犬の目が腫れるのはアレルギー症状?目が腫れる原因と対処法

犬の目のトラブルは多く、適切な処置をしなければ、その後の視力に大きく影響することもありますので、決して軽視できません。

目が腫れるのは目立つ症状の一つですが、その原因には炎症以外にアレルギーが関係していることも多く、ワクチンなどの関与が考えられる場合もあります。

今回は、犬の目が腫れる症状とアレルギーとの関係について解説したいと思います。

犬の目が腫れる原因になる病気

犬の目が腫れるというのは症状の一つですが、どのように腫れているのかによっても考えられる病気は違います。

例えば、まぶたの上が腫れるのか下が腫れるのか、眼球が腫れるのか、何か腫瘍のようなものができていて腫れるのか、または目を含めて顔全体も腫れるのかなど、目が腫れるにもいろいろあります。

犬の目が腫れるということで、一般的に考えられる病気を次に挙げてみました。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)・霰粒腫(さんりゅうしゅ)

麦粒腫は通称「ものもらい」と呼ばれるもので、犬の目にもできます。

麦粒腫も霰粒腫も、まつげの生え際のマイボーム腺という、油分を分泌する部位の炎症です。

細菌感染により急性に生じるものが麦粒腫マイボーム腺のつまりによって慢性的に炎症を起こすものが霰粒腫になります。

両者とも、犬のまぶたの縁が全体的に腫れる、またはイボのように腫れる、涙が多くなり目やにが出るなどの症状があります。

麦粒腫は抗生剤で治療し、霰粒腫は手術が必要になる場合もあります。

眼瞼炎

眼瞼とはまぶたのことです。

眼瞼炎の原因は複数考えられます。

  1. 虫に刺されたり他の目の病気による痒みなどで、目を擦って傷がついたなど外傷性の原因
  2. 寄生虫や細菌、真菌など感染が原因
  3. 逆さまつ毛、眼瞼内反症または外反症など眼瞼の異常が原因

などがあります。

犬の目の周囲が腫れる、脱毛するなどの症状があり、悪化すれば化膿することもあります。

治療方法は、眼瞼炎の原因になっているものに応じて違ってきます。

結膜炎

結膜とは、眼球の白目の部分からまぶたの裏までを覆う膜のことです。

結膜炎の原因は、外的な要因であることが多く、

  1. ごみ、花粉、薬品、ハウスダストなどの物理的な原因
  2. ウイルス、細菌などの感染が原因

などによって起こる炎症です。

また、もともと持っている病気、角膜炎、ぶどう膜炎、ドライアイ、緑内障、副鼻腔炎などが原因となることもあります。

両目に同じ症状が出ている場合は、感染症かアレルギーの可能性が高いです。

結膜炎の初期症状は、目の充血や、違和感があり目を擦る動作などですが、それほどは目立ちにくいです。

症状が悪化するにつれて、涙や目やにが多くなり、目が腫れるなどの症状が出て来るようになります。

【目やにについての参考記事】

犬の目やにが多い原因と対処方法 黄色や緑色は早急に病院へ!

チェリーアイ

犬の目には目頭の内側に瞬膜(しゅんまく)とも呼ばれる第三眼瞼と、その裏側に存在する、涙を生成している第三眼瞼腺と呼ばれる腺があります。

チェリーアイとは、この腺が外に飛び出して赤く腫れてくる病気のことで、正式には第三眼瞼腺突出という病名です。

チェリーアイの発症には遺伝が関与していることも多いです。

この病気は進行すると結膜炎や角膜炎の合併が多くなり、根本的には外科手術が必要になります。

【チェリーアイについて参考記事】

犬のチェリーアイとは?症状や治し方 放置すれば失明もある

犬のチェリーアイ(第三眼瞼腺突出)の治療・手術と費用の目安

緑内障

緑内障は、目の中にある眼房水という水が多くなりすぎて眼圧が上昇する病気です。

強い痛みと充血を伴い、視野の異常をきたして、進行すると失明してしまう重大な病気です。

急速に進行することが多く、進行とともに眼球は大きく腫れて目が飛び出してくるようになります。

この状態を牛眼と呼び、元に戻ることはありません。

緊急に治療の必要な病気であり、一刻も早期発見することが望まれます。

【緑内障の参考記事】

犬の緑内障は失明の危険あり!症状を知って早期の治療を!

歯周病、歯髄炎

歯が原因で起こる歯周病などの病気も、目の下が腫れるという症状で気づくことがあります。

目の下の腫れは、一見どこに原因があるのかわかりにくいのですが、口の中に原因があることも多いのです。

アレルギーでも目が腫れることが多い

結膜炎などで目が腫れる場合、その原因がアレルギーであることもあります。

結膜や角膜は外的要因を受けやすい部位であり、また、常に涙で湿っていることによってアレルゲン物質が付着しやすいのです。

また、接触性のアレルゲンだけでなく、体内に入り込んだアレルゲンで食物アレルギーを起こした場合も、犬の目が腫れる症状が出現することがあります。

まぶたを中心にして、鼻や顔全体がパンパンに腫れるという状態になることがあります。

アレルギー反応の場合は、目が腫れると同時に、全身に痒みを伴う蕁麻疹の出現も多く見られます。

人のアレルギー反応について、体の表面に起こっている蕁麻疹は、内臓や気道粘膜にも起きている可能性を考えるものです。

犬の顔がひどく腫れあがる時には、気道が閉塞して呼吸困難に陥る危険性も考えられます。

目の腫れや蕁麻疹は、時間と共に自然と落ち着くこともありますが、急速に症状が悪化して緊急を要することもあります。

目の症状からみるみるうちに顔全体が腫れるような場合は、注意が必要です。

危険なアレルギー反応・アナフィラキシーショック

アレルギーとは、薬物、食物などの抗原が体内に入ることによって起こる抗原抗体反応のことです。

アレルギーの型は、4つに分類されます。

出典元http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/dl/jouhou01-17.pdf

この中で、即時型アレルギーと呼ばれるⅠ型は、原因となるものが体に入って数十分以内という短時間で急激に起きるアレルギー反応のことです。

  1. 皮膚症状
  2. 消化器症状
  3. 呼吸器症状
  4. 循環器症状

など、複数の激しい症状が同時に見られ、一気に重症化してショック症状に陥ることがあります。

このような反応をアナフィラキシーショックと呼び、アレルギー反応のもっとも重大な症状です。

【アレルギー反応についての参考記事】

犬のアレルギー症状とフードの関係・材料と安全性について

4種の症状に注意!犬の食べ物アレルギー対策について

人の場合で例えるなら、そばアレルギーや蜂毒アレルギーなどがアナフィラキシーでは代表的なものです。

処置が遅れると生命に関わり、アレルギーの中で大変危険なものですが、このようなことが犬にも同様に起こります。

また、人の症例ですが、食物依存性運動誘発アナフィラキシーというものもあります。

これは、アレルゲンとなる食物が入ってきてもその時はアレルギー症状は起こらないのです。

そしてその2時間以内の運動が引き金となって、まれにアナフィラキシーを誘発することがあって危険です。

アレルギー反応にはこのような様々なパターンがあるので要注意です。

アレルギーとワクチンの関係

重大なアレルギー反応であるアナフィラキシーは、虫に刺されることや食物も原因になりますが、薬剤、特に犬のワクチン接種時などにも注意が必要です。

ワクチンは、本来、病原体に対する抗体を作り、犬の体内にその病原体が侵入してきた時、感染を予防することを目的に接種するものです。

しかし、感染症を予防する為に必要なこのワクチン(抗原)に対して、過剰なアレルギー反応を起こしてしまうことがまれにあるのです。

この時のアレルギー反応は、接種後1時間以内に起こる即時型反応(アナフィラキシー)と、1~24時間くらいで起こる非即時型反応(遅延型アレルギー)があります。

アナフィラキシーは上記したように、複数の症状が出現しショックに陥る全身性の反応です。

一方、遅延性アレルギーという形で表れた場合は、犬の目の周りや顔が腫れる、蕁麻疹などの皮膚症状が現れるという症状が多く見られます。

犬の顔が腫れる症状は、ムーンフェイスと呼ばれるような、パンパンに腫れる状態になります。

しかし、混合ワクチンでの副作用は、それほど頻度の高いものではありません。

注意は必要ですが、むやみに恐れることはなく、そのほとんどは安全に行えるものです。

2006年~2007年に、日本で犬の混合ワクチンの有害事象について調査した結果、ワクチン接種後に犬に重度から軽度までの何らかの有害事象が現れたのは57300匹中359匹という数字が出されました。

このうちでアナフィラキシーは41例、目や顔が腫れるなどの皮膚症状は244例でした。

2006年4月1日から2007年5月31日までVAAEを獣医病院に配布することにより、日本でアナフィラキシーを含むワクチン関連有害事象(VAAE)を調査する大規模調査を実施した。

有効回答は57,300個のワクチン接種犬573の動物病院; 私たちは各獣医院の最後の100匹のワクチン接種犬についてVAAE情報を得た。我々は、57,300匹の359匹のイヌがVAAEを示したことを見出した。359匹のイヌのうち、1例、41例のアナフィラキシー、244例の皮膚科学的徴候、160例の胃腸兆候、および106例の他の徴候で死亡が観察された。

出典元 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22264736

このデータを少ないと捉えるか多いと捉えるかになりますが、数字としては大きくないとしても、まれな症例としても起こりうることを認識し、前後の体調には十分気を配る必要があると思います。

目が腫れる原因がアレルギーと考えられる時の対処法

 

犬の目や顔が腫れていることに気づいた時は、直前に犬に何があったか考えれば、アレルギーの原因の見当をつけることができるかもしれません。

  • 犬が食べたものは何か?
  • 散歩中、犬が虫や変わった植物などに接触していないか?
  • 新しく与えたおもちゃ、それまでと違う衣類の素材など、心当たりはないか?

などを考えてみましょう。

ちなみに緊急性がない時に限られますが、犬のアレルゲンを特定する検査もあります。

【犬のアレルギーの検査について参考記事】

病院で犬のアレルギー検査にかかる費用はどのくらい?

その日、犬にワクチン接種または何か治療に薬剤を使った場合は、それも原因になっている可能性があります。

ワクチン接種後は、犬に重大なアレルギー反応のアナフィラキシーが出ないかどうかを観察する為、一定の時間、病院で様子をみるのが普通で、接種してすぐに帰るということはないと思います。

もし重大なアレルギー反応が起こった場合、病院にいればすぐに処置ができるからです。

犬に即時型アレルギーのアナフィラキシーを起こす危険がないことがわかってから帰宅し、その後に家で何らかの異変が起こった場合は、遅延性アレルギーであると考えることができます。

犬の目や顔が腫れる症状が見られた時、犬の全身状態が悪くならなければ、時間とともに自然と改善すると考えられますが、私としては、医療機関への相談をお勧めしたいです。

犬の目や顔が腫れるのはやはり異常であり、犬の体調もどのように変化するかわかりません。

急激に悪化する可能性もないわけではないのです。

犬のワクチン接種は、ワクチン予定日には飼い主さんもその後のスケジュールを空けておいて、午前中にワクチンを行うことが望ましいです。

午前中だと、その後じっくり犬の様子を見る余裕が持て、必要があれば当日に病院にかかることも可能なので安心です。

そして、少しでも犬の体調が悪い時はそれがアレルギーを起こす要因の一つになりかねないので、獣医師に相談し、その日のワクチンは避けた方が安全です。

目が腫れて痒みがある時は、症状がおさまるまでは、犬が目を傷つけないようにエリザベスカラーなどが必要になることもあります。

また、花粉の多い季節などは犬を外気にあまりさらさないように、風に当たる場所には連れ出さないのが無難です。

フード付きの衣服などでカバーしてあげるのもよいかもしれません。

さらに、犬がアレルギー体質であることがわかっている場合は、日常に使用するウェットティッシュなども気を配ってあげて下さい。

 

まとめ

犬の目が腫れるという症状にはいくつか考えられる原因があります。

病気の内容によっては、治療開始が遅れると後遺症を残すことがあるので、異常に気付いた時点でなるべく早期に医療機関に連れて行って下さい。

犬の目が腫れる症状にはアレルギーの関与も見られます。

目の周囲の皮膚はデリケートで、アレルゲン物質が付着することでの反応、または体内にアレルゲンが侵入した場合の反応という両方のパターンで目が腫れることがあります。

アレルギーの中には、アナフィラキシーが重篤になる反応であり、要注意です。

アナフィラキシーは、ワクチン、虫に刺される、食物など、どの場合も起こりうる反応ですので、十分に注意して下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬のアレルギー対策 フードを手作りご飯にする効果と方法

「いぬとねこの保険」は安い?免責や口コミ評判もチェック!


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"