糖尿病で治療中の犬 おやつも食べさせてはだめ?

犬が糖尿病と診断されたら、今後、病気を上手にコントロールしていく上では、それまでの生活習慣の見直しが必要です。

特に食習慣は血糖値に大きく影響します。もしかしたら、日常的におやつなどを多く与え過ぎてはいないでしょうか?

その日からいきなりおやつをやめることは、飼い主さんも犬も難しいかもしれませんね。

今回は糖尿病の犬のおやつの考え方についての話になります。

スポンサーリンク

犬の糖尿病の治療・食事療法

糖尿病は、体内のインスリンというホルモンが不足することによって起こる病気です。

栄養として取り入れた糖をエネルギーに変換する時にはインスリンが不可欠ですが、不足している為に代謝できなくなり、代謝されないままの糖は血液中に多く浮遊する状態が続きます。

高血糖が持続すると身体の細胞はダメージを受け、様々な症状を呈するようになります。

また、糖尿病発症後に血糖のコントロール不良が長く続くことで、その多くが合併症を引き起こします。糖尿病の合併症にはその余命を左右する重大なものもあります。

糖尿病には2つの型がありますが、犬の糖尿病ではⅠ型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)という型であることがほとんどです。

【糖尿病の症状と合併症についてはこちらの記事へ】

犬の糖尿病の症状チェック 初期症状や合併症はどんなもの?

糖尿病の治療方法

糖尿病では、血糖値を良好に保ち合併症を予防することが治療目標になります。

Ⅰ型(インスリン依存型)糖尿病は、エネルギー代謝に関わるインスリンの働きの不足というより、インスリン分泌そのものに期待ができない状態です。

近年、生活習慣病としても問題になっている成人の糖尿病はⅡ型糖尿病であり、食事療法、運動療法と内服薬との組み合わせにより病状が改善できることも多いです。しかし、犬の糖尿病に多いⅠ型糖尿病の治療においては、体外から注射で補充するインスリン療法が必要になります。

犬の糖尿病の検査方法と診断・治療にかかる費用について

食事療法の重要性

インスリンを使用することで血糖値を下げることは可能になりますが、血糖を安定させる為には、摂取と消費のカロリーのバランスも安定していなければなりません。

つまり、インスリン療法を行いつつも、それだけではなく、食事療法、運動療法は治療に必須となります。

糖尿病に適した食事

糖尿病のコントロールは、血糖値を正常範囲に下げるだけでなく、日内での変動を緩やかに保つということも重要です。血糖値の急激な上昇など避けなければなりません。

その為には食事内容、食事の摂り方にも工夫すべきで、食物繊維が豊富な食事内容は糖の吸収速度を抑えて血糖値の急上昇を抑えることができ、糖尿病の食事に適しています。

また、できるだけゆっくりと食事時間をかける方が血糖値上昇は緩やかになるので、早食いの癖がある犬には、それを防止する食器などもあります。

 

 

糖尿病には療法食のフードも市販されています。

療法食については下のリンク先の記事を参考にされて下さい。

【糖尿病の食事療法と療法食の特徴について】

犬の糖尿病と食事療法のポイント フードの選び方について

糖尿病の犬はおやつを食べられるのか?

犬のおやつの必要性とは?

犬の栄養が食事できちんと摂れている場合は、捕食としてのおやつは必要はないものです。

おやつは完全に嗜好品のカテゴリーに入ります。

市販のおやつなどは高カロリーなものも多く、食事以外で余分なカロリーを摂らせることはたとえ糖尿病がなくても好ましいことではないので、犬におやつは不要である、とはっきりと言い切ってしまう意見もあります。

一方で、おやつはご褒美という特別感に結びつけやすく、上手に使えばしつけなどに利用できるコミュニケーションのアイテムにもなります。

【犬のおやつの意義と適量について】

アレルギーがある犬に手作りおやつ 安全おすすめレシピ3点

しかし糖尿病を発症した犬は、血糖値を上昇させるような食習慣は控えなければなりません。

食事時間や量が不規則だと、インスリン注射の効果も台無しになってしまいます。おやつは一時的に血糖値の上昇を招いてしまうので、糖尿病の犬は決められた食事時間以外の食べ物は避けた方が良いでしょう。

おやつ習慣がやめられない

市販のおやつではなく野菜や果物ならばヘルシーだから大丈夫なのでは?と考える飼い主さんもいらっしゃるようですが、果物は糖分が多いので要注意です。

野菜の中にも、犬が好きな芋類やかぼちゃなどは糖質が多いのでやはり注意すべきです。

しかし、それまでおやつで美味しいものを食べさせていた習慣があるなら、いきなり完全におやつなしにするのは難しいというのもあるでしょう。人でも、糖尿病があるからと言って病院食のような食生活だけを送ることは困難なことです。

犬は食べ物を自分で選んで食べることはできませんので、食習慣の良し悪しは全て飼い主さんに委ねることになり、糖尿病の食事療法も飼い主さんが管理しなければなりません。

結論としては、糖尿病のコントロールができ、病状が安定している場合に、おやつの取り入れ方は飼い主さんの工夫次第と思います。

スポンサーリンク

糖尿病の犬にもこんなおやつならOK

糖尿病があっても、少しのおやつは与えているという飼い主さんはいらっしゃいます。

おやつを食べさせている飼い主さんでは、糖質が少なく水分の多い野菜、例えばきゅうりやキャベツ、ブロッコリーなどを選び、少量のみ与えていることが多いようです。

また、一回分の食事量を少なくしてその分回数を増やすようにすると、満足感を得られ血糖値の上昇も緩やかになります。おやつの代わりに、一日量のフードを分割食にして回数を増やすというのも、ひとつの方法です。

あるいは、分割にせずとも、一日分のフードから取り分けて、フードをおやつにするとカロリーオーバーする心配はなくなります。

ただ、インスリンとの関係があるので、食事時間や量の変更は獣医師に相談して下さい。

おやつの与え方の工夫

犬は、おやつをあげればあげるだけ食べてしまう傾向があります。しかし、逆にそれが一粒のフードであっても、飼い主さんにおやつをもらうということは満足感に繋がるのです。

おやつを与える時は、少量で最大の満足に繋がるようにすると効果的かもしれません。

インスリン注射とおやつを組み合わせて、注射の前後にほんの少しのおやつをあげている飼い主さんもいらっしゃいます。

おやつをあげながら注射ができたことを褒めスキンシップを十分に行えば、インスリン注射を習慣化させることにも役立つでしょう。

ヒルズ犬用【メタボリックス】ビスケット

療法食フードと同じラインで市販されているおやつもありますので、ご紹介します。

こちらは「体重減量と体脂肪管理の食事療法のため成分を調整した特別療法食おやつ」ということではありますが、もちろん、1個およそ6.9kcalというカロリーがあります。

食べさせる時には、一日のカロリー計算の中に加える必要がありますのでご注意下さい。

ヒルズ犬用【メタボリックス】ビスケット 80g【1…

まとめ

犬の糖尿病は、一定期間の治療で完治するような病気ではなく、一生涯に渡っての血糖値コントロールが必要になります。

様々な合併症が出現する可能性もある病気ではありますが、コントロールが良好であれば重大な合併症に繋がることもなく、病気と共存しながら長生きし、その寿命を全うすることは十分可能になります。

毎日のインスリン注射やカロリー計算、生活習慣の改善など、糖尿病の管理は犬も飼い主さんも簡単なことではないかもしれません。

しかし、自分で治療を選ぶこともできず、全ては飼い主さんに委ねられています。

その上で、おやつに対する考え方も、飼い主さんの判断によると思います。

食べ物に制限があると可哀想だという一時的な感情ではなく、犬がその生活の質を維持できるような適切な管理をしてあげて欲しいと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬の糖尿病を治療しない選択 余命にどう影響するのか?

犬のクッシング症候群に併発した糖尿病 治療と予後

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと 評判 

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!