気管虚脱がある犬の発作のコントロール 日常生活での対処法

何らかのはずみで犬が苦しそうに、ガーガーと咳き込む発作の様な呼吸をしていたら、気管虚脱という病気があるかもしれません。

気管虚脱は気管が変形している病気であり、その為に呼吸困難に陥りやすく、このような発作を起こさせないためには日常生活の中でも注意が必要です。

今回は気管虚脱がある犬の日常的な発作予防の対処法について解説したいと思います。

スポンサーリンク

気管虚脱は小型犬に多い病気

特徴的な咳発作

気管虚脱と言えば、ガチョウが鳴くようなガーガーといった咳発作がもっとも特徴的な症状とされています。

気管虚脱は、気管が潰れて狭まってしまい呼吸がしにくくなる病気です。

喘息発作とは病態が違いますが、喘息発作も気道が狭くなり呼吸困難に陥る病気なので、起きていることは同じようなことと考えるとわかりやすいかもしれません。

この特徴的な咳は「ガチョウ鳴き様発咳=Honking chogh」という名前で呼ばれる症状です。

ガーガーといった咳発作では、「逆くしゃみ」と呼ばれるものと似ているようにも思いますが、逆くしゃみとは異なり、気管虚脱の発作は明らかに呼吸困難の様子を表しています。

私の愛犬も、ガーガーといった咳発作のようなものがあり、以前、気管虚脱を疑われましたが、胸部レントゲン検査でそうではないことがわかりました。

それでもガーガーやブーブーという呼吸音は頻繁にあり、気管が狭いというのは考えられるかもしれませんが、潰れているわけではないということです。

気管虚脱のガチョウ鳴き様の咳は、もっと深刻なものです。

この症状についての動画はネット上にたくさんUPされているようですので、ご覧になってみると違いがわかると思います。

しかし、ガチョウ鳴き様の咳ではない他の症状もあり、軽ければ気づかないということも多いそうです。

飲水時にむせたり、ヒューヒューゼイゼイといった喘息様の呼吸であったりと、「咳」という症状ではないこともあり、重度になるに従って、咳発作が長く出て止まらなくなってくるようです。

また、発作時には呼吸がうまくできない状態であるために、酸素が不足してチアノーゼが現れて舌が紫色になり、これは呼吸困難の重要な所見です。

遺伝的要素がある

気管虚脱の原因は、気管を支えその形状を保っているはずの軟骨が、何らかの原因でその強度や柔軟性を保てなくなったことです。

本来は、その軟骨が気管を囲んでいて筒状の気管の形を維持しています。

しかし、その軟骨の変性によってそれができなくなってしまうのです。

これには、軟骨成分であるグリコサミノグリカン、グリコプロテイン、コンドロイチンなどの減少によるものが考えられ、遺伝的な要因が関係すると言われています。

~気管虚脱の遺伝的要因を持つ好発犬種~

ヨークシャーテリア、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドル・レトリーバー、ボクサー、トイプードル、パグ、マルチーズ、チワワ、ポメラニアン

最も多い犬種としては、ヨークシャーテリアが要注意とされます。

圧倒的に小型犬に多い病気ですが、レトリーバーなどの大型犬にも見られます。

また、遺伝以外にも、気道の急性あるいは慢性炎症、呼吸器感染症、気道粘膜の変性、さらに肥満や気管内挿管(手術のための全身麻酔時など)が原因になることもあるようです。

気管虚脱の呼吸困難発作が出やすい環境としては、湿度が低すぎたり、梅雨時や季節の変わり目、または夏に多く発症します。

スポンサーリンク

気管虚脱のグレード分類

気管虚脱は重症度によってのグレードの分類があります。

《気管虚脱のグレード分類》

  • グレード1:気管の内腔の25%が減少している状態
  • グレード2:気管の内腔の50%が減少している状態
  • グレード3:気管の内腔の75%が減少している状態
  • グレード4:気管の内腔の90%以上が減少し、気管の断面は平たく潰れている

グレード4まで進行している場合は、気管腔はほとんど呼気も吸気も通らない状態まで潰れてしまっていて、呼吸困難が著しくかなり深刻であることがわかります。

気管虚脱の根治治療は手術

気管虚脱の治療は、軽度の場合は鎮咳剤・気管支拡張剤・消炎剤・ステロイドなどの薬で治療を行います。

感染症に対しては抗生物質を使用し、酸素吸入が必要なこともあります。

しかし、これは発作を抑える、または発作に対する対症療法であり、気管の形状が潰れていることの根本的な治療はやはり手術になるようです。

発作のコントロールが薬ではうまくいかない場合で、グレード2以上の重度の気管虚脱では、手術が検討され、それも犬ができるだけ若い時で6歳未満の方が経過は良いようです。

ただ、気管虚脱の手術は術後の合併症が様々あり、手術そのもののリスクも高くなります。

一方で、気管虚脱の画期的な手術が行える専門病院もあり、治療方法は進歩していると言えるのではないでしょうか。

日常生活の工夫・発作予防の対処法

気管虚脱がある犬では、気管内が通常より狭くて空気の通りが悪いので、普段から、呼吸困難を起こしやすいということには十分注意しなくてはなりません。

その為、呼吸を妨げるような要素はできる限り取り除いてやることが必要です。

気管虚脱の発作性の咳は、それを引き起こすきっかけになるものもあります。

そのような要因を避け、できるだけ発作を起こさせないようにコントロールすることは、日常一緒に過ごしている飼い主さんにしかできない療養上の大事なポイントです。

発作を引き起こす要因になるものは、

  • 興奮
  • 食事
  • 激しい運動
  • 気温の高さ
  • ストレス
  • 肥満
  • 空気中の刺激物質

などがあります。

このような要因を回避できるように、犬の日常的な環境を整えてあげて下さい。

【飼い主さんにできる日常の工夫・発作対処法】

  1. 首輪ではなく気管を外から締め付けることのないハーネスに変える
  2. 適正体重を維持し、肥満があるようならダイエットする
  3. 外気温が高い場合の外出をできるだけ避ける
  4. 走らせることや興奮させるような激しい運動はさせない
  5. 犬の周囲での喫煙を避ける。
  6. 空気清浄機などを用いる
  7. 室温を適正に保つ
  8. 一気食いしないように器を工夫する
  9. 呼吸器感染症を予防する→炎症は症状を悪化させ激しい症状は炎症を招くという悪循環
  10. 心疾患のコントロールをする(気管虚脱と心疾患は合併率が高い)
  11. ひどい発作時は、涼しい場所で酸素吸入をさせる→医療機関へ繋ぐ

 

【早食い防止の器の参考記事】

糖尿病で治療中の犬 おやつも食べさせてはだめ?

 

そして、日常的な注意点は心疾患の時の注意点と共通すると考えてよいと思います。

【参考記事】

心臓に雑音が生じる犬の病気 僧帽弁閉鎖不全症の症状と治療

気管虚脱は気道の狭まりが原因ですので、緊急時は気道確保のための気管内挿管が必要になることもあります。

完全に気道が塞がってしまうことは命が危険にさらされることにもなりますので、緊急性を意識して対処してあげて下さい。

 

まとめ

犬の気管虚脱は、気管の軟骨の変性、または炎症性疾患などが原因になって気管が潰れてしまう病気です。

気管が潰れることで、空気の通りが悪くなり、犬は呼吸困難に陥ります。

気管の内腔がどの程度潰れているかということは重症度の指標になり、それによってグレード分類がされます。

グレードの高い、いわゆる重度の気管虚脱では気管内挿管などによって気道確保の必要性が出てくることもあり、根治治療は手術です。

しかし、飼い主さん側でも、日常生活の中で発作を起こさせないための対処法がありますので、普段からそのようなことに注意してあげて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!