犬がリードを引っ張る癖をなおす!足並み揃えて安全な散歩!

犬の散歩のスタイルは様々で、中には犬がリードをぐいぐいと引っ張りながら、飼い主の方が一生懸命ついて歩いているような散歩も結構見かけます。

引っ張る力が強いと飼い主さんは犬をコントロールするのが難しくどうしても犬が主導の散歩になってしまいますので、引っ張られて歩くのも大変な労力です。

散歩の時に犬がリードを引っ張る癖を何とかしたいと思っている飼い主さんに今回は引っ張り癖のしつけについての話です。

犬に前を歩かせる危険

が飼い主さんの前を歩いてしまうと、もし何か危険があっても飼い主さんの方が気づくのが遅いということになって、危険回避できにくくなります。

犬は自由に動けて自分の行きたい方向に先に行ってしまいがちですので、もし道に何か食べ物が落ちていると先に気づき、もしかしたら食べてしまうということも起こるかもしれません。

車の前に突然飛び出して事故に遭う可能性もあるし、すれ違う人や自転車や他の犬に飛びかかってしまって転倒させてしまったり、大きな事故やトラブルになってしまうことも考えられます。

また、引っ張る癖のある犬の体格によっては、引っ張られている飼い主さんが転倒して怪我をするリスクもあります。

リードを引っ張りながら飼い主さんの前を歩くということは、飼い主さんにはその犬をうまく制御できないということになり、散歩中に何かアクシデントが起こった場合とても危険です。

そして引っ張られている飼い主さんの方も、大抵は引き戻す為に一生懸命リードを引っ張っているのではないでしょうか?

もし首輪とリードという組み合わせであれば、リードを引っ張る力が犬の首を慢性的に絞めてしまい、その力が強くかかった時などは眼圧が一気にあがったり、首の障害を起こしたり、脳への血流を阻害して脳にダメージを与える原因になったりと、犬の健康に影響を与える危険性もあるのです。

このような様々な理由からも引っ張る癖をなおすことは犬をいろいろな危険から守ることになります。

犬がリードを強く引っ張るようになる原因

犬が飼い主さんを引っ張る理由は単純で、リードを引っ張ると飼い主さんがついて来てくれるからです。

好きなように歩けば飼い主さんは引っ張られてちゃんとついて来てくれるし、自由に楽しく散歩ができます。散歩ではそのようにして歩くことを犬は学習しているのです。

また、もう一つの理由は、飼い主さんが引っ張るから犬も引っ張るという綱引き状態になっているからです。引っ張る犬の散歩の時ではリードはどんな状態でしょう?緩みがなく常に張った状態だと思います。そして引きずられないように飼い主さんもリードをしっかり握り、重心を後ろにかけて歩いているはずです。だから犬もバランスをとり全力で重心をかけてリードを引っ張るのです。

リードを引っ張る癖はこのような繰り返しの習慣の中で強化されてきた歩き方です。

犬が引っ張る癖をなおすには根気が必要

リードを引っ張るのは飼い主さんの対応から学んだ犬の行動とも言えるので、それをなおすには飼い主さんの対応を変えていかなくてはいけません。

引っ張りっこのようになっている歩き方をやめ、リードを引っ張ると散歩ができない、引っ張っても無駄であることを改めて教えてあげないといけません。

まず大事なことは、引っ張ったら飼い主さんは止まり歩かないようにします。リードを引っ張る状況を作らせないのです。

引っ張ったら飼い主さんはいつもついてきてくれるはずなのに、犬は「あれ?おかしいな?」と不思議に感じるようになるでしょう。ここが根比べになります。引っ張るたびに止まり、進むことができないので、飼い主さんの元に戻るしかなく、次第に飼い主さんのテンポを窺うようになります。

簡単に言えばとにかくリードを張らせないということです。リードが張ったら止まる、これは飼い主さんの方も進めなくなるためにとてももどかしいことですが、行動と結果を関連づけて覚えさせることが大事です。

引っ張る癖をなおす・具体的に

散歩に出発する時に、扉を開けても飛び出すようなことのないように、一旦扉の前で落ち着いて待てるという習慣をつけましょう。

行動を制止するしつけには「おすわり」や「待て」などがあり、このしつけがきちんとできて指示が有効であるようにしておくことは、安全な散歩の為にも大切なことです。

上手に待てるかな?子犬にわかりやすい「待て」のしつけ 

すぐに覚えられるしつけ!子犬におすわりを教えよう!

飼い主さんが制止の指示をしてそれを解除するまで待機させ、解除の合図で外に出られるように練習して下さい。

歩き始めても、リードを引っ張りながら前に出てリードがピンと張ればその都度止まります。犬は戸惑うかもしれませんが止まって待ちましょう。飼い主さんが停止してしまうと引っ張るのをやめて飼い主さんのそばに来るでしょうから、そうやってリードが緩んだら褒めてまた歩き始めましょう。

そのようにして犬が進む方向に飼い主さんがついてくるのではなく、主導するのは飼い主さんであるということを教えてあげましょう。止まって動き出す時にあえて方向転換をしてみるなど犬の予測に反した動きで、飼い主さんの動きについてくるようにリーダーシップをとって下さい。

飼い主さんに注目しリードが緩んでアイコンタクトがとれる時は必ず褒めてあげて下さい。リードを引っ張ることは楽しい散歩には?がらず飼い主さんのペースに従って歩けばよいのだということがわかるようになってきます。もちろんリードが緩んだ状態で歩ける範囲内では、匂いを嗅いだり立ち止まったりなど散歩中の行為を自由にさせてあげてOKです。

大事なポイントは「リードを引っ張るなら止まる」という点です。これは散歩以外でも犬と出掛けることがあればどこででも統一することで効果的で、そうすると犬が覚えやすくなります。慣れない間は止まることが多く進めないという状況かもしれませんが、リードを引っ張ることを一旦学習しているので、正しい歩き方を上書きしてあげなければならないのです。

リーダーウォークも可能になる?

リーダーウォークとは飼い主の横に犬がぴったりとついて歩く歩き方のことで、そのまま「ツイテ」のしつけとも呼びます。この「ツイテ」ができればそれがもっとも安全で理想的な歩き方です。

この歩き方は訓練競技会の種目にも入っているしつけで、競技会などでは正しい基準が細かく定められています。犬は人間の左側、鼻の位置は人間が穿いているスラックスの縫い目より後ろになく犬の肩が縫い目の5cmより前にない、など、評価の為のポイントがいくつかあります。

この「ツイテ」のしつけは、リードを引っ張ることなく人と安全な位置関係で歩くことができる為に重要なものとされます。しかし競技会を目指しているわけではないのでしたらそれほど厳密でなくても、引っ張ることなく飼い主さんの横について安全に歩けるようになれば十分だと思います。

リードが張ったら止まり、リードが緩めば褒めて歩き始めるということを徹底してしつけていくと、犬は飼い主さんがどう動くかを見る為に顔を見上げてくるようになります。そしたら褒めて、リードは短く持ち犬を左側にして一旦座らせ、「ツイテ」という言葉をかけて歩き始めるようにすると、次第にリーダーウォークへと繋げていくことができるようになります。

左側の定位置からはずれて飼い主さんの前に行くと立ち止まりましょう。そして元の位置に戻って来たら歩く、ということを繰り返します。そして左側の定位置に上手につけたら褒めて左手でおやつをあげて下さい。おやつは飼い主さんの左側のポケットや左側にあるバッグの中などに入れておくとよいと思います。これは引っ張るのを修正するしつけからのステップアップです。

まとめ

散歩の時にリードを引っ張る癖は飼い主さんが無意識にそのように歩くことを習慣化させ覚えさせてしまっていることが原因とも考えられます。そして引っ張る癖は飼い主さんが犬をコントロールできず危険もある為、リードを引っ張る癖はなおした方がのぞましいです。

引っ張る癖をなおすにはもう一度しつけをしなおしてあげなければなりません。引っ張ることは無駄なことで、飼い主さんはついてこないし散歩にならないのだということを犬に理解させなければいけないのです。

リードが張ったら止まりリードを緩ませられることに重点を置き、飼い主さんが止まり、戻ってきてリードを緩められたら、その時に褒めて歩く、ということを徹底しましょう。

リードを引っ張る癖を修正するのは時間がかかると思いますが、ここは根比べになりますので頑張るしかないです。

そして、「ツイテ」にステップアップできると、双方が安全な歩きで散歩が楽になりますし、犬が飼い主さんに注目することも多くなり、アイコンタクトの機会が増えてコミュニケーションも深まり散歩がより楽しくなると思います。是非チャレンジしてみて下さい!

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

散歩中の犬の問題行動 他の犬に吠える時のトラブル防止対策

犬の散歩は雨の日も楽しく!お勧めグッズ5選と散歩後のケア


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"