老犬が散歩で歩かない時・歩けない時の対応について

若い時には散歩が大好きでとても活発だった犬も、いつのまにか年をとり、老犬と呼ばれる時期になってくると、散歩に行きたがらない、または散歩で歩かないということが起こってくるかもしれません。

老犬の場合は歩かないのではなく、歩けないということもおおいに考えられます。

老犬になって歩けないようになった犬の散歩には、どのように対応したらよいのでしょう?

今回は老犬の散歩で注意すべきことと、歩けない時の工夫について説明したいと思います。

スポンサーリンク

老犬になっても散歩は必要?

老犬・シニアと呼ばれる時期は、大型犬と小型犬では多少違いがあり小型犬の方がもう少し遅いのですが、だいたい7歳くらいを目安に考えることが多いです。

犬の年齢の人間換算の方法は、その犬の体格によって微妙に違います。

【犬の年齢計算についての記事はこちら】

犬の寿命を延ばす秘訣は何?世界最高齢に名前が挙がった犬達

老犬に粗相が始まった時 理解すべきことと対策について

【シニアと呼ばれる時期】

老犬のお漏らし対策 その原因と必要となる介護について

どんなに健康な犬であっても、個体差はあるものの必ず老化はあり、体調も少しずつ変化してくる時期が来て、気温や天気で体調が左右されて、歩かない、歩けない日というのも出て来ます。

筋力の低下も始まって、そのほとんどは後ろ足から衰えていきます。また、関節や骨の老化で痛みなどが出て歩けないこともあります。骨や筋肉だけでなく内臓にも老化は起こり、心臓が悪くなったり他に病気が出て来たりすることもあります。

しかし老犬が歩かない、歩けないなら散歩はしなくてよい、またはしない方がよいということではありません。

もちろん病気で歩けない場合などは運動制限があることもあり、どの程度が可能かなどについて獣医師とよく話し合う必要がありますが、老犬の体力や体調を見ながら、できる範囲で散歩を続けていくことはむしろ重要なことです。

短時間でも散歩で歩くことは、老犬の衰えてきた筋肉を維持する為には大事な運動になり、歩かないからとやめてしまうと一気に衰えが増して、本当に歩けないことに繋がってきます。

また散歩で五感を刺激することは脳への刺激にもなり、老犬の精神衛生や認知症の予防にも重要な役割があります。

【犬の認知症について】

徘徊は犬の認知症の症状のひとつ 諦めないでまずは診断を!

歩かない・歩けない理由 老犬の特徴とは?

老犬は人間のように「もう何歳だから」と自覚はないので、それまでと何ら変わりない生活を送り、ある日突然、老化現象が目立つようになって飼い主さんが気づくことが多いようです。

犬の時間の流れは人間の約7倍と言われるように老化もとても早いスピードで進んでいきます。

関節や筋肉が衰えて若い頃のような柔軟性はなくなり、足腰が弱って体力も落ちますので、早く疲労してしまうようになります。また、嗅覚は最後まで残ると言われますが、老化は目や耳にも現れ、聞こえが悪くなったり目が見えにくくなったりしているかもしれません。

老犬が歩かない、歩けないのは、目や耳が悪くなったせいで周囲が把握しにくく、思い通りに歩けないということなのかもしれません。

人間も高齢になると、本人はちゃんと歩いているつもりでも、足があがってなくてつまずきやすくなりますが、老犬も同様に足の運びが悪くなり、きちんと歩けず、いつの間にか足を引きずり怪我をするということもあります。

そして関節や心臓など、老犬に起こりやすい病気を抱えている可能性もあります。

飼い主さんは、それまでと特に変わらないように見えても、老犬という年齢になった愛犬の小さな体調の変化に早く気づいて、適切な対応ができるようにしてあげて下さい。

スポンサーリンク

老犬の散歩時に配慮すべきこと

老犬はその日によって体調がずいぶん違うことも多いですので、体調がすぐれないと思われる時には散歩も無理しないようにしましょう。

筋肉の柔軟性もなくなってきますので、いきなり散歩に出かけると歩けない、歩かないということが起こりやすく、散歩前に少しストレッチなどをしておくと怪我の予防にもなります。

関節をゆっくりと伸ばしたり、縮めたり、室内や庭で少し歩かせてウォーミングアップで体をほぐし、その時に歩けなくないか、どこか痛がるところはないかなども確認してあげて下さい。

老犬の場合はまとめて長い時間の散歩より、時間は短くしてその分回数を増やした方が負担もかかりにくく、回数は体調に合わせてあげるとよいと思います。

散歩に出かける時は調子がよくて元気でも、距離が長くなると帰りは疲れて歩けない、歩かないということがありますので、あまり家から離れた遠い場所まで行くのは避けた方がよいです。

散歩コースは歩きやすい道を設定し、途中で休憩が取れるようなコースがベターです。階段や硬いアスファルト、砂利道などは負担が大きく、歩けない、歩かない原因になりやすいので、できるだけ足腰に負担の少ない土や芝生の柔らかい道をゆっくり歩かせてあげましょう。また急激な運動は負荷が大きいので避けて下さい。

外気温もこれまで以上に注意してあげて下さい。夏場の散歩時の注意は老犬に限ったことではないですが、冬場の室内との気温差も心臓や呼吸器に負担をかけますので、注意が必要です。衣服などで保温に努め、夏場とは逆に陽射しの暖かい時間帯に連れ出してあげるとよいでしょう。

【夏の散歩で注意すべきことについて】

暑い夏の犬の散歩は危険も!お出かけは万全の対策で

老犬が歩かない・歩けない時に工夫できること

老犬になっても自分で歩くということは、筋力維持のために大事なことです。しかし散歩の途中で歩けないようなことが起こる可能性があります。

小型犬であれば、歩かない時には飼い主さんが抱っこするのもさほど困難なことではないですが、大きい老犬はそうもいかないので、そんな時にカートなどがあると便利です。

4輪 ペットカート 多頭 折りたたみ ペットバギー 新型★CocoHeart★

歩けない老犬の場合でもカートに乗せれば散歩が可能になり、地面の柔らかなゆっくりできそうな目的地までカートを使って、そこで地面に降ろしてあげるということもできます。

【送料無料】(耐荷重65kg 大型犬ビッグサイズのペットバギー)PGソフトカートBIG レッド 

寝たきりで全く歩けない状態になったとしても、カートに乗せて外に連れ出し、風を感じたり日光浴したりすることはよい刺激となり気分転換になります。

後ろ足が弱っていて歩かない、歩けない場合は、補助具などを持参すると安心です。歩行補助ハーネスなどを活用しても良いし、バスタオルなどをハーネス代わりに利用して、飼い主さんがタオルで老犬のお腹から腰を持ち上げるようにして歩行介助することもできます。

ララウォーク 歩行補助ハーネス 中型犬・大型犬用 花柄(ピンク)介護用ハーネスLaLaWalk 介護用品 株式会社トンボ with

カートは老犬以外にも、多頭飼いや外出時などには重宝します。普段からカートに慣れておくことで老犬になった時も安心してリラックスして乗ることができるのではないかと思います。

まとめ

散歩でいつも元気よく歩いていた犬も、いずれは年をとって、それまでのように歩かない・歩けない時が来るかもしれません。

しかし、老犬になり、歩かないようになったら散歩しなくてもよいわけではありません。散歩は老犬にとって大事な気分転換になります。それはたとえ寝たきりで介護が必要になっても同じです。

散歩が好きだったのなら、歩けなくなって散歩ができないことは大きなストレスです。

歩かない、歩けない老犬であっても、カートや抱っこで外の空気に触れさせ、補助具などで芝生に立たせてみたり少し歩かせてみたりと、工夫次第で老犬の身体機能を維持するリハビリにもなります。

散歩=歩くことだけではないので、歩けない場合でもいろんなスタイルで散歩を味わえたらいいと思います。老犬が歩き慣れたいつもの散歩コースをカートや抱っこで辿りながら、ゆったりとした時間を飼い主さんと一緒に過ごすだけでも幸せなのではないでしょうか。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

歩かない理由は何?歩くのを嫌がる犬の散歩の対処法

足が汚れるのは仕方ない?雨降りの犬の散歩の足のケアと対策

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

私のおすすめ

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!