子犬が長時間トイレを我慢する時に問題となる3つのこと

幼齢の子犬はトイレの回数も多いのが一般的で、我慢するよりも、我慢できず粗相することの方が、しつけの時の問題として取り上げられがちです。

しかし、子犬が長時間トイレを我慢することを心配している飼い主さんもいらっしゃるようです。

子犬がトイレを我慢するのはどういう状況で、どんな問題が生じるのかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

子犬のトイレの間隔 我慢できるのは何時間?

まだ本当に幼い、生後1~2か月くらいの子犬は、トイレも少しずつ頻回にあるものです。

おしっこは1~3時間おきで、1日の回数では7~20回くらいになり、うんちの回数は1日に5回前後くらいが標準と考えられます。

大人になるにつれて、一回の量が次第にまとまったものになってくるので回数も減り、トイレの間隔も開いてきます。

1日の回数にすると3~4回になり、犬によっては朝夕の散歩時の2回だけということもあるようですが、室内で飼われている小型犬などはやや多い傾向にあります。

子犬トイレを我慢する限界の時間の目安になるのが「その子犬の月齢+1時間」という計算の方法です。例えば5ヶ月齢の子犬をこの計算方法に当てはめると、「+1時間」で6時間が我慢の限界時間の目安ということになります。

我慢できる時間には、犬種や体格などの個体差もあるので、その子犬の排泄パターンを一度調べてみて、排泄の時間帯などを把握しておくと良いと思います。

なぜ子犬はトイレを我慢するのか?

子犬には5ヶ月齢くらいから少しずつテリトリー意識というのが芽生え始め、自分のテリトリーというものが決まって来ます。テリトリーを意識し始めると、寝床などの自分の生活エリアとトイレとを区別するようになってきます。

その頃になると、自分の寝床を汚すことは好まなくなりますので、クレートが寝床などになっていてトイレときっちり隔離された環境なら、クレート=寝床に入っている時間は、そこで排泄することはせず我慢して過ごします。

普段サークルの中で過ごしている子犬が、サークル内で排泄せずに何時間も我慢しているのであれば、それもクレートと同じ理屈になり、その場所は子犬にとってトイレではなく、生活する場所という意識があり、汚したくないということが考えられます。

また、子犬は遊んだ後など、体を動かした時にトイレに行くことが多いと思います。動いたり運動したりすることは内臓を刺激するので、排泄にも繋がりやすいのです。

反対に、動かずじっとしているだけの時間はあまり内臓も刺激を受けないので、排泄をしなくてもある程度は我慢できるということになります。

犬には、野生の時代からの習性で、自分に害を及ぼすような危険な敵には見つからないようにしなければならず、隠れている間は長い時間でもトイレも我慢していたので、その情報がDNAに組み込まれているとも言われます。

捕獲された野犬などは、人間を警戒して水も飲まなければ排泄もせず、かなり長い時間、丸一日でも我慢するということも珍しいことではないようです。

しかし、それは危機的な状況下のことで、人間と暮らしている犬が日常的にそんなにトイレを我慢していたとしたら、それはとても不自然なことです。

人間もその場の状況によってトイレに行く回数が変わったりしませんか?仕事中など、トイレに行くことができない緊張感のある状況下では、気づいたら長時間トイレに行かなかったり、リラックスできる時には安心して何度も行ったりするというようなこともあるのではないかと思います。

子犬にも同じことが当てはまります。環境に合わせたトイレ習慣になっているのかもしれません。

あるいは、子犬には以前室内での粗相を叱られたことがあり、強烈に印象に残っていて、室内では排泄したらだめなのだと間違って学習している可能性もあります。

スポンサーリンク

長時間トイレを我慢することによる子犬の健康の問題

それでも、トイレを長時間我慢することを重ねていると、子犬が膀胱炎になったり、また尿路結石ができやすくなり、泌尿器系の病気になってしまう恐れがあります。

本来は、おしっこで定期的に流れていくはずのものが、長時間膀胱に貯留したままになります。

流れが滞ってしまう時間があまりに長いと、細菌感染が起こりやすく炎症を起こすリスクが高まります。

そしてそれらの病気にはひどい痛みもあるので、その苦痛の為によけいにおしっこが出せなくなることもあります。またおしっこが溜まっている時間が長いと結石もできやすく、それがおしっこの通り道を塞ぎ、一気に重症化してしまうということもあります。

また、トイレを我慢していることがストレスになって他の病気を引き起こすきっかけになるかもしれません。

子犬が長時間トイレを我慢したままで過ごすことは、子犬の健康に少なからず悪影響を与える可能性があります。

子犬のトイレの回数が極端に減ったり増えたりした場合には、おしっこが出せないような病気がないかも疑ってみた方が良いでしょう。

長時間トイレを我慢することによる留守番の問題

留守番のある家庭の場合、子犬が飼い主さんの帰宅まで、長時間ずっとトイレを我慢しているようでは、飼い主さんも困ることがあると思います。

留守番の間、必要な時には家の中でトイレができるようにしていなければ、飼い主さんの帰りが遅くなる場合などには対応が難しくなります。

子犬に長時間の留守番をさせることは決して好ましくはないですが、飼い主さんの生活パターンに子犬もある程度歩み寄れる習慣をつけておかなければ、共に暮らすことが飼い主さんも子犬も辛くなってしまいます。

長時間トイレを我慢することによる散歩の問題

子犬が散歩のデビューを果たした後に、完全に外トイレにシフトしてしまい、室内のトイレでは一切しなくなったというのもよく聞きます。

飼い主さんの体調が悪かったり、天候があまりにも悪く外に出ると危険な時など、やむを得ず散歩を中止しなければならないことも、今後あるかもしれません。子犬自身が病気になることもあるし、怪我をして安静が必要になり、散歩に出られない時期がないとも限りません。

アクシデントがあった時、室内ではなかなか排泄できず何時間もトイレを我慢する、どうしても外でなければというような習慣では子犬も飼い主さんも困ると思います。

この状況で本当に困ったことがある飼い主さんは実際にいます。

普段はトイレの習慣が散歩時間に結びついていても特に問題ないですが、外に連れ出せない不都合が起こった時には、室内トイレもしつけておいた方が、子犬も飼い主さんもお互いに楽です。

子犬にトイレを我慢させないためには

子犬にもう一度トイレのしつけをやり直し、外と室内の両方のトイレを教えてあげましょう。

散歩で外トイレは当たり前のようにとらえられがちですが、本来は散歩とトイレを関連付けてない方が望ましいのです。

【散歩とトイレの考え方について】

犬の散歩は気持ちよく!トイレやリードのマナーは大事!

子犬に、シートの上をトイレと認識させて排泄させる誘導をし、できたら褒める、ということを根気よく繰り返すことが大事です。子犬がシートを使えるようにしつけてあげて下さい。

クレートを使うと、クレート=寝床と位置付け、子犬もトイレとの区別がしやすくなります。

トイレの場所を寝床は少し離したところに準備し、時間や排泄のサインを意識しながら、タイミングを見計らって誘導しましょう。そして、できたら褒める、ご褒美をあげる、など子犬に褒められることがわかるような嬉しいことを繰り返して下さい。

子犬の我慢の限界時間を目安に、必ずその時間内で誘導するようにしましょう。

もしサークル内にトイレを設置する場合は、できるだけサークルを広くして、寝床とトイレのエリアをきれいに分けてあげて下さい。最初からエリアが分けられたサークルなどもありますが、とにかくトイレエリアが理解しやすければよいと思います。

時間を見計らって誘導し、できたら褒めるの繰り返しのしつけです。さらに、合図の言葉(コマンド)を子犬に覚えさせておくと後々便利ですので、排泄の最中に同じ言葉をかけ続けてコマンドとして教えます。

コマンドが使えると、声かけで排泄を誘導することが可能になるので、室内のトイレを習慣づけやすくなると思います。

 

まとめ

子犬が散歩の時間に決まってトイレをするようになったのもひとつの習慣づけであり、しつけの結果身に着いたものなのです。

しかし、そのせいで、もし限界まで我慢させることになる日常になってしまい、支障をきたすようなら、今のうちに室内トイレも教えてあげましょう。

子犬が我慢の限界時間を越えずに室内のトイレも使えるようになり、さらに合図で誘導できるようにしておくと、多様な状況に対応できて子犬も飼い主さんも楽になります。

室内で排泄しない習慣が、トイレを我慢する原因になっていると考えられるようでしたら、室内のトイレを使えるようにトレーニングをやり直しましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

カンファペットは安心安全な除菌消臭剤?成分と効果を確認

SNSの口コミで人気?Furbo(ファーボ)ドッグカメラの評判

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

私のおすすめ

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!