徘徊は犬の認知症の症状のひとつ 諦めずにまずは診断を!

近年は高齢化が進み、人においては85歳以上の4人に1人が認知症と言われる時代になり、その人数は年々増加しています。

犬も医療の発展によって長寿が増え、高齢化による介護の問題が取り上げられるようになってきて、その中には認知症や徘徊などへの対応も含まれるようになりました。

今回は犬の認知症の症状、また診断はどのように行われるかの解説をしたいと思います。

スポンサーリンク

認知症はどんな病気なのか?

犬の認知症は人と同様の病気と考えられるため、ここでは人間の認知症を参考にしながら説明していきたいと思います。

認知症は一つの病気ではない

認知症は、厳密には認知症という「一つの病気」ではなく、その原因は多数あり、それらの原因によって様々な症状を引き起こしている「症候群」を指しています。

原因は何か?

認知症の症状を引き起こす原因は、大きく3つに分類することができます。

①脳の神経細胞の変性によって起こる変性性認知症で、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症がこれに入ります。

②頭蓋内の血流低下や血流変化を原因とする脳血管性認知症で、脳出血や脳梗塞後の認知症がこれに入ります。

③それ以外の感染症や頭部外傷、脳腫瘍、水頭症、甲状腺疾患などの病気を原因とする認知症です。

このうち、人の認知症の原因としては、①の脳神経細胞の減少や委縮によって起こるアルツハイマー型認知症がもっとも患者数が多く、現在はその解明が急いで進められています。

アルツハイマー型認知症には、アミロイドβという異常タンパクが凝集して脳に老人斑(いわゆるシミ)のようなものを沈着させ、それが脳内の刺激伝達に障害を起こす原因になることがわかっています。また、脳内神経伝達物質であるアセチルコリンが著しく減少しており、アルツハイマーはそのような複合的な条件により引き起こされる病気です。

犬の認知症は人と同じ?

犬の認知症は、人のアルツハイマーと類似の脳の病変が認められることが研究でわかっています。

アミロイドβの沈着や大脳皮質の萎縮、神経細胞喪失などの変性は、若い犬にはなく老犬に認められるものであり、この変性の進行が犬の認知症の発症に関連が深いと考えられています。

原因の全てがそうでないにしろ、犬の認知症は人間のアルツハイマー型認知症と同様のものが多いと考えることができます。

スポンサーリンク

犬の認知症は増えている?

最近は、動物医療の発展や犬の健康に対する飼い主の意識の向上などによって飼育環境が改善されるようになり、犬の病気に対する治療の水準も高くなって来ました。

それによって病気の予防、早期治療や治癒が望めるようになり、あるいは病気と共存しながら寿命を全うできる犬も増え、一昔前に比較すると長寿で高齢の犬は増えていると言うことができます。

そして、人間と同じで高齢であるがゆえに慢性疾患を抱えていることも多く、認知症はその中の一つと言えるでしょう。

犬の認知症は、専門的に「認知障害症候群=Cognitive Dysfunction Syndrome(CDS)」と呼ばれており、この10年ほどで研究が進められていて、次のようなことがわかっています。

犬 に お い て は11-12歳 の 犬 の 約28%、15-16歳の犬の約68%が1つ以上の認知低下の兆候を示した報告がある。よく報告される症状としては、以下に示すものがある。

? 見当識障害(Disorientation)

? 相互反応の変化(Interaction changes)

? 睡眠あるいは行動の変化(Sleep or activity changes)

? 家庭でのしつけを忘れる(Housetraining is forgotten)

情報の出典元 https://confit-fs.atlas.jp/customer/acrf35/pdf/Lc2-5.pdf

このような研究が進められるまでは、犬の平均寿命は今ほど長くなく、また高齢になった犬に認知症の症状が出現したとしても、それは年齢のせいで仕方ないものであり特に病気の症状と認識もされていませんでした。

犬の認知症が増えている理由は、高齢の犬が増えたこと、専門的に認識されるようになったことと考えられます。

認知症の症状

認知症の症状の捉え方は、①見当識障害(Disorientation)②相互作用の変化(Interaction)③覚醒/睡眠周期の変化(Sleep-wake cycle)④不適切な排泄(House soiling)⑤活動性の変化(Activity)に分類されます。

それぞれの頭文字を取ってDISHA(ディーシャ)と呼び、認知症の症状を確認、診断する時にもこれに基づいたチェックリストが用いられます。

見当識障害

自分が置かれている状況や今いる場所などがわからなくなる症状です。人であれば、年月日や時間、季節、誰と話しているかなどがわからなくなり間違えるという症状としてもあらわれます。

犬は、散歩で慣れているはずの帰る方向がわからない、家の中や近所で迷子になる、混乱して家の中を歩き回る、壁に向かってボーっとしている、狭い所に入り込んだら後退できない、食事の時間や場所がわからない、などの症状が見られます。

相互作用の変化

飼い主さんを始めとした人や他の犬や動物との関わり方が変化する症状です。愛嬌があった犬なのに、抱っこされても撫でられても無反応、遊ぶことに興味を示さないという症状や、人や同居の動物への攻撃性という症状も表れやすくなります。

しっぽをふって飼い主さんを迎えるようなこともしなくなり、呼びかけや指示に対しても反応が鈍いという症状もあります。

または反対に、過剰に甘え飼い主さんにつきまとうなどの症状が表れることもあります。

覚醒/睡眠周期の変化

昼夜逆転の症状が典型的です。昼間に寝ていることが多く、反対に夜間は落ち着きがなくなって徘徊や夜鳴き、遠吠えなどの症状が表れるようになります。

または過眠と不眠のサイクルを繰り返す症状もあります。

不適切な排泄

これまできちんとできていたトイレでの排泄ができなくなり粗相するようになります。あるいは前触れなく突然お漏らしをするなどの症状が見られるようになります。

排泄の失敗という症状は認知症だけでなく、他にも様々な理由が根本にある症状の可能性がありますので見極めが大事です。

【老犬の排泄の失敗の症状について】

老犬のお漏らし対策 その原因と必要となる介護について

老犬に粗相が始まった時 理解すべきことと対策について

活動性の変化

認知症になると、本来犬が持っている探索欲求が薄れるという症状もあり、においを嗅ぐことや音や物への反応が見られなくなってきます。

他にも、食欲が低下するまたは極端に増加する、食べ物や水を探し当てられない、同じ場所を舐め続ける、一方向に歩き続けて円を描くように旋回する、ぼんやりして集中力がない、壁を見つめる、何もない時に吠え続ける、鳴き続ける、目的なくうろうろと徘徊するなど多彩な症状が表れます。

徘徊・旋回

うろうろと目的もなく徘徊する症状は、認知症の特徴的な症状であり、飼い主さんも必ず異変に気付く行動でしょう。

認知症の徘徊は、後ずさって戻るという動きができない特徴もあり、どこかに入り込んでしまって前に進めなくなると、折り返して戻ってくることができず、頭を壁に押し付けたような状態のままそこから動けなくなります。

そのような症状によって家の中でも目が離せなくなりますが、誤って外に出てしまうと、帰巣本能も薄れているので迷子になってしまい事故に遭遇するリスクもかなり高いです。

認知症の徘徊は、一定方向に進み、やがてぐるぐると旋回する症状として見られることも多く、旋回や徘徊の症状を止めることは難しく、あえて安全に徘徊や旋回できる環境を作って対応することが良策になるかと思います。

犬の認知症には、以上のような症状が最初は1つ~2つという感じでゆっくりと出現し、進行していきます。その多くの症状はゆっくりと現れますが、何らかの環境の変化や身体的な病気、あるいはひどく驚くとかショックを受けるような出来事をきっかけにして、認知症の症状が急激に悪化することもあります。

またその他、よく食べていて下痢もしていないのに痩せるなどの症状もあります。

認知症の診断

人の認知症の診断には、「長谷川式認知症スケール」というチェックリストがあり、診断の基準、または診断後の治療の評価に使用されます。

長谷川式スケールは9つの質問で構成され、合計点数が出せるようになっていて、その質問の意味は、1:年齢2:日時の見当識3:場所の見当識4:言葉の即時記銘5:計算6:数字の逆唱7:言葉の遅延再生 8:物品記銘9:言語の流暢性とそれぞれ意味があります。

実際にやってみると難しいものですが、見当識が曖昧でも計算は全く問題ない、記銘力だけが極端に悪いなど、その人の症状の偏りなどがわかります。

犬の認知症も同じように、点数を出して診断する方式のチェックリストがあり、診断基準として使用されることが多いようです。

引用元 http://minato-animal.com/inu-chiho.pdf

こちらの画像の診断チェックリストは、1997年に動物エムイーリサーチセンターの獣医師内野富弥氏によって作成されたものです。(認知症はこのチェックリストにあるように、過去に「痴呆」と呼ばれていましたが、2004年に認知症という呼び方に統一されました。

合計点数はあくまでも診断の目安にすぎませんが、もし気になることがある場合は、飼い主さんによって自宅でも気軽にチェックしてみることも可能です。

獣医師はこのような診断スケールの結果を参考にしながら、病歴などの問診、身体検査、神経学的所見、血液検査、尿検査などから総合的に診断を行います。

認知症と同じような症状を引き起こす病気があるので、それを見逃さない鑑別診断が必要であり、認知症に特化した診断方法というものはありません。

ただ、MRIやCTなどの画像診断では、脳の萎縮や側脳室の拡大などの特徴的な所見が見られることもあり、そこまでの検査をする意義としては脳腫瘍など脳の疾患との鑑別診断ということになります。

認知症に似た症状を示す病気には、脳腫瘍、脳炎、水頭症などの脳神経系や甲状腺機能低下症などの内分泌系疾患、他にも腎疾患などがあり、もし診断の結果で判明すれば、症状の原因になっている疾患に応じた治療を開始しなければなりません。

またはうつ病などの精神的な病気の初期症状が認知症の初期症状と見分けがつかないこともよくあります。

【犬のうつ病について】

犬もかかる精神の病気 ストレスがまねくうつ病について

正確な治療を受けるためには正確な診断が必要であり、犬の様子に異変を感じるようなことがあれば、病院できちんとした診断を受けさせましょう。

きちんと診断を受けることで認知症の進行の程度も把握できるようになり、それは今後の対応を決めていくのに重要です。

ただ、比較的新しい分野であり、認識され始めたばかりでもあるため、診断や治療についてその獣医師が詳しくない場合ももちろんあります。このような病気に理解のある獣医師に診断や治療を委ねることができれば、よりよい対策が立てられると思います。

 

まとめ

認知症は慢性的に進行する病気で、現時点では完治させる方法はありません。

その治療は、薬剤によって症状を緩和し進行を遅らせながら、環境や食事、飼い主さんの対応などによってその生活の質をいかによりよく保たせるかということになって来ます。

人の認知症は、超高齢化と言われる中で今後も急増することが予測されており、治療薬の開発や研究も日々進められています。犬の認知症は人のアルツハイマーと類似点があるので、遠くない将来に画期的な治療薬が適用になる日が来るかもしれません。

しかし、認知症は薬だけでなく、対応方法や生活上の工夫も大変重要なのです。老犬だからと諦めず、病気の症状をきちんと把握し、まずは正しい診断に結びつくようにしてあげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

SNSの口コミで人気?Furbo(ファーボ)ドッグカメラの評判

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判 

スポンサーリンク