甘噛みはしつけのチャンス!子犬が噛むのをやめさせる方法

子犬に甘噛みされると、たとえ尖った乳歯が痛くても可愛らしさが優先してしまうもの。

噛むしぐさを見たくて、わざと甘噛みさせている飼い主さん、その気持ちは私もよくわかります。

しかし、噛む行為は、甘噛みの時にしっかりしつけておかないと、成長した時に困ることになるのです。

今回は、子犬の甘噛みの理由としつけの方法について解説します。

スポンサーリンク

子犬には甘噛みをする理由がある

dscf0233-2

子犬の甘噛みにも理由があります。

《子犬の甘噛みの理由》

  • 動くものを見ると狩りをしたくなる犬の習性
  • 噛むことによってその対象が何であるのかを確認している
  • 歯の生え変わりの時期の痒さを解消するために何かを噛みたい
  • 人にかまってもらえることを知っていてじゃれる行為としての甘噛み

犬は、その昔に狩りをしていた頃の習性から、子犬であっても、目の前で素早く動く小動物のようなものを見つけると、それに噛みつこうとします。

特に子犬には、それがおもちゃであっても人間の手であっても、区別がつかずに噛むのです。

それが危険なものなのかそうでないのか、食べ物なのか違うのかなど、人間が触って確かめるのと同じように、犬は噛むという方法で確認しようともします。

子犬の甘噛みは生後3~4ヶ月くらいから始まります。

乳歯から永久歯に生え変わる生後4ヶ月~8か月くらいにかけては、生え変わりによる痒さがある為に、特に何か噛みごたえのあるものを噛みたがります。

そして、子犬は、飼い主さんの手を甘噛みした時に飼い主さんが見せた楽しい反応を覚えていて、甘噛みすることが遊んでもらえる行為と覚え、かまってもらいたいだけの遊びのつもりの甘噛みがどんどんエスカレートしていく、というようになりがちです。

子犬が甘噛みすることそのものにはこのような理由があり、決して不自然な行為ではないのです。

しかし、これが犬の群れの中の出来事だったら、甘噛みの加減を学習しなければ、噛む行為は犬同士でお互いを傷つける武器になってしまいます。

本来なら、子犬は、甘噛みの力加減の方法も、母親やきょうだい達と暮らす中で自然に身に着けていくのです。

人間が手を使うことと同様、母犬は口を使って、子犬に対し、行為の良し悪しやコミュニケーションの方法など様々なしつけをしていきます。

しかし、そのような母犬のしつけを経験する前に、母犬やきょうだいから離され、人間の元にやってきたまだ幼い子犬は、誰からも何も教えられていないのです。

だからこそ、飼い主さんが母犬やきょうだいの代わりになってしつけてやらなければ、その良し悪しも甘噛みの加減も身に着かないまま、子犬は成長してしまうのです。

スポンサーリンク

子犬の甘噛みが問題となる時

子犬が幼いうちは、それほど噛む力が強いわけでもないので、飼い主さんの方も遊びの一環のつもりで、軽い気持ちで自分の手などを甘噛みさせる余裕すらあるかもしれません。

それが問題になるのは、子犬がしつけをされずに成長した後なのです。

子犬の時に甘噛みをやめさせるしつけをされなかった子犬が、成犬になって同じように人を噛むと、人に大怪我を負わせるような事態にもなりかねません。

子犬の甘噛みはそこで初めて問題になるのです。

甘噛みという行為は、一般的には成長と共に減少傾向になることが多いとされますが、そうでないこともあります。

甘噛みを矯正するしつけをされてない場合、やがて重大な事故に繋がる危険性は大きいです。

しつけのポイントは噛む対象のメリハリ

子犬のまだ可愛い甘噛みのうちに、子犬にわかりやすい方法でしつけをする必要があります。

しつけの方法で大事なポイントは、噛むことが許されるものは何か、何を噛むのがダメなのかを教えるということです。

その中で、人間の手は、たとえ甘噛みであっても絶対に噛んではいけないものとしつけなければなりません。

もし人の手を甘噛みした場合、子犬にとっても嬉しい結果に結びつかないことを教えるのです。

犬はしつけの中で、その行為の結果が自分にとってどのようなことに繋がるのかという関連付けの方法で覚えていきます。

人を甘噛みすることで子犬は何が得られるのか、得られないのか、というような結果を教えなければいけないのです。

飼い主さんにかまってもらいたい子犬に対して、甘噛みすると無視・拒否をされる、という、子犬が期待するものとは逆の嬉しくない結果にリンクさせるようにしつける方法を実践しましょう。

人を噛むと人から反撃されることを教えるしつけ方法もありますが、それを子犬に理解させるには、かなり強烈な方法を徹底する必要があり、しつけ方法としては困難です。

この方法を間違うと、子犬の心や体を傷つけることになり、後々の信頼関係は壊れ、望ましくない逆効果を生むことになりかねません。

一般的に気性が激しく飼育が難しいとされる犬種や、噛むことが習慣化してしまった成犬では、ケースバイケースで、プロによるそのようなしつけ方法が必要なこともあります。

しかし、子犬の甘噛みは、子犬と信頼関係をしっかり築き、根気よく教えていく方法でしつけることが望まれます。

また、甘噛みそのものはやめられないので、子犬の噛みたい欲求を別な形で満足させてあげることが大事です。

※やってはいけない!※

子犬の甘噛みに、体罰という方法でのしつけはしないようにして下さい。

甘噛みする子犬の首を抑え込んだり、無理やり仰向けにして力任せで押さえつけたり、痛みを与えるようなしつけ方法はやってはいけません。

体罰は、子犬に恐怖感を植え付け、反対に自己防衛の為に噛むという反応を引き起こしやすくなります。

体罰は、飼い主さんに罰を与えられたくないために、噛まないことを一時的に学習したとしても、人間の手は自分を攻撃してくる危険で怖いものという、マイナスのイメージをすりこんでしまうことになります。

そして、将来的に、飼い主さん以外の人が手を近づけた時にその手を噛む、というような反応をするようになるからです。

人の手は、子犬にとって安全で優しく、撫でて抱いてくれる温かいものであり、ご褒美をくれる嬉しいイメージのものでなければなりません。

その手で決して子犬を傷つけたりしてはならないのです。

子犬に差し伸べられる手は、信頼できるものとして、マイナスのイメージはない、攻撃の対象ではないことをしっかり教えてあげて下さい。

【体罰の参考記事】

>>叩くというしつけが及ぼす影響 その方法は子犬に有効か?

>>子犬のしつけの「仰向け固め」それはどんな意味がある?

甘噛みする子犬のしつけ方法の実際

甘噛みする子犬には、人を噛むと子犬にとっても楽しいことが遠のいていくことを教えるしつけ方法で対応していきます。

  1. 無視する
  2. 代わりになる、噛んでもいいおもちゃを必ず与える
  3. 噛むと嫌な音を鳴らす(サプライズ)

人の手を甘噛みしないように、このようなことを根気よく続けて習慣にしていきます。

子犬が飼い主さんの手を甘噛みしたら、「痛い!」「ダメ!」と低いトーンの声で短くピシャリと言い、すぐに子犬の前から手を隠し、あるいは子犬の前から姿を隠します。

それまでの遊びも、全て甘噛みした時点で中断です。

子犬を触っていた手は引っ込めて、子犬に一切構わないことにし、甘噛みしたら無視をするという方法を徹底するようにして下さい。

無視の時間は5~10分くらいを目安にします。

短すぎても効果がなく、長すぎたら放っておかれることに慣れてしまい、甘噛みしたので無視という関係性が薄れてしまいます。

その後、子犬の様子をしばらく観察し、テンションが落ち着いている時に再び子犬の前に手を出し、甘噛みして来なければ、褒めてあげて下さい。

ご褒美をあげても良いし、おもちゃで遊んであげる時間も作ってあげて下さい。

ただし、無視されることがどんなに寂しくてつまらないことかと子犬が感じるのには、普段から、飼い主さんと一緒に遊ぶことがどんなに楽しくて嬉しいかを教えてやらなければなりません。

そのギャップを使わなければ、しつけの効力にはならないのです。

その為には、普段、愛情をたっぷり注ぎ、信頼関係を築いて、飼い主さんを大好きになってもらうことが必要です。

それでこそ、しつけが効果を発揮するでしょう。

また、空き缶に小石や小銭などを入れて、振ったら鳴るような音に対し、犬は驚く傾向があるので、その方法もしつけに使うことができます。(これはサプライズと呼ばれます)

そのような音のするものを作っておき、甘噛みしたら子犬の目につかないようにしてそれを鳴らします。

飼い主さんが鳴らすのではなく、甘噛みしたら嫌いな音がどこかから聞こえるという方法です。

嫌がらせのようにも思えますが、嫌がらせを飼い主さんがしているのではなく、あくまでも噛む行為で嫌いなことを招いてしまうというように演出するのです。

【サプライズについて参考記事】

>>子犬の噛み癖は早くなおすのが大事!噛み癖のしつけ方法

噛むことが許されるものを与えて発散させてやること

そして、人に対する甘噛みをやめさせる代わりに、子犬が思いきり噛むことのできるような、ストレス発散できるおもちゃを与えてあげましょう。

おもちゃは、壊れにくいゴム製のものなどが望ましく、誤って飲み込むことのないような安全なものを選んであげましょう。

飼い主さんと一緒に遊ぶ時は、持ち手にロープなどが付いた、人の手と子犬の歯が接触しないで遊べるような形状のものを選ぶと、噛む習慣を避けるには良いと思います。

【おもちゃの参考記事】

>>犬のストレス解消にお勧め 夢中になれるおもちゃ8選!

おもちゃで注意したいことの一つに、古いスリッパなどを噛ませて遊ばせる方法はやめた方が良いです。

そのような生活用品で遊ぶ習慣がつくと、同じようなものが室内にあれば、子犬には、それが古いか新しいか、おもちゃかそうでないかの区別がつきませんので、噛む癖がついてしまいます。

また、普段から子犬が甘噛みを起こす行動を誘わないように飼い主さんの方も注意して下さい。

子犬の前で衣服などヒラヒラさせたりすると、その本能から、獲物に飛びつく行動をとる可能性が高くなります。

長い髪も、同様に子犬の本能を刺激する対象になり、甘噛みという行為を煽ることになりやすいので、そのような無駄な刺激をすることは極力控えてやる方が子犬にも優しいです。

子犬の顏や口周りなどを激しく撫でまわして興奮させて遊ぶのも、同様の刺激を与えることになります。

甘噛みのしつけをしている間は、甘噛みを誘発するような行動は極力避けておいた方が、子犬を混乱させずにすみます。

手を甘噛みをさせてじゃれさせるような遊び方はすぐにやめて、噛んでいいものとダメなものをしっかり子犬に認識させるしつけをしましょう。

 

まとめ

子犬の甘噛みは本来は自然なことで、それ自体は問題行動ではないのですが、成長後のことも考えておかなければなりません。

甘噛みがまだ重大な事故に繋がらない幼齢のうちに、噛んでもよいものとだめなものがあることを人間がしつける必要があります。

人間の手は、甘噛みであっても噛むことは許されないことを子犬の無邪気な甘噛みのうちから根気よく理解させておかなければなりません。

そして、噛んでもよいおもちゃを必ず与えて、子犬の甘噛み欲求を満たし、ストレスが溜まらないようにしてあげることが大切です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

>>子犬と一緒に通いたい!しつけ教室にはいつから参加できる?

>>犬もリラックスして免疫アップ!ドッグマッサージの素敵な効果

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!