子犬の噛み癖は早くなおすのが大事!噛み癖のしつけ方法

子犬の頃の甘噛みは、この時期なら頻繁に見られる自然な行為です。

小さい子犬に噛まれても目くじら立てなくてもよいのですが、それが習慣になり、成長して噛み癖になってしまったら、笑って見ているわけにはいかなくなります。

噛み癖はしつけで修正してやらなければなりません。

今回は、子犬の噛み癖のしつけについて解説します。

噛み癖とは

子犬にとって、噛むという行為は本能的なものであり、噛むことそのものが問題なのではありません。

でも、噛んではいけないものをいつも噛んでしまう、それは噛み癖です。

噛み癖の背景にあるものは様々で、噛み癖に至るまでの理由は一つではありません。

噛み癖が表れやすい場面と理由

噛んではいけないものを噛んでもっとも重大な問題に発展してしまうのは、その対象が人の手である場合でしょう。

  • おもちゃなどで遊んでいる時に人の手もおもちゃと同じように噛む。
  • 子犬に触れようとして出した手を噛む。
  • 子犬の食事中に食器に触ろうとしたらその手を噛む。

噛み癖の理由は、子犬にとっては単なる遊びの場合もありますが、興奮状態になると噛み癖が出てしまうというパターンもあります。

そこには、攻撃性、衝動性、恐怖のための自己防衛という原因が考えられます。

例外的なものでは、脳の病気の症状の一つとして、前触れもなく発作的に噛むという行為が起こる場合もあります。

子犬の噛み癖に多いパターン

子犬は、その成長段階で、歯の生え変わりの時期(歯牙脱換期)があり、その期間は生後4ヶ月から生後8ヶ月くらいまでと言われます。

歯牙脱換期には、永久歯が生えてくる痒さなどの違和感があるので、何でも噛みたがるというのはやむを得ない行動です。

ただ、その時期に対応を間違うと、それをきっかけに噛み癖へと発展していくパターンは多いようです。

また、単なる遊び半分で噛む行為が、噛み癖に繋がっていくということも多いようです。

この種類の噛み癖は、子犬の社会化時期に、相手との適切なコミュニケーションの取り方を学べなかったことも一因となります。

噛み癖をなおす必要性と放置するリスク

噛み癖は、たとえ甘噛みのようなものでも早期にしつけで修正してやらなければなりません。

子犬の時に適切なしつけをしなければ、噛み癖は癖になっているので、成長してからも続くことになるからです。

成犬になるにつれて、噛む力も増し、噛み癖は重大な咬傷事故に繋がる危険性が高くなります。

また、噛み癖を長い間放置すると、それだけしつけも難しくなることが多いのです。

噛み癖の期間が長くならないうちに、適切に対処することでしつけの効果もあがると言われています。

重大な咬傷事故を防止する為には、子犬のうちにできるだけ早く噛み癖をやめさせなくてはいけません。

【参考記事】

甘噛みはしつけのチャンス!子犬が噛むのをやめさせる方法

犬の噛み癖に対するしつけ方法

噛み癖は、噛む行為のきっかけになるものがあるはずです。

どんな時に何がきっかけで起きているのか、それをよく観察してみて下さい。

噛む行為に対するしつけは、噛んではいけないものを噛ませるような機会をなくし、悪習慣を作らないというのが基本です。

でも、すでに噛み癖がついてしまった=習慣になってしまったものは、その行動を変えさせるしつけをすることになります。

サプライズ

犬のしつけは、犬を望ましい行動に導いて報酬(犬にとってのメリット)を結びつけ、望ましい行動を積極的に引き出していく方法がもっとも効果的とされています。

そして、望ましくない行動にはあえて反応をせずに無視し、その行動が犬にはメリットがないと認識させれば、次第にその行動は少なくなるとされます。

しかし、すでに噛み癖という習慣化したものについては、まずそれをやめさせなければなりません。

そこで、このサプライズと言われる方法を同時に活用するようにします。

サプライズとは、許容される範囲の罰の一種です。

決して、犬に苦痛を与えることが目的ではありません。

サプライズに似たもので、天罰方式というしつけの方法がありますが、これは飼い主さんが発生させたと気づかれないようにして間接的に罰を与える方法です。

「天罰」は、犬に対し「この行動をしたら天罰(嫌なこと)が起こる」と教え込む方法です。

実は飼い主さんが天罰を起こしていることを隠しながら、強い不快感を罰として与えることが目的です。

一方、サプライズの方は、間接的に何らかの刺激を与える点は同じなのですが、目的は罰のような不快感とか苦痛ではありません。

サプライズの目的は、犬を一瞬驚かせるということになります。

犬を驚かせて一瞬ハッとさせることで、その行動を中断させます。

そして、中断したことをすぐに評価し、ご褒美をあげて褒めるというものです。

つまり、悪習慣になっている行動を中断させ、褒めるタイミングを作り出すことがこのサプライズの目的になります。

不適切な行動は即座に中断させたいので、驚かせることによって、一瞬犬が行動を中断するその瞬間を狙うのです。

サプライズには、視覚的・聴覚的・味覚的・嗅覚的の種類があります。

  • 布を顔の上にかぶせる、電気を消す、などよって視界を遮る(視覚)
  • 空き缶に小石かコインを入れて蓋をしたものを床に落とし音を立てる(聴覚)
  • 酢をごく薄くしたものを周辺にスプレーする(直接子犬にはスプレーしない)など、においが嫌いなのを活用する。(嗅覚)
  • 噛むと苦い味のする噛みつき防止剤(市販のビターアップルなど)をスプレーしておく。(味覚)

間違ってはいけないのは、これらは決して子犬の心身を傷つける為に使うのではなく、乱用してよいわけではないです。

ご褒美と同様に、どこで使うかというタイミングがもっとも大事です。

子犬の性格によっては、そのサプライズに簡単に慣れてしまうこともあり、反対に過敏に反応することもあります。

この方法が合っていて有効に使えるのか、十分に様子を見ながら慎重に行って下さい。

使い方は、例えば、噛んでは困る物などにビターアップルなどをスプレーしておきます。

あるいは噛み癖が出た時に、空中に(犬に向けてではなく)酢水のスプレーを噴霧するなどします。

サプライズによって噛む行為をやめた瞬間、子犬にご褒美をあげて噛むのをやめたことを褒め、代わりに噛んでもよいおもちゃを与えてあげましょう。

あくまでも、子犬が物を噛みたがるのは本能であり正常な行動です。

完全に噛む対象を全て取り上げてしまうことは子犬にとってはストレスになります。

必ず、代わりに噛んでもよい物を準備してあげましょう。

噛んで良いもの、噛んだらいけないもの、これをしつけで教えていくことが大事なのです。

 

ニチドウ ビターアップル 473ml 【しつけ用品(噛みぐせ・舐めぐせ防止用品)】

人間の手への噛み癖

たとえ甘噛みであろうが、遊びでも人の手は噛ませないということが大事です。

噛む状況をできるだけ作らないようにして、甘噛みの習慣を減らしていくようにします。

子犬のエネルギーを発散させる為には、飼い主さんが十分に遊んであげることが必要です。

しかし、その場合も、手をおもちゃ代わりにさせてはいけません。

例えばおもちゃの先にロープがついているものなどを使って、人間の手に子犬の歯が当たらないような遊び方を工夫して下さい。

もしも子犬が噛んだら遊びを一瞬中断し、飼い主さんはその場から去るなどを繰り返します。

せっかく楽しく遊んでいても、手を噛めば楽しい時間は続かないと子犬にしつけて下さい。

食事中の噛み癖

食事中に、子犬の食器に手を触れるとその手を噛む場合は、手でおやつを持って食器の近くに置いてみて下さい。

これは子犬が好きなおやつでないと効果がありません。

食事中に近づいてくる手は、好きなおやつを持ってくる手であり、子犬にとっては良いイメージのものになるようにしつけます。

食器と距離を近づけることができたら、そのおやつをあげることと食器との交換を試みてみましょう。

もし食器に触れても噛まなければ、さらにおやつをあげて褒めてあげましょう。

噛み癖のしつけで注意すべきこと

しつけに体罰を使うと、人間の手に対する恐怖心を植え付け、自己防衛の為の攻撃性を育ててしまいます。

人間の手に対して不信感を抱かせると、その場面だけは体罰の相手に対しておとなしくいうことをきくようになるかもしれません。

しかし、場面や相手が変われば突然攻撃する、というような行動をとることもあります。

しつけに体罰を使う方法は、メリットよりデメリットが上回ることがわかっています。

くれぐれも体罰でのしつけはしないこと、それよりも信頼関係をしっかりと築いて丁寧にしつけをすることが何よりも大事です。

体罰は、子犬と飼い主さんとの関係を壊し、さらに子犬の心身を壊し、決して効果的なしつけ方法ではありません。

【体罰の影響について】

叩くというしつけが及ぼす影響 その方法は子犬に有効か?

子犬の噛み癖は、何を噛んだらいけないのかがわかっていないところに、歯牙脱換期の生理的に噛みたいという理由が重なって、それが噛み癖に発展していくケースが多いと考えられます。

子犬の為にも、少しでも早く、噛んでよいものといけないものを教え、噛み癖を修正するしつけをしてあげて下さい。

噛んではいけないもの、特に人間を噛まないしつけをきちんとするのは、飼い主としての義務であり、犬を加害者にしない為でもあります。

ただ、噛み癖の原因の見極めが間違っていると、しつけ方法も的外れになることがあります。

もしも、脳に何らかの病気があり、理由もなく発作的に噛むという症状は、珍しいですがないわけではありません。

この場合は、必要なことはしつけではなく治療です。

噛み癖に対して、不安がある場合は、こじれる前にしつけの専門家や獣医師のアドバイスを早期に受けるようにして、咬傷事故を未然に防ぐようにして下さい。

 

まとめ

噛み癖はできるだけ早期に対処し、子犬のうちにしつけで修正することが大事です。

歯牙脱換期が終わっても、一度ついてしまった噛み癖が自然になくなることは期待できません。

子犬の頃には、それほど重大なことに感じない飼い主さんも多いと思いますが、重大な咬傷事故は犬もその関係者全ても不幸になります。

飼い主さん自身の対応が難しければ、早期に専門のトレーナーのアドバイスを積極的に受けることも必要かと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

そのしつけ方は本当に大丈夫?子犬の首をつかむ方法

犬のストレス解消にお勧め 夢中になれるおもちゃ8選!


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"