すぐに覚えられるしつけ!子犬におすわりを教えよう!

おすわりの姿勢は子犬にとっては自然な姿勢であり、特別に指示を与えなくても、その姿勢でいるところは普通に見ることができます。

その為、おすわりは比較的教えやすいしつけです。

子犬に、おすわりの姿勢を誘導するしつけができると、具体的にどんな場面で役に立つのでしょうか?今回は、おすわりのしつけの意味としつけの方法についての話です。

スポンサーリンク

おすわりのしつけにはどんな意味がある?

おすわりは、すべての動作の基本になる姿勢です。

その他の全ての動作と連動させることができて、子犬が指示待ちする時に必須となる姿勢です。

子犬がおすわりやお手ができるようになることを芸を覚えさせることのように捉えがちなのですが、おすわりのしつけは子犬に芸をさせるようなものではなく、重要な意味のある動作です。

おすわりそのものはわざわざ教えなくても、子犬が自主的に、当たり前にできる姿勢であり、ごく日常的な姿勢です。これを合図とうまく結びつけることさえできれば、このしつけはすぐマスターできます。

飼い主さんの指示でこの姿勢を意図的に取らせるのが可能になることは、子犬の行動をコントロールし、制御も可能になる、ということを意味しています。

おすわりのしつけとは、犬のしつけの中で、行動に抑制をかける種類のしつけのうちのひとつになります。

おすわりができるとどんな時に便利?

たとえば、子犬が、訪問者や散歩中などに他の犬と遭遇した時、遊ぼうとして興奮して、もしかしたら相手に飛びついたりすることがあるかもしれません。

あるいは何か興味をひくものが目に入り、それを追いかけて突発的に、飼い主さんの思わぬ方向に飛び出そうとするかもしれません。

そのような行動は、事故に繋がるかもしれず、または自分が怪我をする、あるいは相手を怪我させることに繋がる可能性があります。

危険な行動を制止しようとする時、このおすわりのしつけができていれば、その場ですぐに飼い主さんが指示を出し、子犬の行動に抑制をかけることも可能になります。

おすわりの指示によって子犬はその危険な行動を制止し、次の指示を待つ体勢に入るのです。

また、おすわりのような行動抑制の指示は、主従関係を自覚させるという意味もあります。

犬に何らかの訓練を行う場面においても、おすわりが基本姿勢であり、とても重要なものです。

スポンサーリンク

子犬におすわりを教えよう!

それでは、実際に子犬におすわりをしつけてみることにしましょう。

子犬は普段から何気なくおすわりの姿勢をとっていることが多いと思います。

その全てがしつけのチャンスになるので、ポイントさえわかっていれば楽に教えることができて比較的簡単にしつけられます。

しつけのポイント

おすわりのしつけをうまく進める為のポイントとして、まずはアイコンタクトができること、きちんとコミュニケーションがとれることが大切です。

【子犬とのアイコンタクトについて】

いつでも注目できるしつけ!子犬がアイコンタクトできる時期

アイコンタクトは、どのようなしつけをするにしても必要になってきます。おすわりも例外なく、アイコンタクトが取れなければ指示を理解させるのが難しいので、まずはアイコンタクトがうまくいくようにしましょう。

アイコンタクトは、子犬の名前を呼び、目が合うたびに褒めてごほうびをあげることを繰り返し、目が合う機会が増えるようにします。

子犬が自分の名前を呼ばれることで振り向いたり、呼ばれる方へと行けば、おやつをもらえて褒められるといういいことがある、ということを最初に覚えさせます。子犬の名前の音の響きと子犬の嬉しいことがリンクするようにするのです。

そうやってアイコンタクトができるようになったら、次におすわりのしつけが可能になります。

おすわりの指示に使用する言葉は「おすわり」でも「すわれ」でも「シット」でもかまわないのですが、毎回統一して、また家族内でもしつけの時には同じ言葉を使うようにしましょう。

指示をする時は、子犬がわかりやすいようにはっきりとした口調で発音します。

そして、しつけはあまり長い時間かけないようにしましょう。子犬が次第に疲れて集中力がなくなり、そうなると効率が悪くなるので、一度に15分以上はかけないようにした方が無理がないです。

しつけの進め方

まずおやつを手に持って、子犬と向かい合って立ちます。

そのおやつを見せて子犬の気を引いて、その手を子犬の鼻の上にかざし、匂いを嗅がせてそのまま頭上に持って行きます。

子犬がおやつに釣られるようにして、おやつを持った手に注目させておやつの位置をあげていくのです。

自分の目線より高い位置におやつがあると、子犬は上を向く形になり、お尻に重心が移って腰を落とし、自然とおすわりの姿勢になります。

まさにその姿勢になった瞬間に「おすわり」の指示の言葉をかけて下さい。そしてそのおやつをごほうびとして子犬にあげて、スキンシップと言葉でしっかり褒めて下さい。

このしつけを繰り返し、おやつの誘導でおすわりができるようになってきたら、今度はおやつを持たない手にも注目できるようにします。

飼い主さんの手の動きと指示の言葉だけでおすわりできるようにしつけましょう。そしておすわりができたらおやつをあげて、たくさん褒めてあげましょう。

指示で使う言葉と同時に、手の動きも毎回同じものを決めておき、しつけの時には同じように動かすようにすると、その手の動きとおすわりの動作に関連性を持たせることができるようになります。

他にも、首輪とリードを付けてしつける方法もあります。

子犬にリードを付けた状態で、飼い主さんは子犬の横に位置を取り、リードを短く持ちます。

おすわりの指示の言葉をかけながら同時にリードを軽く引き、もう片方の手で子犬の腰を軽くタッチして、すわる動作を促します。おすわりの体勢が取れたらごほうびをあげて褒めてあげましょう。

しつけが完成し、安定しておすわりができるようになってきたら、おやつを使う回数を少しずつ減らしていくようにし、最終的には指示の言葉と手の動作だけでおすわりができるようにしていきましょう。

おやつを減らしていきながら、その分スキンシップと言葉で十分に褒めるようにして下さい。

これをやってはダメ!

おすわりと言って無理やり子犬のお尻を押さえつけてすわらせようとすると、このしつけを子犬が嫌がるようになってしまいます。無理強いはしないようにしましょう。

触る時には優しく合図をするようにタッチして下さい。

もしもうまくおすわりできなくても、叱らないで、気長に教えていって下さい。

うまくいかない時には何か理由があるはずです。

 

まとめ

しつけの前の段階で、自然におすわりしている普段の子犬の姿を見かけた時はいつもそれを褒めるようにしていくと、子犬は次第にその姿勢が褒められる姿勢であると理解するようになり、しつけに誘導するのもスムーズになると思います。

そして、何よりもしつけの上ではアイコンタクトができることが重要です。

しっかりコミュニケーションをとって信頼関係を築き、アイコンタクトが可能な状態にしておきましょう。

また、リードを付けたしつけの方法は、リードを付けられることに不慣れな状態ではまだ無理なので、あまりにも幼い子犬には向いてないと思われます。

それぞれに合う方法でゆっくり教えてあげて下さい。

おすわりは、比較的教えやすいしつけだと思いますので、焦らず、子犬と一緒にゲームのように楽しみながら、優しく教えてあげると良いのではないでしょうか。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

上手に待てるかな?子犬にわかりやすい「待て」のしつけ

子犬が来たら教えたい!しつけはいつから始められる?

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!