子犬にご飯をあげる時に「待て」のしつけ どうやって教える?

ご飯の時間になると、もう待ちきれない!という勢いの食欲を見せる子犬は、元気で何となく頼もしいですね。

ご飯を前にして「待て」を教えている飼い主さんは結構多いのではないでしょうか?

これも、もちろん「待て」なのですけど、厳密に言えばこれだけではちょっと意味が違ってきます。

今回は、ご飯の時の「待て」のしつけについて解説します。

子犬に「待て」のしつけをすることの効果

子犬に「待て」のしつけができると、どんな場面でどう役に立つのでしょうか。

「待て」のしつけは何の為にあるのでしょう?

「待て」は、それを解除する意味の「よし」とセットでのしつけをすることが通常です。

犬は、飼い主さんが「よし」と許可するまでは、「待て」と指示をされたら動作を抑制して待たなければいけません。

例えば、飛び出すと危険な場所や信号などで犬の動きを止めたい時、人や他の犬に飛びつこうとする兆候がある時などに「待て」という指示で行動を制止できるようにしていれば、危険な場面を回避することができます。

「待て」はこのように行動制止のしつけです。

もちろん、ご飯などの食べ物を前に「待て」という命令が有効なしつけがなされていれば、散歩中に道に落ちている食べ物に子犬が興味を惹かれても、それを制止することができ、危険なものを誤って食べたりすることを咄嗟に止められて、トラブル回避が可能になります。

【マテのしつけ】

上手に待てるかな?子犬にわかりやすい「待て」のしつけ

子犬のご飯の時に「待て」のしつけが可能?

それならやっぱり、子犬のご飯の時に「待て」をしつけして、ご飯の時にいつも待てるようにしていると役に立つということになると思うのですが、そこは少し違っているのです。

実は、ご飯の時の「待て」は、正しくは「おあずけ」を意味しています。

もちろん、ご飯を前にした場面での「待て」には違いないのですが、その場面だけで「待て」を教えても本当の意味の「待て」にはならないのです。

毎日同じ状態で「待て」ができるようにしても、それだけではいつも場面が変わらないので、ただ食事の習慣として身につくということに過ぎないのです。

本当の「待て」の指示は、咄嗟に、いつでも、緊急時にも、その号令がかかると犬は行動を制止しなければなりません。

室内でも屋外でも、条件が変わっても「待て」の指示で止まらなければならないのがこのしつけです。

解除の指示でご飯が食べられることが前もってわかっている、「おあずけ」の習慣とはそこが違うのです。

ご飯に関係なく、子犬に「待て」のしつけがきちんとできている上で、さらにご飯を前にした時にも「待て」でおあずけができるのであれば、そのしつけは正しいと言えます。

しかし、ご飯の時に「待て」がしつけられているだけで、ご飯の時以外はしつけられていないのならば、それは本当の「待て」ではなく、ご飯を前にした時の習慣としておあずけができる、ということになります。

そのような理由から、子犬に本当の意味での「待て」をしつけする時には、ご飯の時だけに限定するのではなく、別にその機会を設定しなくてはいけません。

様々な場面で子犬が「待て」の指示に従えるようになって、ご飯という、子犬にとっての大きな魅力の食べ物を前にした時にも同じ指示が可能になることは、その先とても役に立つことです。

子犬には日常的に食べ物の誘惑はとても多く、そしてそれによっての事故も多いからです。

食べ物は飼い主さんが「待て」を解除して初めて食べられる、というようにしておくと安全に過ごすことができるでしょう。

ご飯の時に「待て」をしつける方法

「待て」と「おあずけ」は違うということから、まずは子犬に正しく「待て」のしつけをすることが必要です。

「待て」のしつけができたら、ご飯の時という、これもひとつの設定場面と考えたしつけをすると、その後子犬も迷うことがなく、また偏って覚えることなく「待て」が完成されます。

きちんと「待て」ができるようになると、要はその応用になりますので、ご飯の時の「待て」も簡単にできるようになるでしょう。

実際にしつけの方法についても、その前提があればとても単純です。

まず子犬をおすわりの指示で座らせます。

そして目の前にご飯を置き、「待て」と指示し、アイコンタクトを取ります。

この時にアイコンタクトを取りやすいように、飼い主さんの目の高さにフードをかかげて子犬の視線を誘導し注目させるようにしてもいいでしょう。

そして子犬が「待て」をできたら、3秒ほど数えたらすぐに「よし」の指示で解除してご飯を食べさせてください。

食べ物は飼い主さんの指示を仰ぎ、飼い主さんが許可すれば食べることができる、ということをしつけるのが大事で、「待て」をさせて長い時間引っ張る必要はありません。

これをやってはだめ!

ご飯を前にして「待て」をあまり長い時間させると、子犬は次第にご飯に対する執着を高めていってしまうようになり、飼い主さんに対しても不信感を持つようになってしまいます。

「待て」のしつけでは、できると褒められておやつがもらえるのに、ご飯の時の「待て」になるとただご飯を食べさせてもらえないだけなので、本来、ご飯の時に「待て」のしつけは好ましくないとするトレーナーや獣医師もいるようです。

ご飯をご褒美にするのではなく、ご飯はご飯として食べさせ、ご褒美にはおやつを別に準備しておくと、子犬のご飯への執着を避ける効果があるようです。

 

まとめ

子犬のご飯の時の「待て」は、本来の「待て」の中に含まれる「おあずけ」という一部であり、その場面だけで「待て」のしつけをしても、本当にその指示を理解していることにはなりません。

それは、毎日のご飯の時の習慣ということになります。

しかし食事のマナーを教えることもまた大事なことですので、その習慣は無駄ではありません。

ただ、ご飯を前に長い時間の「待て」をさせたり、できなくて何度もやり直したりというようなやり方をすると、執着心を植え付けることになってあまりよくないようです。

そのようにして「おあずけ」にこだわるのではなく、他の様々な場面での本当の「待て」のしつけを丁寧に行う方が、効率的と言えるでしょう。

散歩の時の道に落ちている食べ物以外にも、日常の環境の中にはおいしそうな人間の食べ物が置いてあったりして、子犬の興味を刺激する場面は多いと思います。

食べるというのは本能ですから、子犬にとっては自然なことです。

しかし人間の食べ物の中にも子犬にとっての危険なものはたくさん存在しています。

それを誤食するというような事故を回避する為にも、何かを食べることには全て飼い主さんの許可をもらう、というように行動できることがこのしつけの目的だと思います。

「待て」のしつけはまず他の機会にきっちりと行い、その上で、ご飯の時の「待て」は、ご飯を前にして長い時間食べさせないということではなく、食べ物を食べる前には飼い主さんの許可が必要と覚えさせること、という理解で行うようにすると良いと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

いつでも注目できるしつけ!子犬がアイコンタクトできる時期

すぐに覚えられるしつけ!子犬におすわりを教えよう!


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"