いつでも注目!子犬がアイコンタクトできる時期としつけ方法

子犬のしつけをする時には、まずアイコンタクトができることが必要です。

そういう意味では、アイコンタクトは子犬のしつけの順番で優先的なしつけです。

今回は、子犬のしつけには必須のアイコンタクトが可能になる時期や方法について解説したいと思います。

スポンサーリンク

アイコンタクトのしつけはどのような必要性があるのか?

アイコンタクトのしつけとは、子犬が飼い主さんの指示で視線を合わせることができるようになることです。

子犬が飼い主さんに注目できるようになると、その後に続く指示に集中させることができ、スタンバイできるようになります。

アイコンタクトが増えてくることで、集中力がアップし、指示を的確に聞き分けられるようになります。

アイコンタクトは、飼い主さんと子犬の間のコミュニケーションの基本なのです。

これから順番にいろいろなしつけをしていくにも、飼い主さんとアイコンタクトできて、飼い主さんに注目できることがスタートになります。

また、子犬が外に出られる時期になったら、常にアイコンタクトを取りながら行動することで、その動きをコントロールでき、危険なことからも守ることができます。

「そっちに行ってはいけない」「飛びついてはダメ」というような制止が必要な時でも、アイコンタクトが取れていると、その合図をスムーズに伝えられるのです。

外で他の犬に遭遇した時にも、アイコンタクトで飼い主さんに視線を集中させておくことで、犬同士が視線を合わせるような、危険な状況を回避することもできます。

犬同士視線を合わせる行動には、飼い主さんとのアイコンタクトとは違う、犬同士ならではの別な意味を持つことがあります。

友好的なアイコンタクトとは全く逆の、敵対を意味する危険なにらみ合いのことがあるのです。

飼い主さんに注目させて、こちらの指示に集中させることができれば、そのような緊張した状況になるのを避けることもできます。

何よりも、子犬が飼い主さんに注目し、その目を見つめている行動は、あふれんばかりの信頼感が伝わってきます。

スポンサーリンク

アイコンタクトと幸せホルモンとの関係

アイコンタクトで築くことができる犬と人間との信頼関係についての研究がなされ、2015年、それには科学的に根拠があることが証明されました。

ヒトとイヌの共生は1万5千年から3万年前に始まるとされている。従来イヌはヒトの最良の友と言われてきたが、その両者の絆は科学的な研究対象として扱われて来なかった。

今回、両者の関係性が、哺乳類の母子間に共通に認められるような、オキシトシンと視線を主としたアタッチメント行動のポジティブループによって促進されるものであることを明らかにした。このポジティブループはオオカミとでは認められなかったことから、進化の過程でイヌが特異的に獲得したものであることも明らかとなった。

このようなヒトとイヌの異種間における生理学的な絆形成の存在は、イヌの優れた社会的能力を示すものであるとともに、イヌと生活環境を共有するヒトの社会の成り立ちの理解の手がかりになることが期待される。

本研究は麻布大学、自治医科大学並びに東京医療学院大学の共同研究で行われ、Science(2015年4月16日号)に掲載予定である。

出典元 https://www.azabu-u.ac.jp/pub/topics/2015/0417_8252.html

ここで出て来るオキシトシンという物質は、脳下垂体後葉から男女関係なく分泌されるホルモンのことで、特に人の出産後の時期などに盛んに分泌されます。

出産後、または赤ちゃんへの授乳時期などに赤ちゃんと密着する行為によって、母親の体内にはこのオキシトシンというホルモンが多量に増えます。

このホルモンが増えることによってさらに愛着行動が高まり、これが母親と赤ちゃんの関係を深めるのに重要な役割を持つと言われてきました。

他にも、スキンシップやマッサージ、リラックスする場での会話などでもオキシトシンが反応します。

オキシトシンが増えることでストレスが減り、幸せな気分に包まれるようになることから、このホルモンは幸せホルモンとも呼ばれます。

この幸せなホルモン「オキシトシン」は、愛犬とのアイコンタクトにおいて、飼い主さんの方にも犬の方にも増えるということが実証されました。

つまり、犬と飼い主さんのコミュニケーションは人間の母子と同様であるということであり、それほどに高度なものであると言えるのです。

子犬とアイコンタクトが取れるようになることでその関係は深まり、その時期から子犬は飼い主さんに対して安心感と信頼を持って飼い主さんを見つめます。

飼い主さん側もまた、幸せな気持ちで子犬と接することができるようになり、しつけもスムーズに進めていけるようになります。

アイコンタクトのしつけ方法

アイコンタクトが取れるようになるしつけの時期は、子犬の名前が決まればさっそく始めることができます。

いろいろなしつけの時期の前に、まずアイコンタクトができるようにして、それから順番に他のしつけを進めていきましょう。

子犬の名前を呼べばすぐに飼い主さんの方に注目し、アイコンタクトが取れるようにするのです。

この時期には、「名前を呼ばれるのはいいこと」「この名前はHAPPYなことにつながっている」と子犬がポジティブなイメージを持てるようにしつけをしてあげて下さい。

目と目が合うことは偶然の賜物です。

その偶然をご褒美と関連づけてインプットさせるのです。

しつけの方法は、子犬の名前を呼んでからご褒美をあげて下さい。

これを繰り返していると、名前を呼ばれるのは何かいいことがある合図であると覚えていきます。

そして次に、名前を呼んだらアイコンタクトができるようになるしつけをします。

子犬の傍でご褒美のおやつを持って準備しておき、目が合ってない時に子犬の名前を呼びます。

名前を呼ばれて子犬が飼い主さんに注目し、偶然にアイコンタクトができた時には、すぐに褒めてご褒美をあげて下さい。

目が合うタイミングで褒めないとご褒美とは結びつかないので、タイミングをはずさないようにしましょう。

このようなしつけを繰り返し、子犬がアイコンタクトを上手にできるようになったら、もう次のステップに進んでもよい時期です。

わざとご褒美を飼い主さんの目の位置と離したところに掲げて見せ、子犬がそちらに集中して飼い主さんから視線がはずれるように設定し、子犬の名前を呼びます。

名前を呼ばれたことに反応してアイコンタクトが取れたら、褒めてご褒美をあげましょう。

このしつけを繰り返し、これでもアイコンタクトできるようになれば、もっと難しい状況の中でのしつけに進めてもよい時期です。

屋外での散歩の時などにも同じようにしつけを行います。

屋外では、室内のように限定された環境ではなく、子犬にとって魅力的な、興味深い情報がたくさん視界や音として入って来ます。

そんな中でも、飼い主さんから名前を呼ばれたら、それを優先して注目できるようにしつけます。

ご褒美の内容も、おやつという具体的な物から少しずつ、言葉やスキンシップという形にシフトしていけるとよいです。

子犬の名前をネガティブなイメージにしない

子犬の名前を呼んでから怒鳴りつけるなど、名前を呼んだ後に子犬にとって嫌なことをしてはいけません。

子犬が、名前を呼ばれることをネガティブなものととらえないようにして下さい。

名前に対するイメージが不快なことになってしまうと、名前を呼ばれることがそこに結びつくようになり、呼ばれると怖がるなど、アイコンタクトがうまくいかなくなる原因になります。

 

まとめ

偶然の出来事を条件付けしてしつけていく為には、その偶然を待つ根気が必要となります。

オキシトシンは人間の産科分野でも重要なホルモンです。

母子の大事なスキンシップである授乳の刺激により分泌され、それが子宮を収縮させお母さんの回復を促すということは有名です。

人間と犬のアイコンタクトでオキシトシンの名前が出て来るのはとても興味深いと思います。

それは子犬を優しく撫でている時などにも増えるのだそうで、関係を深めていくことで一緒に幸せな気分に包まれるというのはとても素敵なことですね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

子犬のしつけには必要なもの?おやつというごほうびの考え方

デメリットも調べよう!ペッツベストのペット保険・口コミ評判

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!