暑い夏の犬の散歩は危険も!お出かけは万全の対策で

近年、温暖化の影響で、気候のよい春から夏へ季節の変化はとても早く、春でもまるで初夏のような日が多くなりました。

夏の間の犬の散歩はどのように工夫されているでしょうか?

夏の散歩は飼い主さんも暑くて大変ですが、犬にも危険がたくさんあります。

今回は、初夏から本格的に暑い夏の間、犬の散歩でどのような対策が必要かについて解説したいと思います。

夏の環境は犬にも過酷・何が危険を知っておこう

昔は外で飼われている犬も多くて、犬は寒さや暑さに強いものと思われていることがあるかもしれませんが、本当はそんなことはありません。

人間に暑い夏は、犬も当たり前に暑いのです。

寒い地方が原産である犬種や子犬、老犬、呼吸機能の病気や問題を抱えている犬は、体力がなく、体温調節をうまく行えずに、特に暑さに弱いと言えるでしょう。

犬は、人間と違って、汗をかく汗腺が肉球にしかないので体温調節が効率的ではありません。

犬の体温調節は、舌を出して水分を蒸発させることによって体温を下げておこないます。

舌を出してハッハッと息をしているのは、パンティングと呼ばれる動作で、唾液を蒸発させることによって体温を下げ、これで全身を冷ましています。

人間が全身の汗腺から汗を出して、汗が蒸発する時の気化熱で効率よく体温を下げられるのに比べて、犬は上がってしまった体温を下げるのに、そんな狭い範囲でしか水分を気化させることができない為、大変な努力を必要とします。

また、人間と犬の気温の体感は差があり、人間が暑いなと感じるくらいの環境は、犬には死ぬほど暑いと感じる気温であると言われています。

人間の足元にいる犬と人間の体感差はだいたい6度くらいあるとされます。

これが、夏の日差しで焼けた地面の上などでは、人間が感じている気温の+15℃くらいにもなると考えられます。

夏に、人間の足元で過ごしている犬は、私達が想像している以上に暑く、体温調節も難しく、とても危険な環境にいるということです。

の散歩で考えられる大きな危険について、以下に挙げます。

熱中症

最近は、人も、屋外だけでなく室内でも熱中症にかかって搬送されるパターンが多く、猛暑の影響は命に関わるということが広く知られるようになりました。

犬も、夏場には熱中症を発症して病院に運ばれることはとても多いようです。

その全てが、夏の散歩が原因ではないですが、夏の散歩は大きな危険をはらんでいることは間違いありません。

熱中症は、体温調節がうまくいかず、熱が体にこもって高体温になります。

その結果、高度の脱水によって電解質のバランスが壊れ、内臓の機能が低下し、重症化して腎不全やけいれん、意識障害などの全身症状を引き起こし、亡くなるケースも少なくありません。

初期に気づきにくく、進行が早く、熱中症は大変危険です。

【熱中症についての参考記事】

犬の命を熱中症から守ろう!症状が重症化する前に対処を

興奮しやすい性格の犬や、パグやペキニーズなどの短頭種と呼ばれる、鼻の短い構造の犬などでは特に、呼吸困難を起こしやすく、熱中症を発症しやすく、また重症化しやすいです。

先に述べたように、体力が弱っている、気管や呼吸器系の病気、心臓の病気がある、そのような犬もハイリスクであり、危険です。

犬は地面に近い所を歩いているので、夏の散歩では焼けた地面からの照り返しをまともに受けるのです。

犬にとって、夏の環境の影響は、外気温の高さだけでなく熱くなった地面からもであり、その為に容易に体温上昇してしまって危険な状態に陥りやすいことを知っておいて下さい。

肉球の火傷

犬は焼けた地面の上を裸足で歩いているのです。

アスファルトは、夏の陽射しによって50~60℃になっています。

夕方になったからと言っても、焼けた地面の温度はそう簡単には下がらず、そこを歩かせることはとても危険です。

特に、マンホールの蓋などの金属は、焼けたフライパンのようなもので大変危険です。

犬の肉球は、比較的熱を伝えにくい構造にはなっていると言われていますが、皮膚ですので火傷もします。

夏の散歩で焼けたアスファルトの上を裸足で一生懸命歩き、それが熱いとも痛いとも伝えることができず、肉球を火傷してしまう犬は珍しくありません。

飼い主に連れられていることで、そこをよけることも歩くのをやめることもできない、どれだけの苦痛でしょうか。

肉球は、犬にとって歩行時のクッションであり、唯一の汗腺であり、本当に大事なものです。

その肉球を火傷するということは、歩行という基本的動作ができなくなること、唯一の汗腺が潰れてしまうことなど、とても大きなダメージになります。

しかも、肉球の火傷は治りにくいと言われます。

火傷の傷に細菌感染を起こしたりすれば、全身にも危険を及ぼすことになります。

それでも、犬は言葉を喋れないので、飼い主さんが気づくしかないのです。

元々黒っぽい色をしている肉球では、なかなか気づかず治療が遅れることもあり、危険な状態になることも考えられます。

犬が足を引きずる、歩きたがらない、しきりに舐めているなどの動作があるならば、肉球を確認してみて下さい。

そして、もしも色がおかしい、腫れているなどの異常があれば、すぐに冷やしながら病院に連れて行って下さい。

肉球の火傷は、飼い主さん次第です。

飼い主さんさえ気を付けていれば、犬は肉球の火傷など起こさずにすむのです。

サマーカットは逆効果?

夏になったら少しでも涼しくしてあげよう、涼しい夏のおしゃれをしよう、という気持ちからか、長毛の犬のサマーカットをよく見かけます。

犬の為にと施したこのカットが、実は全く逆効果で危険なことにもなるので要注意です。

そもそも、犬の被毛の役割は、

  • 外の刺激から体を守る
  • 水をはじいて体を濡らさないようにする
  • 皮膚の乾燥を防ぐ
  • 寄生虫や病原菌が直接体につかないようにする
  • 紫外線や直射日光から体を守る
  • 体温を調節する

などと、いくつもの役割があります。

犬の皮膚は弱く、その分を被毛がカバーしているのです。

犬種によっては被毛のない犬もいますが、そのような犬種の皮膚は、被毛がある犬よりも厚くて丈夫にできています。

このような役割を持つ被毛を涼しくなるだろうという人間の感覚で、バリカンで丸刈りしているのもよく見かけるのですが、犬の被毛はいらないものではないのです。

人の目からは暑そうに見えても、犬の被毛は体を守る大事なものであり夏も必要なものです。

犬の被毛は空気の層を作り、断熱材のような役割で夏も外気温の直接の影響を受けないように、また様々なトラブルから体を守っています。

それをなくしてしまうことにより、夏の直射日光や強い紫外線は犬の皮膚におかまいなしに降り注ぎ、体温は急上昇して調整が効かなくなり、犬にはよけいに暑く、また熱中症の危険も高まってしまうのです。

また、バリカンカットは、夏が過ぎても毛が生えて来ないきっかけになることもあります。

生えてきても、カットする前の毛質と全く変わってしまうというトラブルの危険もあります。

【バリカンカットによる脱毛の参考記事】

犬の尻尾がハゲてくる?甲状腺機能低下症とはどんな病気?

アクティビティの大会などのためにトレーニング中の大型犬などは、被毛を短くカットすることで、あえて放熱させるということもあるのですが、そのような訓練の運動量は、普通の家庭犬の条件とは大きく異なります。

長毛の犬を夏の間だけショートカットにする、という程度ならば効果もありますが、バリカンで丸刈りにするようなサマーカットは、このような弊害があり、人間目線で考えると危険です。

早朝がおすすめ!夏の散歩を安全にするために

夏の犬の散歩に適した時間は、午前中ならまだ夜明け前、AM5:00頃~日が昇るまでの間です。

夏の夕方は、日が沈んでもしばらくは地面も熱く、危険なので、まで待って下さい。

朝も夜もそんな時間は無理、という飼い主さんもいるかもしれませんが、最低でも、日が昇って地面が焼けている危険な時間帯は散歩を控えて下さい。

夏の猛暑の中での散歩ならば、いっそしない方が安全です。

散歩の前に、飼い主さんがしゃがんで地面を実際に手で触れてみるか、裸足になってしばらく立ってみて下さい。

もし熱いと感じるようでしたら、犬を歩かせるのは危険なのです。

アスファルトの地面ではなく、土や芝生の上の方が涼しく歩けますので、夏の散歩はできるだけ熱がこもらないような散歩コースを選んであげるとよいと思います。

今は、犬用の靴なども多く出回っていますので、そのようなグッズを取り入れるのも1つの案です。

ただし、靴を履かせたら日中の散歩も可能というわけではありません。

他にも、クールTシャツクールバンダナなど、ひんやりする機能のある衣服などを夏の散歩の時に活用するのもお勧めです。

【夏に使えるグッズの参考記事】

犬の熱中症の対処方法・予防に便利な対策グッズのあれこれ

そして、夏に限らないことですが、夏は特に散歩中の脱水の危険を考え、常に水を持参することを忘れないようにしましょう。

 

まとめ

夏の散歩は人間も暑くて大変ですが、それ以上に犬は暑さや危険にさらされていて、しかもそれを伝えることができません。

特に、想像以上に肉球の火傷を負ってしまう犬が多いようです。

その地面が裸足で大丈夫かどうか、飼い主さんは、必ず確認する習慣を付けて下さい。

熱中症になったり、肉球を火傷したりすると、治療も大変になって、時間もかかります。

そして、それが命に関わることにもなります。

夏の犬の散歩は、危険がいっぱいですが、それらは全て予防する方法があるものばかりです。

夏の散歩の危険から犬を守ってあげられるのは飼い主さんだけです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

ここが怖い!マダニが原因の犬の病気と飲み薬などの予防法


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"