『犬の十戒』~犬との約束~のページを開く

夏の犬の散歩は危険がいっぱい 万全の準備で出かけよう

♦犬の散歩

近年は温暖化で春も初夏のような日が多く、夏は迂闊に外出できないような猛暑になります。

こんな暑さでは犬の散歩も危険がいっぱいです。

夏の散歩ではどんなことに注意しなければならないか、飼い主さんは必ず知識を持って愛犬を守ってあげて下さい。

今回は夏の散歩対策についてみなさんと情報共有したいと思います。

スポンサーリンク

夏の暑さは犬にも過酷

昔は外で飼われている犬も多かったので、犬は寒さや暑さに強いものと思っている人もいるかもしれませんね。

本当はそんなことはありません。

人間にとって暑い夏は、犬も当たり前に暑いです。

特に、寒い地域生まれの犬種・体力のない子犬や老犬・そして呼吸器の病気を抱えている犬などは、体温調節がうまくできないので、弱いと言えます。

そもそも人間と違って、犬には汗をかく汗腺が肉球にしかありません。

なので効率的な体温調節ができないのです。

犬が舌を出してハッハッと息をするのは、パンティングと呼ばれる動作ですが、こうして唾液を蒸発させた気化熱で体温を下げます。

人間は、それと同じことを全身の汗腺から汗を出して行います。

人間が全身で効率よく体温を下げられるのに比べ、犬は限られた狭い範囲にしか機能がないため、大変な努力が必要なのです。

人と犬の体感の差

私達が暑いなと感じている環境は、犬にとっては死ぬほど暑い気温であると言われます。

人と犬は大きさが違うので、小型犬などになればいつも人の足元の高さにいることになりますよね。

その体感差はだいたい6度くらいあるそうです。

夏の焼けた地面の上などでは、人間が感じている暑さ+15度くらいにもなるということですので、これはとても危険です!

低い位置にいる犬は、私達が想像している以上に暑くて危険な環境にさらされているということです。

熱中症の危険

毎年、暑くなると熱中症で搬送される人が出て来ます。

猛暑の影響は命に関わるということが、広く知られるようになりました。

犬も同じで、夏場には熱中症で病院に運びこまれる子が多いそうです。

夏の散歩は、時間帯によっては大きな危険をはらんでいると言えるでしょう。

熱中症は、熱が体にこもって高度の脱水になり、進行すると腎不全などの全身症状を起こして亡くなることがあります。

初期には気づきにくいだけに、熱中症は大変危険です。

 

特にハイリスクな犬は、パグやペキニーズなどの短頭種と呼ばれる鼻の短い犬です。

呼吸器の構造上、呼吸困難になりやすく、重症化しやすいのです。

犬にとって夏の環境は、外気温の高さだけでなく熱くなった地面からの照り返しもあります。

肉球の火傷の危険

犬は地面の上を裸足で歩いています。

強い陽射しで焼けたアスファルトは50~60℃あります。

夕方になって少し涼しくなっても、地面の温度はそう簡単には下がりません。

そこを裸足で歩かせることはとても危険です。

金属製のマンホールの蓋などは、もう焼けたフライパンのようなものと考えて下さい。

犬の肉球は熱を伝えにくい構造にはなっているようですが、皮膚ですので当然火傷もします。

焼けたアスファルトの上を裸足で一生懸命歩き、火傷をしても、熱いとも痛いとも伝えることができません。

肉球を火傷してしまう犬は珍しくないそうです。

そして飼い主が気づかない限り、よけることも止まることもできないなんてどれだけの苦痛でしょうか。

肉球は、犬にとって歩行時のクッションであると共に唯一の汗腺であり、とても大事なパーツです。

しかも、肉球の火傷は治りにくいと言われ、細菌感染を起こしたりすれば命も危険にさらされます。

犬が歩きたがらない、足をしきりに舐めているなどの動作があるなら、肉球を確認してみて下さい。

肉球の火傷は、飼い主さん次第です。

飼い主さんさえ気を付けていれば、犬は肉球の火傷など起こさずにすむのです。

スポンサーリンク

サマーカットは逆効果

夏になったら少しでも涼しくしてあげようと、本来は長毛の犬のサマーカットなるものをよく見かけます。

犬の為にと施したこのカット、実は全く逆効果にもなるので要注意です。

犬の被毛の役割は、

  • 外の刺激から体を守る
  • 水をはじいて体を濡らさないようにする
  • 皮膚の乾燥を防ぐ
  • 寄生虫や病原菌が直接体につかないようにする
  • 紫外線や直射日光から体を守る
  • 体温を調節する

などの役割があります。

犬の皮膚は弱いので、その分を被毛がカバーしてくれているのです。

元々被毛のない犬種もいますが、そういった犬種の皮膚は、被毛がある犬よりも厚くて丈夫にできています。

毛がなければ涼しくなるだろうという人間の感覚で、バリカンで丸刈りしていることも多いですが、犬の被毛は人間の髪の毛とは違います。

人の目からは暑そうに見えても、犬の被毛は体を守る大事なもので、夏も必要なのです。

犬の被毛は空気の層を作り、ちょうど断熱材のような役割を果たします。

夏にも外気温の影響を直接受けないようにガードしているのです。

それをなくしてしまえば、直射日光や強い紫外線は犬の皮膚におかまいなしに降り注ぎます。

体温も急上昇して調整が効かなくなり、熱中症の危険も高まってしまうのです。

また、バリカンカットは、夏が過ぎても毛が生えて来ないきっかけになることもあるので、注意が必要です。

これは経験された飼い主さんも少なくないようにお聞きします。

ようやく生えて来たと思ったらカットする前の毛質と全く変わっていたというトラブルも耳にします。

 

アクティビティのトレーニング中の大型犬などが被毛を短くカットする効果というのはあるのですが、そういう犬は運動量などの条件が普通の家庭犬とは大きく異なります。

夏の間だけ長毛をショートカットにする程度ならば良いでしょうが、バリカンの丸刈りサマーカットはお勧めしません。

このような弊害があるということも是非知っておいて下さい。

スポンサーリンク

安全な夏の散歩は早朝に!

《夏の散歩におすすめの時間》

AM5:00頃~日が昇るまで

夕方は、日が沈んでもしばらくは地面も熱いのでまで待ちましょう。

そうは言っても、そんな時間の散歩は無理、という飼い主さんもいるかもしれません。

もしそうであっても、猛暑の中での散歩ならいっそしない方が安全です。

飼い主さんは、散歩の前にしゃがんで地面を手で触れてみるか、裸足になってしばらく立ってみて下さい。

私は、春の陽射しの強い日などでも自分の手で確認して歩かせるようにしています。

熱いと感じれば、犬を安全に歩かせることはできません。

お散歩コースもアスファルトは避けて、土や芝生の上の方など、熱がこもらないような場所を選んであげるとよいですよ。

クールTシャツやクールバンダナなど、冷却機能のある衣服などを活用するのもよいですね。

今は犬用の靴なども多く出回っているので、そんなグッズを取り入れるのも1つの案ですが、靴を履かせれば真夏の日中でも大丈夫ということではないです。

 

また、脱水予防に、散歩には水の持参を忘れないようにしてあげて下さい。

 

まとめ

犬は暑さにさらされていてもそれを伝えることができません。

特に、私達の想像以上に肉球の火傷は多いようです。

熱中症になったり肉球を火傷したりすると、治療に時間もかかりますし命に関わることにもなります。

夏の犬の散歩は危険が多いですが全て予防の方法があるものばかりで、それができるのは飼い主さんだけなのです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

関連記事(広告含む)


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

♦犬の散歩
スポンサーリンク
しっぽこむをフォローする

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!

 

しっぽこむ

コメント

テキストのコピーはできません。