犬の糖尿病を治療しない選択 余命にどう影響するのか?

犬も糖尿病を患うことがあります。

犬の糖尿病は人のそれと同様に慢性疾患であり、発症してしまうと、一定期間治療すれば治るという種類の病気ではありません。

継続的な治療が必要ですが、すでに高齢で余命も長くはないので積極的に治療しないという選択をする飼い主さんもいるようです。

今回は、糖尿病を治療しない場合の余命への影響について解説したいと思います。

スポンサーリンク

犬の糖尿病の治療はインスリンが鍵となる

糖尿病はインスリンが足りない病気

糖尿病とは、膵臓のランゲルハンス島β細胞というところから分泌される、インスリンというホルモンの相対的または絶対的な不足によって起こる病気です。

インスリンは、体内の糖の代謝に深く関わり、身体に不可欠なホルモンです。

食事から体内に取り入れた糖は、このインスリンの働きによって速やかに処理され、身体の各臓器や細胞のエネルギー源へと変換されます。

このメカニズムは、インスリンなくしては成立しないものです。

糖尿病はこのインスリンが不足するので、糖はうまく代謝されず、糖のままでいつまでも血液中に滞ってしまうのです。

つまり、糖尿病を治療しないままでいることは、高血糖が持続することになります。

生体は、増加していく糖を体外に排泄して、血液の濃度のバランスを取ろうとします。

それは尿として排泄されるため、尿中にはたくさんの糖(尿糖)が認められるようになります。

そして、高血糖になった血液の浸透圧を保つ為には、多くの水分を必要とし、飲水が多くなります。(多飲の症状)

一方で、糖がエネルギーに変換されないので、身体は常にエネルギーが不足している状態です。

エネルギーに飢えていると言った状態になるので、大量に食べてエネルギーを取り入れようとします。(多食の症状)

糖尿病では、どんなに食事で栄養素を摂ったとしても、インスリンの働きがないので栄養素を有効活用できず、活用されないままの糖が血液中に多く浮遊するようになるのです。

その結果、必要なエネルギーを得られない細胞は、正常な機能ができなくなり、様々な問題を生じるようになります。

糖尿病には、二つの型があります。

  1. Ⅰ型糖尿病(インスリン依存型)
  2. Ⅱ型糖尿病(インスリン非依存型)

そして、犬の糖尿病のほとんどは、インスリン依存型です。

糖尿病は、初期症状が分かりにくいことが多く、しかも、犬は言葉で症状を訴えることができないので、飼い主さんが気付いた時には、すでに進行し悪化していることが少なくありません。

スポンサーリンク

【糖尿病のメカニズムと症状の参考記事】

>>犬の糖尿病の症状チェック 初期症状や合併症はどんなもの?

糖尿病のインスリン療法

人の糖尿病で、中年期に生活習慣病として発症するのはⅡ型糖尿病です。

こちらは、不規則な食生活や暴飲暴食などによる相対的なインスリンの不足が続くことで発症するパターンなので、食事や運動の習慣を改め、糖と体内のインスリンとのバランスを調整できれば、病状の改善も期待できます。

しかし、Ⅰ型糖尿病の方は、体内でのインスリン分泌そのものが期待できない病状です。

そのため、治療は、体外からインスリンを補充するインスリン療法となります。

インスリン療法をおこないながら、もちろん、食事や運動の管理も同時にしていかなければなりません。

糖尿病の犬の余命と治療の目標

血糖値は糖尿病の合併症に影響する

糖尿病の治療では、血糖値を正常範囲に戻し、血糖の日内変動を緩やかに保つことがその治療の目指すところです。

そうすることで、高血糖の持続が引き起こす糖尿病合併症をいかに予防するかが重要なポイントになります。

糖尿病は、治療を行えば完治する病気ではありません。

発症後は生涯に渡り、血糖値のコントロールを続けていくことが必要です。

血糖値をいかに良好に保てるかということは、糖尿病の合併症予防に重要な要素であり、失明などの合併症を予防して、犬のQOL(quality of life生活の質)をより良く保つことが治療の目標とも言えるでしょう。

高血糖の状態が持続すると、臓器はダメージを受け障害を引き起こします。

中でも白内障は代表的な糖尿病合併症です。

糖尿病性白内障は、老年性白内障よりも急速に病状が進行し、治療しない場合は失明に至る病気です。

【糖尿病性白内障について】

>>犬の糖尿病に合併する白内障 その治療と手術について

糖尿病の合併症には、白内障を始めとする目の疾患がいくつかあります。

その他にも神経障害、腎症、そして重症な合併症である糖尿病性ケトアシドーシスなどは、余命に大きく関わります。

糖尿病の合併症は余命に影響する

犬の糖尿病の治療は、重大な合併症へと繋がらない為の血糖コントロールです。

糖尿病の合併症が余命を左右するとも言えます。

糖尿病は、若年性で発症する特殊なパターンを除き、ほとんどが8歳以降の高年齢の犬に発症します。

糖尿病の血糖コントロールが良好で、大きな合併症を起こすことなく過ごせるならば、高齢犬の元々の余命を全うすることも可能でしょう。

糖尿病は、糖尿病そのものよりも、合併症が急速に悪化して余命を短くすることが多く、余命には合併症の有無が大きく影響します。

すぐに余命に関わらないような合併症に見えても、失明や神経障害などを治療しないで放置した場合、それまでの生活動作を保てなくなり、思いがけない怪我などのリスクが高まります。

それが結果として余命を縮めてしまう可能性もあります。

犬の糖尿病を治療しないという選択はできるのか?

犬の糖尿病の治療に必須となるインスリン療法は、人であれば自己注射になる治療法であり、自宅で飼い主さんが犬に注射を行わなければなりません。

インスリンには多くの種類があり、種類や注射回数、量などは個体によって異なるので、インスリンを導入する時には、その病状に最適な処方を探るために、入院での検査が行われます。

インスリン注射は、毎日が基本です。

インスリンは微量で用いる薬ですので、正確さも求められます。

注射する部位も変えて行かなければならず、慣れるまでは、飼い主さんにも犬にも決して簡単なことではありません。

また、インスリンは、確実に血糖を下げる代わりに低血糖という副作用を起こす可能性もあります。

血糖値の変動には注意が必要で、食事や運動、犬の日々の体調など、細かい観察も欠かせません。

犬に毎日注射針を刺すことに、抵抗を感じる飼い主さんもいるかもしれません。

治療しない選択をしようとする飼い主さんは、もう高齢で元々余命が長くないだろうと思われる犬に、今更、毎日の注射のストレスまで与えることについて、可哀想と考えることが多いようです。

また、治療しないと言っても、人の生活習慣病から起こる糖尿病と同じように、食事や運動で何とか改善できるのではないか?というイメージもあるのかもしれません。

もちろん、治療しないとかするとか以前に、糖尿病で肥満があるのならば、それは改善しなければなりません。

(*進行した糖尿病は、エネルギー代謝障害によって食べた栄養も無駄になり、痩せて栄養不良の状態になっていることが多い)

しかし、先述したように、糖尿病の2つの型のうち、犬はⅠ型(インスリン依存型)であることがほとんどで、自分の体内でのインスリン分泌は全く期待できないことの方が多いのです。

治療しないで生活習慣だけを改善したとしても、最も必要なインスリンそのものが分泌されないので、それを体外から補充する以外に病気の改善はないということです。

治療しないということは、その犬の余命の中で、糖尿病のつらい症状がずっと続くことになります。

病気によっては、犬の年齢、本来の余命、治療のメリットやデメリットを比較し、対症療法のみを選び積極的に治療しないという選択も、もちろんあるとは思います。

しかし、犬の糖尿病のインスリン注射は、選択肢の一つではなく、不可欠な治療ととらえるべきです。

糖尿病を治療しないと余命はどうなるのか

糖尿病を治療しないまま、高血糖の状態を持続させていると、合併症が早期に出現するようになります。

そして、合併症の出現は、ストレートに表現すれば、余命を縮めることを意味します。

糖尿病は、生涯にわたり、血糖をコントロールをしていかなければならない病気です。

たとえ適切な治療を行い血糖を良好に保ったとしても、糖尿病であることは変わらず、長い病歴の中では合併症のリスクが消えることはありません。

しかし、上手な血糖コントロールによってそれを先延ばししていけば、高齢犬の本来の余命の間に重大な合併症が起こることは少なくなると考えられます。

ところが、治療しないでコントロール不良のまま経過している場合は、腎症などの重大な合併症の発症を早めることになり、腎不全も急速に進行し余命を縮めてしまうのです。

【参考記事】

>>犬の腎不全と余命 検査数値と腎臓病のステージについて

>>犬の腎臓の重大な病気「尿毒症」末期症状にどう対処するか?

また、治療しないということは、最も重篤な合併症糖尿病性ケトアシドーシスの出現の可能性が高く、それも余命に大きく影響します。

糖エネルギーが得られない体は、糖以外の栄養素を代用して何とか生体を維持しようとします。

その代謝産物であるケトン体という物質が、体内に過剰に蓄積し、血液のPHのバランスが崩れ、体は酸性に傾くようになります。

この状態をケトアシドーシスと呼び、緊急性があり、余命に影響するとても重篤な病状です。

【糖尿病性ケトアシドーシスについて】

>>犬の糖尿病の検査方法と診断・治療にかかる費用について

糖尿病を治療しないでこのような病状に陥ってしまうと、余命は一気に縮まってしまいます。

数日で昏睡や死に至る可能性がある、大変危険な病状です。

糖尿病を治療しないということは、余命が極端に短くなる確率を高めてしまうということになると言えるでしょう。

 

まとめ

犬の糖尿病の治療は、インスリン注射が必須であることがほとんどです。

言い換えると、高年齢で糖尿病を発症したとしても、適切にインスリンを補うことで病気とうまく共存し、合併症を起こすことなく余命を延ばせる可能性もあります。

症状が緩和されれば、犬のQOLを落とさずにすみ、余命を維持できるようになります。

反対に、糖尿病を治療しないということは、合併症の出現を早め、余命を一気に縮めることにもなりかねないと言えます。

治療しないのではなく、症状の苦痛を取り除くためにも適切な治療を受け、余命を全うさせてあげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

>>犬のクッシング症候群に併発した糖尿病 治療と予後

>>犬もリラックスして免疫アップ!ドッグマッサージの素敵な効果

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!