犬の尻尾にはどんな種類がある?尻尾の形と骨のしくみ

犬の尻尾の形は、犬種によってもずいぶんと違いがあります。

尻尾の長さが違うくらいは何となくわかりますが、自分の犬の尻尾はどんな種類かと聞かれてすぐに答えられる飼い主さんはどのくらいいるでしょう?

犬の尻尾にはどんな種類のものがあり、骨などの構造はどうなっているのでしょうか?

今回は、尻尾の骨と種類について解説したいと思います。

スポンサーリンク

犬の骨格が人間と大きく違うのはここ

人間の骨格と犬の骨格、見るからに全く違うと思うかもしれませんが、大雑把なことを言うと、人間の骨格を四つん這いにするとほぼ犬の骨格になります。

の数だけなら、人間が200本に対して犬は320本と犬の方が大きく上回っていて、細かい構成に違いがあり、中でも何より大きく違うものが尻尾です。

私達人間も生まれる前の胎児の時期には尻尾が存在しています。しかし、成長し生まれてくる時には尻尾も消失していて、その名残である尾てい骨という骨があるだけです。

この骨のことを専門用語で痕跡器官と呼びますが、これは元々あった器官が退化して、形だけが残っている状態のものを指しており、まさにこの骨は尻尾の名残の骨であることがわかります。

犬の背中の骨(脊椎)は、頸椎7個、胸椎13個、腰椎7個、仙椎3個の骨で形成され、それに尻尾の骨(尾椎)が連なっています。

尻尾の骨というのは一本の独立したものではなく脊椎の一部が伸びているものであり、筋肉や神経が豊富な場所です。

連なった背中の骨と骨の間には、椎間板と呼ばれるクッション材になるものが存在し、もちろん脊椎と同じ構造の尻尾の骨にもあります。

尻尾の骨の数は犬種によって(尻尾の種類によって)違いがあり、6~23個という幅があります。形については次の項で詳しく説明したいと思いますが、その種類はとてもバラエティに富んでいます。

そしてもう1ヶ所の人間と大きく違う部分は、鎖骨です。犬には鎖骨という骨はなく、肩甲骨を支えるものがないので肩としては存在しません。前から見ると、肩甲骨は縦に広がっているので犬は極端ななで肩をしていますね。

肋骨も横に広がってないので、狭い隙間をくぐり抜けたりするのに便利な体型になっています。

このような骨の形から、犬の体は横に広げることには向いてないのです。脇に手を差し入れて抱き上げるのも犬にとっては負担のかかる恰好ですので、できれば控えてあげた方が良いようです。

スポンサーリンク

犬の尻尾の種類はこんなにある

犬の尻尾は、尾椎という骨を中心にしてたくさんの筋肉で覆われ、また神経に支配されているので実に自由自在に動かすことができる部分です。

犬の尻尾は犬が動く時の身体のバランスを取る役割があり、また言葉を持たない犬は尻尾を使ってとても豊かに感情表現をし、相手とのコミュニケーションツールとしても大事なものです。

【しっぽの役割について】

何故?飼い主にしっぽを振らない犬 犬に好かれていない?

そんな犬の尻尾ですが、種類も豊富でわかっているだけでも14種類あるそうです。

《犬の尻尾の種類》

◆垂れ尾:自然に下に垂れ下がっている形の尻尾で多く見られ、ハスキーやセントバーナードなど

◆飾り尾(プルーム・テイルまたはフラッグ・テイル):ふさふさしていて飾り毛が垂れ下がっている尻尾で、ゴールデンレトリバーやミニチュアダックスのロングコートなど

◆立ち尾(フラッグポールテイル):付け根の部分から上に立ち上がった尻尾で、ビーグルなど

◆鎌尾(シックル・テイル):緩やかな鎌の刃のように曲線を描いて背中につかない形の尻尾で、チワワなど

◆差し尾:鎌尾と似た形をしていて背側に湾曲しながら低く伸びている尻尾で、四国犬など

◆リス尾(スクワーラル・テイル):ふさふさした毛に覆われ、背側に曲げているリスのような尻尾で、パピヨンなど

◆巻き尾(カールド・テイル):背側の上向きにくるんと巻いた尻尾で、秋田犬や柴犬など

◆輪尾(リング・テイル):付け根から高く上がり円を描くように丸く曲がっていいる尻尾で、アフガンハウンドなど

◆スクリューテイル:元々は骨の形成異常として生まれたものを犬種のスタンダードに認定したものと言われている。短くらせん状にくるくると巻いた尻尾で、パグやブルドッグなど。

◆ボブテイル:生まれつき尻尾がないか、断尾によって短くした尻尾で、コーギーなど

◆キンクテイル:根元から急によじれたように曲がっている尻尾で、ブルドッグなど。

◆ウイップテイル:背中と水平な高さでまっすぐに伸びた鞭尾と呼ばれる尻尾で、イングリッシュセッターなど

◆ラットテイル:根元には太く柔らかい巻き毛があり先端ほど毛がなく細くなっているネズミ尾と呼ばれる尻尾で、アイリッシュ・ウォーター・スパニエルなど

◆オッターテイル:根元が太く丸く先端は細く、下面に毛がありカワウソのような形の尻尾で、ラブラドールレトリバーなど

尻尾の骨折には注意が必要

尻尾は犬にとって様々な役割を持っているので、普段から動きもとても活発な部分です。

特に長い尻尾は、ドアに挟まったり壁にぶつけたりという事故も起こりやすく、また、筋肉もしっかりある為に、犬が自分で尻尾を思いきりブンブン振ってたまたま硬いところにぶつかった場合、尻尾を振る力で骨折してしまうようなこともあります。

打撲だけですむのならまだ回復も早いかもしれませんが、尻尾の骨まで損傷すると、尻尾は常に動きのある部分でもあるので通常は治療のためのギブス固定の処置もできず、安静が保ちにくく、尻尾の骨がつくまでの治療期間が長くかかりやすいのです。

運のいいことにごく小さい骨の骨折で、犬も痛がることがないままに気づかれず、自然に治ってしまったという例もあるようです。

しかし、尻尾の骨は脊椎から繋がっている骨であり、その骨の中には骨盤神経や陰部神経、下腹神経などの大事な神経が通っています。もし神経が損傷されると、排泄のコントロールができなくなるなどの後遺症が残ることもあり、尻尾はとても重要な部分なのです。

尻尾の外傷の予防には、尻尾を踏む、尻尾の上に物を落す、引っ張るなどのないように、飼い主さんもくれぐれも注意して下さい。

犬の尻尾の外傷は意外に多く、引っ張られて起こる損傷は尻尾引っ張り外傷と呼ばれるくらいです。

もし尻尾が変形していたり、腫れ上がっている、動かせない、痛がる場合は、骨にダメージがあるかもしれませんので、早急に医療機関で診察を受けて下さい。

 

まとめ

犬の尻尾の種類は、普段何気なく見ていますがこんなに違っていて、それぞれの持っている尻尾に合わせて骨の数も違うということになります。

犬の背中の骨の数が多いのは、その分胴が長いということでもあり、それは4本足で歩く動物にとってはバランスを取るのに都合がよく、体の柔軟な動きを可能にすることに役に立っています。

犬は、人間で例えると普段から常に背伸びしながらつま先で歩いているということになるのだそうです。そう言えば足の裏が浮いていますよね。それで体を支えているのです。

犬の骨の構造は人間と似ている部分もありますが、絶対的に違うものは尻尾と肩甲骨です。

人間では退化してしまっている尻尾も、にとっては日常的に活発な動きのある、そしておおいに活用する部分ですので、骨が折れたり脱臼したりという怪我のリスクも多くなります。

尻尾は犬にとても大事なパーツ、怪我のないように飼い主さんも十分に注意してあげて下さいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

【しっぽでわかる犬の病気】しっぽが下がる時・痛がる時 

犬の尻尾で往復ビンタ!?災難はいきなりやってくる!

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!