ギネスに載ったのは柴犬だった?犬の寿命はここまで延びる!

柴犬と言えば、日本を代表する犬、私達には馴染みの深い犬種ですが、今や日本国内だけでなく、「Shiba」という名前は海外にも広まり愛好家は世界中にいるようです。

つぶらで愛らしい瞳と和犬らしい素朴な顏立ち、そして筋肉質な体はとても丈夫で健康的に見えますが、寿命の長さでギネスに載った有名な犬の中にも、柴犬の血統がいたと聞きます。

今回は、柴犬の寿命とその魅力を解説します。

柴犬の魅力・海外でも人気沸騰の理由

柴犬は、国の天然記念物に指定されている日本犬6種のうちの一つに入ります。

《日本犬6種:柴犬・秋田犬・甲斐犬・紀州犬・四国犬・北海道犬》

柴犬の歴史は、はるか縄文時代に遡り、古くから日本において狩猟犬として人間と共に暮らしていました。

柴犬という名前の由来は、「柴藪(茂み)をくぐり抜けながら狩りをするから」とも、「小さいという意味を持つ古語から来たもの」とも言われます。

短い被毛、立ち耳、巻き尾が特徴で、しっかりした直毛の被毛はダブルコートになっています。

体重は10~13kgくらいの中型犬サイズですが、中型犬とも小型犬とも分類されます。

性格は頑固で警戒心が強く、訓練が難しい犬種とも言われるのですが、柴犬の飼い主やその家族である人間に対する忠誠心は評価が高く、それは柴犬の大きな魅力になっています。

柴犬の性格を表す時に「悍威、良性、素朴」という言葉が使われるようですが、これは日本犬全てにあてはまるもので、日本犬のスタンダードとして重要視されている要素です。

日本犬は悍威、良性、素朴の本質をとても大切にしています。悍威とは、気迫と威?厳、良性とは、忠実で従順。素朴とは、飾り気のない地味な気品と風格をいい日本犬が生まれながらにして持つ根本的な性質を言い表しています。

出典元 http://www.nihonken-hozonkai.or.jp/standard/

柴犬という犬種が海外で紹介されたのは、1992年のこと。

それほど長い歴史があるわけではないのですが、現在は海外の柴犬愛好家による動画もたくさんUPされるようになり、愛好家のコミュニティなども存在するほどの人気犬種です。

なぜこんなにも人気があるのでしょう?

柴犬は、クールで媚びることなく凛としながらも、飼い主には忠実であるというその性質、愛嬌のある素朴な外見、賢さなど、洋犬にはない和犬特有の魅力が柴犬にはたくさんあることが理由のようです。

最近は、豆柴という小ぶりな柴犬も多いですが、豆柴もスタンダードより小型であるものをそう呼ぶだけであって、豆柴という別の犬種ではなく同じ柴犬なのです。

しかし、小型の柴犬が人気を得たことから、悪質な業者が食事を与えず成長を止め、小さくした柴犬を豆柴として販売するような問題も存在しています。

そのようないいかげんな繁殖者のせいで、豆柴と言われて飼育制限のあるマンションなどで飼い始め、普通の柴犬サイズになって飼育が継続できなくなるなど、様々なトラブルも発生しているようです。

柴犬は何歳まで生きられる?犬の寿命と病気

柴犬の魅力には、体が丈夫であるというのもあるようです。

柴犬の平均寿命は15歳前後で、この寿命は、犬の寿命としては決して短くはないものです。

犬種別の寿命の統計では、柴犬の寿命は長寿の犬種第4位になっています。(情報の出典元https://www.anicom-sompo.co.jp/news/2016/news_0160531.html

犬種特有の重大な病気というものもあまりないと言われるのですが、柴犬がかかりやすい病気を強いてあげると、次のようなものがあります。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨という、膝のお皿の骨がはずれてしまうもので、柴犬に限らず小型犬には好発する病気です。

先天性と後天性があり、先天的に骨格などに問題があるか、後天性に転落や転倒、打撲などの外傷がきっかけで発症するものがあります。

重症度による区分もあり、それぞれの段階で治療が異なってきます。

犬の寿命に直接関係する病気ではないですが、痛みや関節の変形で活動に支障が出るとか、歩けなくなると、そのストレスをきっかけに他の病気を発症するきっかけになる可能性はあります。

【膝蓋骨脱臼について】

>>パテラ(膝蓋骨脱臼)は歩けなくなる犬の病気 早期の対策を

>>長生きさせたい!パピヨンという犬の寿命と病気について

白内障

この病気は柴犬に限らず老齢になると見られるものですが、柴犬は6歳前後の若年で発症するパターンもあり、若年性白内障は遺伝的なものと考えられています。

目の水晶体が少しずつ白濁してきて、視野が霞んで見えるようになり、進行すると失明します。

犬の寿命に直接関わりない病気ですが、生活の工夫が必要になります。

治療としては進行を遅らせる点眼や、手術などの選択肢もあります。

【参考記事】

>>犬の糖尿病に合併する白内障 その治療と手術について

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの分泌が少なくなることによって起こる病気です。

早期に気づいて治療を始めなければ、犬の寿命に関わることもあります。

【甲状腺機能低下症について】

>>犬の尻尾がハゲてくる?甲状腺機能低下症とはどんな病気?

アトピー性皮膚炎

柴犬と皮膚病の関連は深く、遺伝的な要因があるとされています。

アトピー性皮膚炎はその代表と言えるでしょう。

若年齢で発症して、再発や重症化もしやすく、犬も痒みで苦痛が大きく、ともに闘病する飼い主さんにとっても細かい管理が長期的なものになってきます。

アトピー性皮膚炎に甲状腺や内分泌系の病気が潜んでいることもあり、他の病気との鑑別が重要になります。

【参考記事】

>>犬もつらいアレルギーのかゆみ症状 発症メカニズムと対処法

>>犬のアレルギー治療薬の種類・ステロイドなどの特徴や副作用

ギネスに載った柴犬ミックスの話

犬の寿命の最長としてギネスに載った犬が日本にもいます。

ギネス記録の長寿犬は、純血種の柴犬ではなく、柴犬と雑種犬の間に生まれた雑種犬で、そのギネス記録は26歳9か月でした。

これは人間換算で125歳くらいになります。

プースケという名前のギネスの犬は、1985年3月に栃木県で生まれました。

見た目はポメラニアンのようだったとのことですが、写真も確かに小型犬のように見えますね。

画像出典元 http://carinobluedoll.blog28.fc2.com/blog-entry-318.html

ギネス犬のプースケは、22歳の時に交通事故で大怪我をして5時間もの大手術を受け、そこからさらに寿命が3年9ヶ月続いたことになります。

その生命力はギネスに載るだけのものがあると感じます。

目や耳はさすがに悪かったようですが、それでもギネス犬プースケは、亡くなる当日まで散歩もして自分でご飯も食べていたのだそうです。

2011年12月5日、飼い主さんがその日の午後に外出から戻ると、ギネス犬プースケはぐったりと横たわっていたそうです。

そして飼い主さんの帰りを待っていたかのように、まもなく老衰にて息を引き取ったということです。

亡くなったことは寂しいことですが、ギネス記録を残すほどの寿命を持ち、最後は飼い主さんのそばで息を引き取ることができ、本当に幸せな犬生だったのではないでしょうか。

 

まとめ

柴犬は、イメージ通りに丈夫で健康体が多く、犬の寿命としては長い方に入ります。

犬種特有の病気には皮膚病などもありますが、食事や環境など健康管理さえきちんとできれば、寿命に関わることではなく、長生きが可能だと思います。

ギネスに載った日本の犬、プースケは、厳密には雑種でしたが柴犬の血統を受け継いだ犬でした。

ギネスには驚くほど長寿の犬達の名前がたくさんあがっています。

ギネスの記録からは、犬の寿命は本来の寿命とされているものの2倍近くまで延びることもあるということがわかります。

その犬の持って生まれた素質もあるでしょうが、やはり犬の寿命を全うさせるには、ストレスの少ない環境と飼い主さんの愛情が欠かせないということは間違いないでしょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

>>犬の認知症にサプリメントが期待される理由とお勧め7品

>>保険スクエアbang!と口コミ・評判でペット保険を検討しよう


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"