犬の認知症と余命 進行した末期症状からの改善はあるか?

犬の認知症は、単に加齢による老化現象ではなく、人のアルツハイマー病に似た進行性の病気が関与していることがわかっています。

認知症は、予防または初期の段階での適切な対応により、進行を遅らせる効果はあるとされています。

しかし、すでに進行し末期的な症状である場合、改善の見込みはあるのでしょうか?

今回は、認知症末期からの改善、余命などについて解説します。

スポンサーリンク

犬の認知症はどのように進行するのか?

の認知症は、脳の変性により引き起こされる症候群です。

認知症の犬の脳には、人のアルツハイマー病と似た病変が確認できることがわかっています。

このことから、両者はほぼ同じ病気ではないかと考えられています。

アルツハイマー病は慢性の進行性の病気で、人の認知症の原因の中ではもっとも多い病気です。

つまり犬の認知症の原因にも、これと似た病気が関係していて、アルツハイマー病と同じように病気が進行していくと考えられています。

症状を大まかに挙げると、見当識障害、睡眠周期の変化、不適切な排泄、コミュニケーションや活動の変化などです。

【認知症の症状についての参考記事】

徘徊は犬の認知症の症状のひとつ 諦めずにまずは診断を!

初期には、ボーっとしていて表情が乏しい、名前を呼んでも反応しない、周囲に対する興味の低下、粗相する、しつけを忘れる、他の犬や人に対する攻撃性などの症状のうち、現れるのは1~2つくらいです。

そのくらいでは、あまり症状が目立たず軽度であり、さらに発症する犬は高齢でもあって年齢の為と思われがちになり、なかなか気付かれにくい時期と言えます。

病理学的には、アミロイドβという異常蛋白質が脳に蓄積し、それが老人斑と呼ばれるシミを沈着させるために脳が変性を起こすとされています。

このシミの沈着が脳のどの部分に多いかということで、現れる症状もそれに連動します。

認知症の進行と共に、症状は段々と顕著になり、夜泣きや徘徊などの症状が目立つようになります。

認知症で特徴的なこの症状は、末期的な症状と言えます。

【認知症の夜泣きについての参考記事】

犬の認知症の症状「夜泣き」への対策と治療薬について

参考:人のアルツハイマー病の進行の病期分類

人のアルツハイマー型認知症は、その進行レベルで3段階の病期に分けられます。(厳密には7段階あります)

《第1病期・初期》運動機能は保たれている。物忘れ、抑うつ症状、物取られ妄想(誰かが家に入ってきてお金を盗まれているなど)などが出現し、自発性が低下する。うつ病と間違われることもある。画像上で脳の萎縮は軽度。

《第2病期・中期》記憶障害、見当識障害、失認(対象や状況を認識できない)、失行(これまで当たり前にしていた簡単な行為ができない)、失語(言語の使用ができない)などの症状が出現する。画像上で明らかな脳の萎縮が見られる。

《第3病期・後期(末期)》高度の認知機能障害によりコミュニケーションがとれない。人格変化。運動機能が低下し歩行障害などが現れて寝たきりになる。画像上では脳の萎縮が高度に認められる。

スポンサーリンク

犬の認知症の末期症状と余命

犬の認知症は高年齢の犬に発症する為、余命には、認知症そのものの進行と、元々の身体的な条件の両方の要素が影響すると考えなければなりません。

認知症は、高齢犬の特徴ともとれるような症状から始まって、ゆっくりと進行していきますが、犬にストレスが加わった時などに進行が一気に早まることもあります。

認知症の進行による末期症状

認知症の症状の一つに、睡眠のリズムの崩れによる昼夜逆転があります。

昼間は熟睡して過ごし、夜になると夜泣きするという、対応困難な状態に陥りやすくなります。

また、徘徊も認知症の進行とともに現れる末期的な症状です。

認知症の犬の特徴には、部屋の隅などに突き当たると、後ずさって向きを変えるということができなくなるというものがあります。

そのような特徴から、徘徊していて、狭いところや部屋の隅にはまりこんで動けなくなり、家の中でも行方がわからなくなり、見つけた時には、どこかに頭を突っ込んだまま動けずじっとしているという姿が見られることがあります。

認知症の徘徊は目的がないと言われ、最初はただうろうろしていたものが、病状の進行と共に同じ場所で同じ方向にぐるぐる回る「旋回」と呼ばれる末期症状になり、そうなると自分では止められなくなります。

また、感情をコントロールする部位の脳が変性してしまうと、攻撃的になり咬むなど、それまでの犬と性格がまるで変わってしまうことがあります。

そのような変化は、脳そのものの変性が原因なので、しつけで改善できるものではありません。

認知症の余命

脳の変性は、知能や精神症状だけでなく、運動能力も低下させ、それが余命を左右することもあります。

病変部が脳全体に及ぶようになると、機能は広範囲に失われ、四肢も動かせなくなります。

やがて嚥下(物を飲み込む動作)や心臓の動き、呼吸するといったような重要な機能も障害され、食べることも飲むこともできない、呼吸がうまくできないなどの症状や、心不全、二次的な肺炎などを起こしやすくなるのです。

末期になると寝たきりの状態になりやすく、余命にも関わります。

人のアルツハイマー病の場合は、個人差はありますが、発症してからの余命は平均して8年と言われています。

犬の場合は、認知症を発症する年齢は、犬種によってはすでに平均寿命に達している可能性もある高年齢ですので、認知症だからというよりも、元々の余命がそれほど残されていないというのが現実と考えられます。

【認知症の好発年齢】

犬の認知症が始まる年齢と発症しやすいとされる犬種について

【犬の寿命】

犬の寿命を延ばす秘訣は何?世界最高齢に名前が挙がった犬達

認知症が進行し末期では、症状の著しい改善は望めず、余命もそれほど長くないとされています。

もちろん個体差もありますが、発症後半年ほどで急速に悪くなり亡くなることもあるそうです。

認知症の末期からの病状の改善は無理?

認知症の初期に、不足していることの多い栄養素を意識して、食事を改善したり生活習慣を改善したりすることは、認知症の進行を予防するのに効果的とされています。

【参考記事】

犬の認知症にサプリメントが期待される理由とお勧め7品

犬の認知症の予防対策 必要な栄養・刺激・対応方法のポイント

また、犬の認知症の治療薬には、人のアルツハイマー病の治療薬も応用されるようです。

その他にも複数の種類の薬剤とサプリメントを組み合わせて、症状の改善を図ることが多いようです。

治療薬を使用することで、認知症の犬の70%に改善があったという研究結果も出ているそうで、病状が進行している場合でも、決してその対応が無駄ではなく、改善の見込みは残されていると言えるかもしれません。

進行した認知症の症状を改善するには

認知症を発症したら、それが初期であっても基本的には、治療して「完治」させるということはできません。

できることは、進行を食い止め、症状を改善して、少しでも生活の質を維持することです。

早い段階での対応と、すでに進行してしまった認知症末期では、改善に差があるものの対処法は同じです。

ただ、進行した認知症では、介護の工夫の部分が大きくなると言えます。

  • DHA/EPAを意識した食事、またはサプリメントを補うなどの栄養の改善。
  • 食事時間がわからなくなりたびたび欲しがる時は、少量ずつ回数を増やすなど食事のタイミングを改善。
  • 昼夜逆転にならないように、昼間はできるだけ起こし睡眠を改善する。
  • 名前を呼び、話しかける。マッサージなどで体に優しく触れたり撫でたりしながら、コミュニケーションの時間を増やす。
  • 体に負担がかからないよう、散歩時間を改善。一回の時間を短く回数を増やす方が望ましい。また、コースを時々変更して新しい道を体験させる。
  • 歩けなくなっても補助具やカートを使って外に連れ出し、新鮮な刺激を受けられるようにする。
  • 視覚や聴覚の衰えにより恐怖心を持ちやすい為、いきなり触らない。触る前に声掛けや合図をするなど触り方を改善する。
  • くつろげる環境づくり、お漏らし対策、トイレの場所などを改善する。

 

【参考記事】

老犬のお漏らし対策 その原因と必要となる介護について

老犬介護で問題になる床ずれの3大要因とグッズ利用による予防法

エンドレスケージ

徘徊の症状があり、一方向に旋回するようであれば、思う存分歩き回ることのできる安全なスペースを作ってあげると、程よく疲れて眠り、夜泣き症状も改善するようです。

ぶつかっても衝撃を吸収してくれるようなクッション性のある、お風呂用マットなどを繋ぎ合わせ、高さのある円形の囲い「エンドレスケージ」を作ります。

外側をサークルで囲うことで、エンドレスケージの強度が改善します。

ただ角があるとそこにはまりこんでしまうので、丸い形にします。床も滑り止めにマットを敷いてあげると安定感が改善されます。

 

小型犬に子供用ビニールプールを代用している飼い主さんもたくさんいるようですが、小型犬なら下ようなケージも活用できると思います。

ルームinわんタッチドッグラン メッシュサークル XLサイズ 直径140cm

 

また、徘徊専用として改善された用品もあります。

形状が柔軟なので部屋や目的に合わせ変更ができ、安心感があります。

【12月上旬入荷予定】くるくるウォーカー 60×60cm 8枚?

このように安全に囲われたエンドレスケージの中なら、犬は自由に徘徊でき、飼い主さん側の介護負担の改善にもなります。

まとめ

犬の認知症は進行すると脳の機能が広範囲に失われて身体機能にも影響があります。

立てなくなって寝たきりになり、呼吸や心臓などの重要な働きが低下すればそれは余命に関わることになります。

しかし、進行しても全く改善できないわけではありません。

進行を食い止める治療や環境、栄養、犬への対応や介護の方法など、改善できることもあります。

認知症の症状や進行の仕方は様々で、必ずしも同じ経過をたどるわけではありません。

たとえ飼い主さんを認識できなくなったとしても、一緒に過ごす時間が犬にとっては大きな安心であり、それは症状を改善するに違いないでしょう。

病気を改善することはできなくても、犬の生活の質を改善することは、どの段階であっても可能だと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!