犬の糖尿病を治療しない選択 余命にどう影響するのか?

犬も糖尿病を発症し、その病態は人間のそれと同様です。

糖尿病は慢性疾患であるために、一度発症すると一定期間治療すれば良いというものではなく、余命を長く保つには継続的な治療が必要になります。

しかし、犬がすでに高齢であり、積極的に治療しないという選択をする飼い主さんがいないわけではありません。

今回は、糖尿病の治療と、治療しない場合の余命への影響について解説したいと思います。

スポンサーリンク

犬の糖尿病の治療はどのようなものか

人の場合もそうであるように、糖尿病は初期症状が分かりにくいことが多く、しかも言葉で症状を訴えることができない犬の場合、飼い主さんが気付いた時にはすでに進行してしまっていることが少なくありません。

糖尿病とはどんな病気?

糖尿病とは、膵臓のランゲルハンス島β細胞というところから分泌される、インスリンというホルモンの相対的、または絶対的な不足によって起こる病気です。

インスリンは、糖代謝に深く関わり、身体に不可欠なホルモンです。食事で体内に取り入れた糖はこのインスリンの働きによって速やかに処理され、身体の各臓器や細胞のエネルギー源へと変換されます。このメカニズムはインスリンなくしては成立しないものです。

インスリンが不足していると、糖は代謝されることなくそのまま血液中に滞ることになり、治療しない場合は常に高血糖が持続します。

身体は、増加していく糖を体外に排泄してバランスを取ろうとし、尿中にたくさんの糖が認められるようになり、浸透圧の関係で多くの水分を必要とする状態になります(多飲の症状)。

そして、身体は糖の代謝が行われないので常にエネルギーが不足している状態になります。エネルギーに飢えている状態であり、大量に食べてエネルギーを取り入れようとします(多食の症状)。

つまり、どんなに食事で栄養素を摂っていても、インスリンの働きなしでは糖の代謝促進はなされず、活用できない糖が血液中に多く浮遊するようになるのです。一方で必要なエネルギーを得られない細胞は正常な機能ができず、様々な問題を生じるようになります。

糖尿病には、①Ⅰ型糖尿病(インスリン依存型)②Ⅱ型糖尿病(インスリン非依存型)の二つの型があり、犬の糖尿病ほとんどが①のインスリン依存型とされます。

【糖尿病のメカニズムと症状について】

犬の糖尿病の症状チェック 初期症状や合併症はどんなもの?

犬の糖尿病の治療

例えば、人の中年期に生活習慣病として発症する糖尿病はⅡ型糖尿病であり、こちらは食事や運動の習慣を改めることで糖と体内のインスリンとのバランスを調整できれば、病状の改善も期待できます。

しかし、Ⅰ型糖尿病では体内でのインスリン分泌が期待できない状態であり、その治療には体外からインスリンを補充するインスリン療法が必要になります。

インスリン療法で血糖値の安定を図る効果をあげるためには、もちろん食事や運動の管理も同時並行していかなければなりません。

スポンサーリンク

犬の糖尿病の治療が目指すものと余命

糖尿病の治療の目標

糖尿病の治療では、血糖値を正常範囲に戻し、また血糖の日内変動を緩やかに保ち、高血糖の持続が引き起こす合併症をいかに予防するかが重要なポイントになります。

糖尿病は、治療を行えば完治するという病気ではありません。発症後は生涯に渡り、血糖値のコントロールを続けていくことが必要になります。

血糖値をいかに良好に保てるかは、糖尿病の合併症予防の重要な要素であり、犬のQOL(quality of life生活の質)をより良く保つことが治療の目標とも言えるでしょう。

高血糖の状態が持続すると、臓器は様々なダメージを受け障害を引き起こします。

中でも白内障は代表的な糖尿病合併症であり、糖尿病性白内障は、老年性のものよりも急速に病状が進行し、治療しないならば失明に至る病気です。また治療困難であることも少なくありません。

【糖尿病性白内障について】

犬の糖尿病に合併する白内障 その治療と手術について

合併症には白内障を始めとして引き起こされる目の疾患がいくつかあり、他にも神経障害や腎症、そして重症な合併症である糖尿病性ケトアシドーシスなどが余命に大きく関わって来ます。

糖尿病を発症した場合の余命

犬の糖尿病の治療は、重大な合併症へと繋がらない為の血糖コントロールであり、糖尿病の合併症が余命を左右すると言ってもよいでしょう。

糖尿病は若年性のパターンを除き、8歳以降の高年齢の犬に多く発症します。

もし糖尿病のコントロールが良好で、大きな合併症を起こすことなく過ごせるなら、高齢犬の元々の余命を全うすることも可能かと思います。

糖尿病は、糖尿病そのものよりも、合併症が急速に悪化して余命を短くすることが多く、余命には合併症の有無が大きく影響します。

すぐに余命に関わらないような合併症に見えても、例えば、失明や神経障害など治療しないでそれまでのQOLを保てなくなった場合、思いがけない怪我などのリスクが高まり、それが余命を縮めてしまう可能性もあるのです。

犬の糖尿病を治療しないという選択はあるか?

犬の糖尿病の治療に必須となるインスリン療法は、自宅で飼い主さんが注射を行わなければなりません。

インスリンの種類や注射回数、量などはそれぞれ個体によって異なり、その病状に最適な処方を探るために、大抵、インスリン導入時には入院しての検査が行われます。

インスリン注射は毎日が基本であり、インスリンは微量で用いる薬ですので正確さが求められ、注射する部位も適宜変えて行かなければならず、慣れるまでは、飼い主さんにも犬にも決して簡単なことではありません。

インスリンは確実に血糖を下げる代わりに低血糖という副作用を起こす可能性があり、血糖値の変動に注意が必要で、食事や運動、犬の日々の体調など、細かい観察が欠かせません。

糖尿病と診断されてインスリン開始になった時、犬に毎日注射針を刺すことに抵抗を感じる飼い主さんもいるかもしれません。余命が長くない高齢犬に注射のストレスを与えることを可哀想と考え、治療しない選択をしようとする飼い主さんはいるようです。

また、治療しないと言っても、人の生活習慣病と同様に、食事や運動で何とか改善できるかもしれない、というイメージもあるのではないでしょうか。

もちろん、治療しないかするかによらず、肥満があるなら改善が必要です。(ただ、進行した糖尿病では、エネルギー代謝に障害があるために痩せて栄養不足の状態であることが多い)

しかし、先述したように、糖尿病には2つの型があり、犬の場合はⅠ型(インスリン依存型)がほとんどで、これは体内でインスリン分泌が期待できず絶対的なインスリン不足の病状です。

治療しないで生活習慣だけを改善しても、インスリンが足りるようになることはなく、体外から補充する以外に改善の方法はありません。治療しないままでは、辛い糖尿病の症状がその犬の余命の間でずっと続くことになります。

犬の年齢や余命、病気の内容、治療のメリットとデメリットを比較し、対症療法のみを選び、積極的に治療しない方針も、もちろんあって良いと思います。

しかし、犬の糖尿病のインスリン注射は、選択肢の一つではなく不可欠な治療というべきものです。

糖尿病を治療しない場合の余命

糖尿病を治療しない高血糖の状態で持続させていると、合併症の出現が早期に見られるようになります。それは余命を縮めることを意味しています。

糖尿病に完治はなく、生涯、血糖コントロールをしていかなければならない病気です。たとえ適切な治療を行い、血糖を良好に保っても、やはり白内障などの発症リスクは消えません。

しかし、適切な治療下では、糖尿病の長い経過で出現する腎症などの合併症は、高齢犬の元々の余命の中で起こることは少ないと言われます。

ところが、治療しないで血糖コントロール不良のまま経過している場合は、腎症の発症もかなり早まり、腎不全が急速に進行して余命を短くすることになります。

また、治療しないということは、最も重篤な合併症である糖尿病性ケトアシドーシスの出現の可能性が常に高く、余命に大きく影響します。

エネルギー枯渇状態になった体は、糖以外の栄養素をエネルギー活用して生体を維持しようとします。その代謝産物であるケトン体という物質が体内に過剰に蓄積するために、血液のPHのバランスは崩れ、酸性に傾くようになります。

この状態をケトアシドーシスと呼び、これは治療に緊急を要し、余命を縮めるとても重篤な病状です。

【糖尿病性ケトアシドーシスについて】

犬の糖尿病の検査方法と診断・治療にかかる費用について

糖尿病を治療しないでこのような病状に陥ってしまうと、余命は一気に縮まり、数日で昏睡や死に至る可能性があり大変危険です。

治療しないということは、余命が極端に短くなる確率をも高めるということになるのです。

 

まとめ

犬の糖尿病の治療は、インスリン注射が必須であることがほとんどです。

言い換えると、高年齢で糖尿病を発症したとしても、適切にインスリンを補うことで病気とうまく共存し、余命を長く延ばすことができる犬もいます。

そして、合併症のリスクはなくせないとしても、症状が緩和されれば良い状態で犬のQOLを保ち余命を長く維持することができるようになります。

血糖をコントロールし、犬の余命を良好に過ごさせることが糖尿病の治療の目標と言って良いと思います。反対に、治療しないということは、一気に余命を縮めることに繋がりかねません。

インスリン注射は、慣れるまでは確かに大変かもしれません。治療費ももちろん継続していかなければなりません。それでも、治療しないのではなく、症状の苦痛を取り除き余命を全うさせてあげられるように、主治医とよく話し合って欲しいと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬の糖尿病と食事療法のポイント フードの選び方について

犬のクッシング症候群に併発した糖尿病 治療と予後

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!