犬のしつけ教室と預かり訓練 その違いと選び方について

犬のしつけについては、飼い主さんが自分でしつけをするのではなく、預かりによる訓練やしつけ教室など、専門家に任せるという選択肢もあります。

ただ、専門家と言っても、自分の犬にとってはどんな形でどういう人に依頼するのが適しているのか、実はよくわからないということはないでしょうか?

今回は、しつけ教室と預かり訓練についてわかりやすくまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

犬のしつけ専門家の資格

のしつけの専門家の呼び方にもいろいろありますが、「訓練士」と「トレーナー」は同じものだと思われますか?

場合によっては同じように使われることもありますが、厳密に言えば違いがあります。

訓練士とは、主に使役犬と呼ばれる、ある目的を持った仕事をする犬に対して、その仕事ができるように訓練する職業のことで、例えば盲導犬や警察犬、災害救助犬などを担当します。

訓練士は犬との関係も、仕事を覚えさせる上司と部下のようなものと言われます。

トレーナーとは、ペットとしての一般の家庭犬に対して、人間と暮らして行く上での日常的なルールやマナーなどのしつけをする職業で、例えばトイレのしつけや散歩、吠えをなくすしつけなどを行います。トレーナーは犬との関係も、親子のような関わり方というのが近いようです。

犬訓練士資格というのは、日本警察犬協会が発行する公認資格などありますが、トレーナーに関しては、日本ドッグトレーナー協会のライセンスなどはあるものの、統一の資格はまだないようです。

そして、それぞれを別に考えずに、総称してドッグトレーナーというように呼ぶ場合もあります。

スポンサーリンク

犬のしつけ教室とは

犬のしつけ教室は、様々な場所で開かれているのを耳にすることもあるかと思います。

これは犬の訓練所と目的が異なっていて、「犬をしつける」というより、その飼い主に対して、犬をどのように扱うべきなのかのコツを教える、どちらかと言えば「飼い主に学ばせる」ということを目的とします。

そして、しつけ教室には集団講習個人指導がありますが、個人指導の教室ではトレーナーが自宅に来てくれて、実際に犬が暮らしている環境の中での指導を受けられます。

犬のしつけ教室のメリット

しつけ教室での一番のメリットは、飼い主さん自身が本などを読み、どんなに学習してもわからないような細かいことや、ちょっとしたコツなどを教室のトレーナーから直接教わることができることでしょう。

また、犬のしつけでの悩み、うまくいかないことなどを教室で相談することができ、その場で教わって解決できることもあるかもしれません。

そして、集団のしつけ教室の場合は、他の犬や飼い主さんとも繋がりができ、犬は他の犬や人との関わり方を学ぶ機会が持て、教室が、犬の社会性を身に着ける学習の場にもなります。

飼い主さんにとっても、同じ教室の飼い主同士で話しあったり相談しあったりすることができる機会にもなります。

一方、個別に対応してくれる個人指導では、犬が実際に暮らしている環境下でしつけを教わることができ、その環境に対するアドバイスも現実的な内容になりますし、犬の性格に合わせたものにもなるでしょう。

また、繊細な性格の犬の場合は、慣れた自宅でならストレスも少なくてすみます。

犬のしつけ教室のデメリット

もしも犬に大きな問題行動があり、それを目的とする場合は、その教室でできる内容と時間に限界があるので、日数がかかるか、または難しいかもしれません。

集団のしつけ教室の場合、犬の性格によってはストレスになり、犬の負担も大きいかもしれません。

犬の預かり訓練とは

犬の預かり訓練とは、犬を一定期間、訓練所に預託して訓練士によって犬を訓練することです。

大型犬、気性が荒く飼育が難しいとされるような犬種、または問題行動があり飼い主さんにしつけが困難な場合の行動矯正の目的など、預かり訓練をすることでしっかりと犬の服従心を育て、家での生活がスムーズにいくようにします。

預かり訓練は一般に、子犬であれば半年くらい、最低でも4ヶ月ほどの期間が必要と言われ、費用もしつけ教室より高額となります。

預かり訓練のメリット

預かり訓練のメリットは、プロの訓練士から預かり中の犬の性格などを細かく判断してもらい、自宅で生活する上での的確なアドバイスがもらえます。

また、事前に伝えておいた飼い主さんの希望に沿ったしつけをしてもらえるようです。

訓練所は預かり訓練の為の環境や設備も揃っているので、集中して高度な訓練を受けることも可能です。

預かり訓練によって徹底した服従心が育てられるので、自分でしつける自信がない飼い主さんにとっても安心でしょう。

また、預かり訓練にも、月単位の期間ではなく一日単位で預かり対応するプランなどがある訓練所もあるようです。

短期間の預かりで本格的な訓練は無理だと思いますが、ホテルに預けるような感覚で訓練の見直しの機会として利用するとよいようです。

預かり訓練のデメリット

最低4ヶ月と言われる預かり訓練は長く、やはり飼い主さん側は自分の犬のことを預かり訓練中は把握できないことが不安材料になります。

預かりに出したのが子犬であれば、一番可愛い時期に傍でその成長を見られない寂しさもあるでしょう。預かり訓練士の方に懐いてしまい、自分を忘れてしまうのではないか?という不安もあります。

また、預かり訓練中はきちんと訓練士の命令に従っていたけれど、帰って来たら家では全く言うことを聞かないという話もあるようです。

そして例外的な話ですが、残念ながら悪徳な訓練所も存在しており、犬の訓練が実は行われてなかったということや、健康管理がずさんだった、預けた犬を返してもらえない(行方不明)というようなトラブルもあるようです。

しつけ教室・訓練施設の選び方

自分の犬のしつけにどのような場所が向いているのか選ぶ時には、その犬種や月齢、しつけの目的、そして今抱えている問題があるのかなどで決めることになります。

特殊なしつけを要するのではなく問題も特にない子犬などは、まずしつけ教室が手軽でしょう。

各自治体の動物愛護センターや保健所、役所などの公共機関からも教室の情報が得られることがありますし、動物病院などが独自に教室を開催していることもあります。

ホームページなどで確認してみるといいと思います。

有料のしつけ教室を選ぶ場合は、一度見学をさせてもらった方がよいと思います。また、お試しで体験ができるところもあるようですので、そのようなものを探してみてもよいかもしれません。

そして事前に、かかる費用、訓練の方法、対応は誠実か、また担当トレーナーの経験や方針、施設が清潔かどうかなど、できる限り確認してください。飼い主さんが求めている内容と、そこでできることが合っているのかが重要です。

通うことになれば場所も大事ですので、通いやすいかどうかも検討して下さい。

預かり訓練をする訓練所では、しつけ教室より訓練の内容が厳しいことも多いようで、預かり中にどのような方法で訓練を行うのか、トレーナーの経験や方針、預かり訓練所の設備など見学して確認してください。

体罰的な訓練が主体となっている訓練所もあるようなので、訓練中の犬がどのような雰囲気か、のびのびとした様子で過ごしているかも確認した方が良さそうです。

費用の相場の目安として、預かり訓練では5万円~/月、しつけ教室では、集団の場合は約2千円/1時間、個別では約3千円/1時間、大体このくらいはかかると考えておいた方がよさそうです。

また、預かり訓練所でも、預かり中の犬と一緒にスタッフが過ごす24時間対応の所もあれば、夜間は施設に犬を置いておき、一切対応しない所など、様々のようですのでよく調べた方がよいと思います。

 

まとめ

犬のしつけを依頼するにもいろいろな形態があるので、何を目的としているのかを明確にさせた上で、その目的に合ったものを選び、しっかりと比較検討することが大事です。

医療の進歩によって今は犬も長寿となり、迎えた犬との付き合いは長いものになります。しつけを怠ることは将来的に問題の起こる可能性が高まり、共存を難しくする原因にもなります。

大型犬であれば、噛む癖を放置することなどで大きな事件や事故にも繋がります。

最近は、飼い主を教育するということが重要視されるようになっていて、飼い主のしつけに対する意識の高さが求められる時代になってきています。

しつけ教室にしても預かり訓練にしても、それぞれの犬に適切な方法でしつけを行う必要性を理解し、犬と良好な関係を築きながら暮らしていけるようにしたいものです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

子犬と一緒に通いたい!しつけ教室にはいつから参加できる?

子犬の噛み癖は早くなおすのが大事!噛み癖のしつけ方法

スポンサーリンク