歩かない理由は何?歩くのを嫌がる犬の散歩の対処法

せっかく散歩に連れて行ってもうちの犬はあまり歩かない・・と悩んでいる飼い主さん、意外と多いのではないでしょうか?

散歩が苦手?歩くことが億劫なの?それまで普通に歩いていたのに最近歩かないのはどうして?犬は喋れないので理由のわからないことがたくさんあります。

今回は、犬の散歩で犬が歩かない理由として考えられるもの、そして歩かないことにどのように対処すべきかについてご説明します。

犬が散歩で歩かないのには必ず理由がある

散歩中の犬は軽快に歩いているイメージの方が一般的で、リードの引きが強くて飼い主さんを引っ張るのが困るというのがしつけの対象になったりしますが、外の世界に慣れていない子犬などではリードを付けることそのものに違和感を持つこともあり、そのスタイルでは歩かないこともあります。

さらに外の世界では初めて見るものばかりに囲まれて戸惑い、散歩という習慣が身に着いていない子犬が上手に歩かないというのは珍しくないです。

しかし慣れない環境に対する戸惑いというのは歩かない成犬にも当てはまるものです。

犬の散歩で歩かないというのは、普段からもちょっと怖がりの犬であることが多く、それはその犬の本来の性格もあるのですが、子犬の社会化期の時に少し社会経験が少なかったのかも?ということも考えられます。

子犬の頃にはいろいろな外的刺激に対して警戒心よりも好奇心が強い為に、あまり躊躇なくたくさんの経験をすることができ、そのような耐性をつけることが成長後の生活において刺激をストレスなく越えられるという土台を作っていく基本になります。

犬は成長していくにつれ警戒心が芽生えてくるので、社会化期のように新しいことにチャレンジするということが難しくなり、経験があまり積めなかった犬の場合は慣れてないものに対して過敏になりやすい傾向があります。

散歩に出かけるとそこは家の中と全く様子が違って、人や犬が行き交い、車が走り、音も様々な方向から絶え間なく聞こえてきます。見慣れない景色が広がっていて、犬が躊躇し歩かない、という状況に陥りやすいです。

家の中では普通にしていたのに、外に出た途端にフリーズして動かなくなり歩かない成犬にはこのような理由が多いかもしれません。

他にも歩かない理由はありますので、まずはなぜ歩かないのか?ということを考えてみましょう。

◎どこかに痛みがないか?

健康状態はどうでしょう?不調はないでしょうか?どこか具合が悪くなっていることはないですか?

または首輪やハーネスがきつく締まりすぎて苦しいということはないでしょうか?あるいは金具の部分が体に当たっていて痛いとか、動くたびに不快になる部分はないでしょうか?

腰や関節や足の裏など傷めてないでしょうか?傷があるかもしれませんし何か病気を抱えているかもしれません。

人間でもそうではないかと思いますが、体のどこかに異常がある場合、室内などではそれほど支障なく目立たなくても、外を歩くのが体の負担になることはあるでしょう。

◎恐い体験をしたことはないか?

以前、散歩の時に何か怖い体験をしていて、散歩にそのイメージがあるのではないでしょうか?

例えば、散歩中や散歩で通る場所で他の犬にひどく吠えられるとか追いかけられた経験、車が飛び出して来て恐かった、大きな音がして驚いたなど、人間には何気ない小さなことだったとしても犬にはトラウマになるような恐い体験だったのかもしれません。

性格的に元々繊細で傷つきやすく神経質な犬の場合などは特にダメージが大きいと思われます。

散歩=恐いイメージと結びついていることが散歩嫌いになり歩かない理由であるかもしれません。

◎散歩の距離が長い、時間が長いなどによる負担

ついつい、人間の感覚でこのくらいならと大丈夫という判断で、その犬には散歩の内容が負担になっていることがあります。もう疲れてしまって歩けないのに無理させているということはないでしょうか?犬には年齢、大きさ、体力などの条件で個体差があり、歩かないのではなく歩けないのかもしれません。

散歩は犬にとっては新鮮な匂いを嗅ぎストレスを発散できる楽しいリフレッシュタイムであるはずなのですが、ダイエット目的などでいつも走らされていたり、歩き心地が好みでない道を長く歩かされたりしていると、散歩そのものが負担となりストレスになってしまいます。

散歩の内容がその犬に合っているか、強要するような状況になっていないかを検討してみて下さい。

【参考記事】

犬の散歩の時間と回数は?基本を知ってカスタマイズしよう!

◎かまって欲しい

駄々をこねて歩かないことで飼い主さんに甘えるアピールをしていることもあります。

子犬が歩かない時の対処法

散歩で歩かないのが子犬の場合は、いきなり歩かせようとしても無理なことなので、外の刺激に慣らすことから少しずつメニューを増やして散歩の楽しさを教えてあげて下さい。

ワクチンが終わるまでは感染の危険があるため地面におろせず散歩はできませんが、抱っこでベランダに出てみるだけでも外の匂いに触れることができます。抱っこしたまま家の近所を歩いてみるなど範囲を拡大していきながら音や匂いなどに慣らすようにしておけば、散歩デビューした時に抵抗が少ないでしょう。しかし子犬の体力や成長の様子にもよりますので、散歩デビューまでは獣医師と相談の上でおこなうようにしましょう。

【子犬の社会化期の参考記事】

子犬と一緒に通いたい!しつけ教室にはいつから参加できる?

散歩デビューしても子犬には散歩の要領がまだ身に着いてないですので、子犬の興味を惹くようなおもちゃやおやつを散歩に携帯しておき、そのようなものを誘導に使うのも一つの手段です。

もしも座り込んでしまって歩かない時は、前から引っ張るのではなく子犬の後ろ側からリードを軽く引くと体がくるっと逆方向を向きやすく、そうやって誘導すると歩き出すきっかけが作りやすくなります。

また、散歩嫌いにならないよう、恐怖や苦痛の体験をさせないようにしてあげて下さい。車や吠える犬、大きな音で驚かせたりすることのないような穏やかな散歩コースを選び、適度に休憩を入れながら散歩は楽しいものというイメージをしっかり持たせてあげて下さい。

成犬が歩かない時の対処法

成犬が散歩で歩かない時にはその散歩コースの見直しを図ってみて下さい。もしかしたらその散歩コースに何か苦手なものがあるのかもしれません。

苦手な犬がいるとか車が頻繁に通過する道があって音が恐いとか、何か嫌だと思うものがありそこを通りたくなく歩かないということもあるので、そういうポイントを避けたコースを工夫してみましょう。

人間には想像もつかないことがありますが、例えば側溝の網目状の蓋などはどんなに目の細かい狭いものでもその上を通るのが恐い犬も結構多いようです。そこに近づくと歩かないということもあります。私の身近な犬も側溝の蓋を前にやはりフリーズします。そういう道を通らないか端へ迂回するように誘導する工夫が必要になります。

成犬は散歩そのものが恐いことというイメージを持って散歩嫌いになり歩かないことがありますので、それを強引に歩かせようとするとますます抵抗を強めてしまいます。無理のないように少しずつ安心させて慣らす必要があります。

散歩は適度に休憩を入れる方がカロリー消費の効率もよくなりますので、ただ歩かせることにこだわるのでなく、飼い主さんとゆっくり楽しめる雰囲気を作り恐怖や緊張を緩和してあげて下さい。

【散歩のカロリー消費効率の参考記事】

犬の散歩30分でもメリットあり!犬と人間のカロリー消費量

もし座り込んでしまったら、無理に引きずってしまうと首輪やハーネスが抜けてしまうかもしれませんし足を怪我してしまうかもしれません。子犬の座り込みと同様に犬の後ろの方から軽く引くと犬を反対方向に動かしやすくなり立ち上がるきっかけになります。

時間が短くても、あまり歩かない散歩でも、とにかく散歩に出かけるだけでも意味はあります。

無理させたり怒ったりしてますます散歩に対する嫌なイメージを育てないように注意しながら、安心感を持たせ散歩の楽しさを教えてあげて下さい。

まとめ

犬は散歩が好きなものと思いがちですが散歩嫌いな犬もわりといるものです。でも散歩嫌いになる理由は必ずあるはずですので、まずは体の不調や痛みなどを探ってみて下さい。

健康状態に問題ないのでしたら他に理由になるものがあるはずです。特に外の世界にあまり慣れていない犬には、私達人間にとって当たり前のような様々な音や地面の感触などが恐怖になることもあるのです。

子犬にしても成犬にしても、歩かないのを強引に歩かせようとせずゆっくり慣らしていくことが大事なことです。

散歩は楽しいもの、飼い主さんと一緒に楽しめるいい時間というようにゆっくりイメージが変わっていけばよいので、散歩嫌いでも焦らずに、その犬に合ったスタイルで対応してあげて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

【おすすめ記事】

暑い夏の犬の散歩は危険も!お出かけは万全の対策で

老犬が散歩で歩かない時・歩けない時の対応について


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"