アニマルホーダーという精神疾患の心の闇とゴミ屋敷との共通点 

近年、犬や猫の多頭飼育崩壊がメディアでよく取り上げられます。

そこにはアニマルホーダー(Animal Horder)という精神疾患が関係していると考えられています。

発覚するのは氷山の一角で、問題が表面化しただけでもまだましと言えるかもしれません。

この問題は、個人の飼い主や繁殖業者に限らず、犬や猫を保護する立場にあるはずの愛護活動家の中でも起きています。

今回は、ゴミ屋敷とも共通するアニマルホーダーの心の闇について解説します。

社会問題化する犬や猫の多頭飼育崩壊

多頭飼育崩壊とは、動物を無秩序に多数飼育した結果、繁殖が繰り返されるなどして飼育不可能になることを言います。

多頭飼育崩壊の現場では、給餌も追いついてなく、

  • 汚物の散乱
  • 不潔な環境
  • 害虫の発生
  • 栄養不良
  • 病気
  • 餓死や共食い

などといった、悲惨な環境になっていることがほとんどです。

また、多頭飼育崩壊となる動物は犬に限らず、猫や小鳥などのペット全般が対象になります。

飼い主は、そこに何匹の犬や猫がいるのかなど把握できてないことも多く、死骸が放置されているような状態になっていることもあります。

しかし、この問題は、本人以外の誰かが気づかない限り、問題が表面化することもありません。

問題が問題として認識されるようになる経過には次のようなパターンがあります。

  1. 近隣からの苦情が行政機関にあがる
  2. 本人が亡き後、その部屋の貸主や親族が初めて実情を知る
  3. 何を指摘しても聞く耳持たない本人の代わりに、見かねた家族が愛護団体などに相談する
  4. 少ない例だが、手におえない状態を自覚した本人が自分からSOSを出して発覚する

しかし、大抵、本人にとって、多数の動物を飼育しているのは善意の行動であり、現実がどれほど悲惨でも過剰な飼育であるという自覚はありません。

多頭飼育崩壊の発生は、ゴミ屋敷の中で発生していることも多く見られる傾向です。

アニマルホーダーは適切な飼育ができない

アニマルホーダーとは、異常とも言える過剰な数の動物を集めて溜め込み、飼育する人のことです。

被害を受ける対象動物は、主に犬や猫です。

日本語では「過剰多頭飼育者」とも呼ばれます。

そして、過剰な多数の動物を集め、無秩序な飼育をした結果、現実的には世話がろくにできず、自身の生活も立ち行かなくなった状態が最初に述べた多頭飼育崩壊です。

アニマルホーダーと多頭飼育崩壊には深い関係があるのです。

アニマルホーダーは収集家

アニマルホーダー=アニマルコレクターです。

それは、現実的な限界を越えた、動物が対象の収集癖です。

しかし、ここで区別しておきたいことは、たくさん飼育していればアニマルホーダーであるかと言えば、決してそうではないことです。

例えばたくさんの犬を飼育していても、

  • その数に見合うだけの広い家屋や敷地など、適切な飼育スペースがある
  • 常に衛生な環境を保つことができる
  • 健康状態を把握していて必要な時に必要な医療にかける経済力がある
  • 良質な食事を与え日々の世話が行き届いている

ということであれば、それはアニマルホーダーではありません。

反対に、それほどの膨大な数にはなっていなくとも、それに見合う生活環境もなく、管理が行き届かず、適切に世話ができないのに増やすのならば、それはアニマルホーダーの可能性があるということです。

愛護活動家の中にもアニマルホーダーは存在している

アニマルホーダーは、繁殖業者、一般の飼い主、愛護活動者というような人々の中に紛れ込んで存在しています。

ブリーダーとは、遺伝病や健康管理などについてきちんと学習し、正しい知識を持って計画的な繁殖しか行わない、より良い犬種(猫種)保存を目的としたものが本来の在り方と言えます。

しかし、一方では、とにかく子犬や子猫を効率よく生産販売することを目的とし、繁殖犬や繁殖猫を物としかとらえずに、動物の健康や環境にはコストも労力もかけないといった、自称ブリーダーの悪徳繁殖業者もいます。

このような悪徳繁殖業者は、時々ニュースに取り上げられることもあり、近年では「子犬工場」として問題視されました。

しかし、アニマルホーダーの中には、最初は良心的なブリーダーとして繁殖業を始めた人もいるかもしれません。

そしていつの間にか繁殖犬や子犬の数のコントロールができなくなり、増やすだけ増やして抱え込み許容範囲を越えてしまったために、最終的には崩壊し結局は悪徳繁殖業者と同じことをしてしまうのです。

アニマルホーダーが一般の飼い主である場合は、単に自分のエゴで多くの犬を飼い集めて抱え込み、実際は世話を怠っているネグレクト(飼育放棄)の状態であることも多いです。

このような飼い主は、お金を出して犬や猫を購入するだけでなく、次々と保護動物を譲り受けては世話をしない無責任な里親として存在していることもあるようです。

そして、保護動物の里親になるという世間の信頼を集めやすい立場にあることで、その実情になかなか気づかれないことも多いのです。

もっとも厄介なのは、そのような飼い主やブリーダーから犬や猫を保護し、自分の人生を捧げて愛護活動をおこなっているように見える人の中にもアニマルホーダーは紛れ込んでいるということでしょう。

その活動が使命であるかのように不幸な犬猫を集め、周囲には尊い行動に映るので、称えられたり感謝されたりして支援者などもいます。

しかし、実際には、自分の限界を越えて多頭飼育崩壊状態に陥っていて、それでもその行為がやめられません。

保護された犬や猫は、幸せと言い難い状態に置かれているにも関わらず、愛護活動というキーワードに隠されてアニマルホーディングとはわかりにくい、最も手に負えない状態とも言えると思います。

アニマルホーダーの本質は精神疾患

物を過剰かつ大量に収集し続ける、病的な溜め込み行為は、ホーディング(Hoarding)と呼ばれ、溜め込む人はホーダー(Horder)と呼ばれます。

溜め込みの対象が動物である場合に限りアニマルホーダーという名称で呼ばれますが、ゴミ屋敷を作り出す行為もまたホーディングであり、本質的に同じものです。

このホーディング=溜め込み行為は、溜め込み障害(HD:Hoarding Disorder)という一つの精神疾患として認められ、アメリカ精神医学会による「精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)」のDMS-5版に2013年より新しく加えられました。

ホーディングは、それまでは強迫性障害の症状の1つと考えられていました。

集めたものやごみ(第3者から見た)を処分すると、大きな災害や悪いことを引き起こしてしまうのではないかというような、迷信的で不合理な確信にとらわれた強迫性障害という疾患の症状として起こる行動とされていました。

しかし、現在、ホーディングは独立した一つの精神疾患と考えられています。

アニマルホーダーの診断基準

アニマルホーダーの診断基準は、アメリカ精神医学会のマニュアルDMS-5によれば

  • 数多くの動物たちを囲い込んでいる
  • 最低限の給餌、衛生管理、医療管理を行っていない
  • 動物たちが置かれている劣悪な環境をみても行動を起こそうとしない

の3点です。

ホーダーは、基本的に状況を客観視する能力が欠けているとされていますが、その27%ほどは客観視する能力が保たれていて、ホーディングによって引き起こされている現実的な困難を自覚できているとも言われます。

アニマルホーダーの特徴

マサチューセッツ州タフツ大学カミングズ獣医大学院と提携して、この問題を研究している「アニマルホーディング研究評議会(Hoarding of Animals Research Consortium - HARC)」という団体があります。

この団体の調査でわかっていることとして、次のような特徴があげられます。

  1. アニマルホーダーは、76%が女性、46%以上が60歳以上、50%以上が一人暮らし、60%以上が問題を全く認識できない状態である
  2. 被害動物として最も多いのは猫、次が犬。飼育動物の種類は限定ではないが、家の中に隠しやすい猫をホーディングするケースが多い。犬のホーダーは比較的苦情の来ない郊外などに暮らしている。飼育動物の69%以上が不衛生な排泄物の中で暮らし、80%以上に病気があるか、死骸が見つかっている。
  3. 状態が悪化しているにもかかわらず動物の数を増やし、里親探しなどは積極的にしない。
  4. 改善や救助を申し出る愛護団体や行政を敵視する。

ゴミ屋敷との比較

アニマルホーダーとゴミ屋敷の住人の抱える闇は同じものです。

どちらもが異常な溜め込み障害であり精神疾患です。

ただ、ゴミ屋敷の方は行動が目立ちやすく、異常性に社会が気づきやすいという特徴があります。

表通りにまでゴミが溢れているのか、室内がゴミだらけなのか、その程度に差はあっても、ゴミ屋敷そのものは珍しくありません。

私が以前、仕事で関わっていた中で、外からはわからない状態でしたがゴミ屋敷があり、知っているのは一部の関係者だけでした。

害虫がテーブルの上などを這っているのは日常茶飯事で、それが自分の手に昇って来ようが「殺生はいけない」という独自の考えで本人は気にせず、その一方で駆除用の粘着シートを仕掛けているという矛盾もありました。

人が遊びに来るのでいつも自分が料理をふるまうというような妄想めいたことも話し、誰が見てもわかるのに自分は普通の生活をしているというアピールをします。

一般論でこれは不潔だとか非常識だとか指摘したところで、本人は問題を認識できないので、やみくもに否定することはその人格を傷つけ、拒否されてしまうと関わりが持てなくなってしまいます。

歩み寄りながら仲良くなり、本人との人間関係を築き、その中でアドバイスを受け入れてもらうしかないのです。

しかし、ホーディングの対象がゴミではなく犬や猫になれば、ゴミ屋敷とはまた違う印象になります。

「動物が好きな優しい人」や「自分を犠牲にしても可哀想な動物を次々助けてくれるいい人」という善の行動として、その本質に気づかない周囲から認められることも多いのです。

そのために、同じ種類のものでありながら、アニマルホーダーはゴミ屋敷に比べると異常性が表に出にくいという問題点があると思います。

対策は根気が必要

アニマルホーダーは精神疾患ですので、本人が自分でホーディングを止めることができません。

自覚もないので、意見されると態度を硬化させるなどして近づくことさえできなくなったりします。

改善案にその場では何とか納得してくれても、次に会った時には言っていることが変わっていることなども想定内です。

事態が深刻で、早期の解決が必要な場合は、とにかく犬や猫の所有権の放棄に上手に導くことが鍵になると思われます。

アニマルホーダーの常習性はほとんど100%と言われています。

つまり、今集めている犬や猫を引き上げても、その収集癖は治すことができず、ほぼ全員が再び同じことを始めてしまう傾向にあるのです。

アニマルホーダーは精神疾患であることを理解した上で、頭ごなしの否定ではなく、こちらを受け入れてもらえるようなコミュニケーションによる導入が重要だと思います。

そして次の発生を防ぐ為には、その場限りではなく、継続的に地域や人が連携して関わり続け、監視の意味も持ちながら、本人の精神的なケアを長期に継続することが必要です。

 

まとめ

多頭飼育崩壊したアニマルホーダーの家に入ってみたら家の中はゴミ屋敷だったという話は多いです。

そんな環境から引きあげられた犬や猫の姿はとても悲惨です。

ホーディングは、独立した戸建に限らず集合住宅内の一室などでも起きています。

飼育している犬や猫の状態が悪く、ケアがなされていないというような、何か違和感がある飼育者には周囲が関心を寄せることが必要かもしれません。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

動物を虐待する心理と犯罪 犠牲になる物言えぬ命たち

殺処分の現状と保健所の引き取りの理由 飼育放棄される犬達


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"