散歩中の犬の問題行動 他の犬に吠える時のトラブル防止対策

家ではそれほど吠えないのに散歩で外に出た途端、他の犬に出会うたび吠えてしまう、というのは飼い主さんの悩みの種になっていることがあります。

吠えてしまうので他の犬の飼い主さんとのコミュニケーションも思うように取れず、散歩している人とすれ違うたびになんか申し訳ない気持ちもわいてきます。

どうすれば散歩中に他の犬に会っても吠えることなく穏やかに過ごせるようになるでしょうか?

今回は、散歩で吠える理由は何か?ということから考えてみましょう。

スポンサーリンク

散歩中に他の犬に吠える理由は何?

外の世界は家にいる時に比べたら刺激的なことがたくさんあります。家にいれば穏やかに過ごせても外では興奮する材料が多くあって、それが吠えることにも繋がります。

散歩中に他の犬に吠えるのはもともと興奮しやすくテンションが高まりやすい性格が原因になっている場合もあります。

または恐怖心から他の犬への威嚇で吠えるということもあります。恐怖から、こっちへ来るな、自分に近づくなと唸り声をあげ、吠えて遠ざけようとしているのです。

そして吠えることで安全を得られているのを学習しているので、散歩のたびに他の犬を見たら吠えるという行動をとり、大抵、とても怖がりな性格です。

あるいは、飼い主を守ろうとして吠えるということもあります。自分が飼い主の前に行き、他の犬に飛びかからんばかりに吠えるという行動をとる場合はこのような理由であることがあります。飼い主さんのことは自分が守らなければならない存在と思いこんで頑張ってしまうのです。

そして、散歩でこのように吠えるということは外でうまくリラックスできず、人や他の犬に慣れていない、社会性が不足していることが原因となっていることが多いです。

子犬の時には社会化期という様々な外的刺激を体験し人間や他の犬との関わり方を学ぶに適した時期があります。その時期はとても短いですが、恐怖や警戒心よりも好奇心が勝っている重要な時期であり、そこで体験したことは、その後、一生の中での安心感となりストレス耐性を高めてくれる強い土台となります。

しかし、この社会化期に様々な遊び、人間や他の犬との関わりが十分できないと安心感を身に付けられず、刺激に対して警戒心や恐怖心が強く、吠えるという行動が起こりやすくなります。

【子犬の社会化期についての参考記事】

子犬と一緒に通いたい!しつけ教室にはいつから参加できる?

これは間違い!ますます吠える

吠えると飼い主さんも何とかしようと焦って叱りつける、そんなことお構いなしに吠える、飼い主さんはもっと声高く叱る、で、このパターンは収拾がつかなくなりがちです。

飼い主さんが落ち着かないなら犬も落ち着かないものです。吠えるのを黙らせようと大声を出すのはかえって逆効果です。

吠えるのをやめさせる、だまらせる、ということに集中するのではなくて、その時にいかにして落ち着かせるのかを考えなくてはいけません。

また、慣れさせようとして散歩中にあえて積極的に他の犬に近づけるとか、早く仲良くさせようと焦るのはよくありません。恐怖心で吠える犬にとって、怖いものは怖いのです。

一気に怖い対象に近づけようとすると恐怖心をあおりトラブルに繋がる可能性もありますので、根気よく少しずつ環境に慣らし習慣を変えていくようにしましょう。

スポンサーリンク

散歩中に他の犬に吠える場合の対策

吠えるのが子犬なら、テンションの高さもいずれ年齢とともに落ち着いてくる可能性はあります。

散歩が可能ということはワクチンも全て終了している月齢になりますので、すでに社会化期を過ぎてしまっている時期ではありますが、まだ環境への適応も柔軟です。性格形成も出来上がっていないので社会性を養うには十分に期待もできます。

成犬でも、少しずつ習慣を変えていくことは可能です。しかしすでに形成されたものが固まってしまっているので、根気が必要ですし時間がかかると思っていた方がよいでしょう。

犬を制止できるしつけを確立する

まずは吠えるのをやめさせるというより、を落ち着かせることができるしつけを確立させましょう。

制止という種類のしつけは「おすわり」「待て」「ふせ」などです。これらの基本姿勢のしつけが確立されていると、その後に続く指示を待機する状態になるので、動きをコントロールしやすくなります。また、アイコンタクトで飼い主さんに注目させるということがうまくできている必要があります。

【制止のしつけの参考記事】

いつでも注目できるしつけ!子犬がアイコンタクトできる時期

すぐに覚えられるしつけ!子犬におすわりを教えよう!

上手に待てるかな?子犬にわかりやすい「待て」のしつけ 

もし他の犬が近くに来たら、この制止の指示を出し、できたらおやつをあげるというようにすると、他の犬と嬉しいことがリンクされることになり、嫌なイメージが薄らぐことになります。

できるだけ他の犬との接触を避ける

しかし、狭い道で他の犬と距離が近くなるのは緊張感が高すぎますので、できるだけ幅に余裕のある道を選んでおき、近づきすぎないで済むようにして下さい。

また、慣れるまではできるだけ他の犬と会うような散歩コースは避けて、まずは散歩でリラックスできるようにしてあげることも大切です。他の犬の存在に過剰反応して吠えるのをとりあえず落ち着かせたい場面では、飼い主さんは大声を出したりせず、落ち着いて犬の前にまわりこんでさりげなく視界を覆うようにさえぎると良いです。そして落ち着くことができたら褒めてあげましょう。

成犬で他の犬に対する恐怖や警戒心を過剰に持つ場合はそう簡単に慣れるものではないですので、他の犬の存在を見つけたら、場合によってはコースを変更して立ち去ることも必要になります。

散歩中に吠える機会をあえて作らないという工夫も大事です。

他の犬の存在に慣らす

吠えられてもあまり動じない性格で社会性の高い穏やかな犬の飼い主さんにお願いして、同じ道で距離を離して散歩をすることに慣らしてみましょう。

いきなり近づけて一緒に散歩をするのではなく、散歩中に視界に入るというくらいの状況を作ります。そしてその環境に慣れてきたら、もう少し距離を近づけてみるようにします。

散歩中にいちいち威嚇したりする必要はない、怖くないという体験を少しずつ積み重ねていってみて下さい。

他の犬に吠えられた場合

もし散歩中に、逆にこちらが吠えられる立場になった場合は、距離を近づけずできればルートを変更して立ち去った方がベターです。

吠えられて煽られこちらも吠えることで、思いがけないトラブルに発展するかもしれませんので、緊張感のある場面は回避した方が安全です。

また、吠えられると他の犬への恐怖心がより大きくなってしまうかもしれません。できるだけ穏やかに楽しく散歩できるようにしてあげて下さい。

 

まとめ

散歩の時に他の犬に吠えるのは警戒心が強く臆病な性格の傾向があり、それは社会化期にコミュニケーションをあまり経験してないことが理由である場合も多いです。

成犬の場合は、それを変えていくには多少時間がかかり根気が必要ですが、制止しコントロールできるしつけを確立させ、一方で穏やかでおおらかな性格の犬友達の協力を得られればベストです。散歩中に他の犬がいても大丈夫という状況に少しずつ慣れていけるようにしてあげましょう。

そして散歩中に吠えるような状況を作らない工夫も大切です。そのためには散歩コース選びなども重要なことになります。

また、うまく他の犬と遭遇しないようにかわしていきながら、あくまでも飼い主さんは毅然として頼りになる存在であり、飼い主さんを守らなければいけないのではなく、飼い主さんに注目していれば大丈夫なのだという安心感を与えてあげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬の散歩は気持ちよく!トイレやリードのマナーは大事!

歩かない理由は何?歩くのを嫌がる犬の散歩の対処法

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

私のおすすめ

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!