犬の寿命 ミニチュアダックスフンドは長生きする犬種?

ミニチュアダックスフンドは、常に上位の人気犬種で多くの人に愛されています。

胴長で足が短く、歩く姿がとても可愛いですが、その身体的特徴から多い病気もあります。

今回は、ミニチュアダックスフンドという犬の寿命の平均と、長生きさせるために気を付けたいことについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

ミニチュアダックスフンドはドイツ原産の狩猟犬だった

ダックスフンドは、ドイツ原産で、狩猟犬として活躍していた犬種です。

農家で飼われ、農作物を荒らすアナグマのいる穴に潜り込んで大声で吠え、アナグマを追い出して狩るという狩猟がダックスフンドの仕事でした。

胴長短足のその体型は、穴に入り込むのに適した体型に改良されていったものです。

その後、スタンダードダックスフンドには入れない、もっと小さなネズミやテンなどの穴に潜ることができるように、ミニチュアダックスフンドカニヘンダックスフンドという、小さい体型のダックスフンドが誕生しました。

その3つの種類のダックスフンド達は、それぞれ大きさの規定で区別されています。

ミニチュアダックスフンドは、JKC(ジャパンケネルクラブ)の規定では、生後15ヶ月を経過した時点のサイズ測定で、体重5.0kg以下、胸囲35cmが理想とされています。

被毛の種類による分類もあり、短い毛のスムース、フサフサしたロング、カールした毛のワイヤーがいます。

ミニチュアダックスフンドは、性格が明るく友好的であることが多いようです。

元々は狩猟犬というだけあって、好奇心旺盛、勇敢、活発、そして探求心や状況判断能力が優れていると言われています。

声も太く、よく吠えるとも言われますが、そこは個体差もあります。

スポンサーリンク

ミニチュアダックスフンドは寿命が長い犬種

犬種別の寿命によれば、小型犬から大型犬までの全犬種の中でミニチュアダックスフンドの寿命は第2位となっています。

2016年のデータですが、ミニチュアダックスフンドの寿命は14.7歳でした。
出典元 https://www.anicom-sompo.co.jp/news/2016/news_0160531.html

犬の寿命は一般的に、大型犬より小型犬の方が長いと言われます。

そして、超小型犬よりも、体重5~10kgレベルのちょうどミニチュアダックスフンドくらいの小型犬が、もっとも寿命が長いようです。

それぞれの犬種の最高齢を見ると、ミニチュアダックスフンドの場合は、21歳という長寿の犬もいるようです。(出典元 https://www.benly.jp/jyumyou.html

ミニチュアダックスフンドの平均寿命はだいたい14歳~17歳くらいと考えられています。

こうやってみると、とても長寿という印象もありますが、小型犬としては平均的とも言えるかもしれません。

ミニチュアダックスフンドには遺伝病もある

ミニチュアダックスフンドにはかかりやすい病気があり、深刻な遺伝病のある犬種でもあります。

進行性網膜委縮(PRA)

進行性網膜委縮は、網膜の細胞が少しずつ委縮し、暗がりで目が見えにくいなどの初期症状から始まります。

飼い主を認識できない為に反応が乏しくなり、やがて失明に至る、進行性の遺伝病の一つです。

2018年の時点ではこの病気に対する治療法は確立されていません。

進行のスピードには個体差もあり、若齢ですでに失明してしまうこともあります。

しかし、高齢になり、加齢による白内障の方が先に出現していて、この病気との鑑別がしにくい犬もいます。

この病気を発症する遺伝子はわかっており、繁殖者が正しい知識を持つことで遺伝を防ぐことができます。

角膜異栄養症(角膜ジストロフィー)

角膜の表面に異常をきたし、角膜が白く濁って視力が衰えていき、いずれは失明に至る進行性の遺伝病です。

ゆっくり進行する場合もあるようですが、ミニチュアダックスフンドで発症した場合、急速に進行することが多いようです。

現時点で、この病気の治療法は確立されていません。

フォン・ヴィレブランド病

フォンヴィレブランド因子という、止血に関わるタンパク質の一種が不足している病気です。

その為、何かの原因で出血してしまうと、本来なら止血の働きをするはずの血小板が正常に機能できずに、出血を止めることができず、失血によって命に関わる可能性もある遺伝病です。

出血は、怪我だけでなく内臓などで起こることもあるので、そのような場合は気づきにくく、分かった時には重篤な状態に陥っているという危険があります。

骨形成不全症

骨組織を構成するコラーゲンに生まれつき異常があり、骨密度が低く、簡単に骨折してしまう遺伝病です。

ミニチュアダックスフンドの場合は、厳密に言えば、コラーゲン結合タンパクの異常と言われるようですが、症状は同じです。

身体中のあちこちの骨が骨折する多発性骨折を起こしやすく、治りも悪く、骨折後は変形を起こしやすくなります。

椎間板ヘルニア

ミニチュアダックスフンドは、軟骨異栄養性犬種に分類されています。

この種類の犬は、ハンセンⅠ型椎間板ヘルニアを発症するリスクが高いとされています。

【犬の椎間板ヘルニアの参考記事】

>>犬の椎間板ヘルニアの初期症状と進行レベルのグレード分類

ハンセンⅠ型は若年齢で急性に発症するヘルニアで、老化によって慢性的に進行するものとは区別されます。

ミニチュアダックスフンドのヘルニアの好発部位は胸腰椎です。

ヘルニアを発症すると、痛みが強く、重症になると麻痺などが現れ、自分で排泄ができなくなるなどの症状も表れます。

また、再発しやすく、状態によっては外科手術の適応があります。

【同じ種類のヘルニアを発症しやすい他の犬種】

>>犬の寿命 コーギーの病気と長生きのために気をつけたいこと

遺伝病はなぜ多く存在するのか

ミニチュアダックスは、珍しいカラーがブームになり、さかんに高値取引された犬種です。

ミニチュアダックスフンドは、カラーの組み合わせと遺伝病の関係があり、ダップルと呼ばれる、白が混じった珍しいカラーは、その色素の関係で遺伝的な病気を発症しやすいこともわかっています。

しかし、需要が多く高く売れるという理由で、レアカラーを求めて繁殖業者に乱繁殖され量産されたミニチュアダックスフンドには、先天的な病気を引き継いでしまった犬も多く存在します。

日本は、世界中で突出して犬の遺伝子疾患が多いと言われているそうです。

遺伝子検査が可能な病気も多数あり、本来、ブリーディングはその犬が幸せに生きていけることを考え、また、犬種を健康で正しい形に保存していくはずのものです。

正しい知識を持たない繁殖者、珍しさを競って求める価値観の犠牲は犬達であり、ブームによって需要が高かったミニチュアダックスもその犬種の1つと言えるでしょう。

ミニチュアダックスフンドの健康で気を付けること

ミニチュアダックスフンドを日々健康に過ごさせることは、犬の寿命を延ばすことに繋がります。

ミニチュアダックスフンドと椎間板ヘルニアという病気の関係は有名で、発症に高いリスクを持っている犬種なので、発症のきっかけを作らない環境の工夫が必要です。

ヘルニアを発症し行動に制限が出ると、日々の運動もままならなくなります。

また、痛みや麻痺が出現して歩行できなくなれば、犬のストレスも大きくなり、生活の質の低下を招く要因にもなって犬の寿命を縮めてしまうかもしれません。

普段から、高い場所にジャンプさせない、段差の無理な昇り降りはさせない、というように、生活環境の中での動作にも気を配り、緩やかなステップ台やスロープを設置して病気を予防することが大事です。

 

犬 階段 ステップ ペット用 階段 ドッグステップ Mサイズ 幅40cm PVCレザー

 

また、足腰に負担をかけないようにするために、床は滑りにくいように工夫をしましょう。

手軽に塗れる滑り止めのワックスなども売っていますし、タイルカーペットを敷くことで衝撃を和らげることもできます。

タイルカーペットは、汚れた部分だけをはずして洗えますので、掃除をする時も便利です。

 

おくだけ撥水吸着タイルマット 大判 60×45cm 3枚入 吸着マット 防音 タイル 廊下 犬マット

犬を抱く時も、縦に抱くと腰に負担がかかりますので、抱き方には注意して下さい。

後ろ足で立つようなことも、脊椎への負担がかかりますので、やめさせた方が安全です。

また、かかりやすい病気は他にもあります。

ミニチュアダックスフンドの垂れ耳は、耳の中の湿度が上がりやすく、菌やカビが繁殖して外耳炎を起こしやすい構造ですので、耳のケアをきちんとしてあげましょう。

身体にブラッシングをする時には、耳も清潔にするように習慣づけ、異常を発見できるようにして下さい。

もし、治療法のない病気を発症したとしても、対症的な治療は可能なのです。

生活の質を落とさないように環境を整えてあげさえすれば、犬の寿命を延ばすことはできると思います。

まとめ

ミニチュアダックスフンドの寿命は比較的長い方です。

質の良い栄養や運動の習慣はもちろんのこと、犬種が発症しやすい病気を知り、そのリスクを避ける環境などを配慮することが、犬の寿命を延ばすことに繋がります。

ミニチュアダックスフンドのような人気犬種は、需要も多いと同時に、飼育放棄されて愛護センターに収容されていることも多い犬種です。

犬は流行で買い替える品物と違います。

迎え入れた犬に終生責任を持ち、病気になってもその犬の寿命までどうか一緒にいてあげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

【おすすめ記事】

>>犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと 評判 

>>デメリットも調べよう!ペッツベストのペット保険・口コミ評判

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!