませる、というような処置が正しいと思われていることもあります。

しかし、てんかん発作を起こしている人の救急処置として、現在そのようなことはしません。

上記の理由で、むしろ危険行為とみなされます。

それよりも、犬の周辺にある危険な物を除去し、安全なスペースを広く確保して、二次的に怪我をするようなことのないようにして下さい。

刺激になる音、光なども遮断しましょう。

テレビなどが点いていたら消し、部屋の照明も落としてあげて下さい。

もし、発作時に使うための屯用の鎮静作用のある坐薬などがあるなら、速やかに入れて下さい。

ただ、発作時は体動があるので難しいと思いますし、失禁などもあるので坐薬を入れてもすぐに出てくることが多いです。

無理と判断したら、抑えつけるなどはせず、落ち着くまで見守った方が安全です。

【参考記事】

犬のてんかん発作時の座薬の入れ方・タイミング・ 副作用について

群発発作や重責発作は命に関わることがあるので、連れていけるのなら医療機関に運んで下さい。

この発作は救急対象の重大な症状です。

そして、なかなか難しいことですが、できるなら発作の様子を動画撮影して下さい。

発作の間にできることは、怪我がないように危険なものをよけて見守るくらいであり、手を出すことができません。

ですので、スマホで動画が撮れるようなら撮っておきましょう。

心情的には無理かもしれませんが、もし冷静になって撮影ができるようであればの話です。

動画を残しておくことは、後で獣医師にそれを観せることができ、診断や治療の役に立つと思います。

《てんかん発作の時の観察事項》

①発作の時間・始まって終わるまでに何分くらいを要したか

②発作がどこからどのように始まり、どのように終わったか

③発作が起きた時は何をしていて、何かきっかけになることがあったか

④意識の変化はどうだったか

⑤発作の前後、または最近、何か変わった行動が見られることがあったか

⑥発作以外の症状はどのようなものがあるか

⑦発作の後の様子

そして以上のことをしっかり観察します。

てんかんのある犬の飼い主さんは、てんかん観察ノートのようなものを作っておいて、治療の内容や症状、発作の様子などを記録していくようにすると、後々に何かと役に立ちます。

 

まとめ

犬のてんかんの症状は発作という形で表れます。

そして発作も様々なパターンがあり、小さな部分発作だけならなかなか病気に気づかないかもしれません。

私の愛犬もてんかんがありますが、最初はそういう始まり方でした。

今は安定していますが、治療が軌道に乗るまでには本当にいろいろなことがありました。

だからてんかんの犬の飼い主さんの不安はとてもよくわかります。

てんかんの発作は、起こすたびに脳にダメージを与え、今回の発作のダメージは次の発作に繋がると考えられます。

脳をダメージから守る為に発作をコントロールし、いかに症状を起こさないようにするかということがてんかんの治療です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

【おすすめ記事】

犬のてんかんの薬の副作用 意識や食欲への影響について

犬のてんかん治療に必要な検査や薬 かかる費用の目安は?

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!