犬の尻尾にしこりがある?その時考えられる病気とは

しこりとは皮膚の一部が盛り上がり硬くなっていることを言います。

しこりがあると言うと、その正体がわかるまであまりいいイメージを思い浮かべることはないかもしれません。

しかし、もし犬の体を触っていてしこりを見つけたとしても、事前に知識があれば、いたずらに不安を持つことなく早期に対処できるのではないでしょうか?

今回は、尻尾のしこりで考えられる病気について解説します。

スポンサーリンク

しこりは腫瘍の可能性?

のしこりには、表皮嚢胞と呼ばれるもの、老化によるイボ、または腫瘍という3とおりの可能性が考えられます。

表皮嚢胞とは、皮膚の下に袋状のできものができ、そこに皮脂などが溜まってくるもののことを言います。

しこりの原因の一つである皮膚腫瘍の中にも、さらに様々な種類のものがあります。

上皮細胞系の腫瘍には「乳頭腫」「扁平上皮癌」「基底細胞腫」「腺癌」などがあります。

真皮や脂肪組織の腫瘍としては「線維腫」「線維肉腫」「肥満細胞腫」「脂肪腫」などがあります。

そして、さらに腫瘍の分類には良性のものと悪性のものがあり、悪性腫瘍とは癌のことです。

獣医師の診察を受ける時は、犬のしこりの色、大きさ、触った時の硬さや可動性(動くようなものか固定されていて動かないものか)、いつからできているかなどの経過、というような内容を確認されます。

そのような情報を合わせて大まかな検討をつけることになるのですが、それだけではそのしこりが悪性腫瘍か良性腫瘍かという確定診断には至りません。

しかし飼い主さんが一番心配になるのは、まさにそこなのではないかと思います。

しこりが悪性であるかどうかの鑑別のためには、細胞診という検査がおこなわれることになります。

細胞診は、犬のしこりに直接細い針を刺し、しこりの細胞を少量吸い上げて採取します。

それを薬剤で染色して、顕微鏡下で検査します。

採取することができる細胞は、しこりの中で針を刺す一部分だけですので、そこがたまたま正常であり悪性の細胞はそこからずれたところかもしれません。

そのような理由で、完全な確定診断にはならないこともあるのですが、悪性腫瘍であるかもしれないことを調べる材料の一つにはなります。

また、犬の皮膚腫瘍の原因には、ウィルスや紫外線の関連もあると言われています。

スポンサーリンク

尻尾のしこり・肛門周囲腺腫

犬のしこりの中には特定の場所にできるものがあります。

そのような特徴的なしこりとして、肛門や尻尾の周辺にできるしこりが症状である病気もあります。

その病気は肛門周囲腺腫と言う病気です。

どんな病気?

肛門周囲腺腫とは、肛門周囲、尻尾の付け根、または包皮外側の皮下に、硬いしこりとして散在してできる良性腫瘍のことです。

肛門周囲腺腫は良性腫瘍ですが、この病気ととても似ていてその鑑別が困難な悪性の病気、肛門周囲腺癌というものもあり、間違わないように注意が必要になります。

良性の肛門周囲腺腫の方は、男性ホルモンが関与するしこりが症状であり、未去勢のオス犬に多く発生することがよく知られている病気です。

去勢しているオス犬やメス犬にはほとんど発生することがなく、未去勢のオスで大部分は8歳以上の高齢犬の病気として有名なものです。

つまり、もしメス犬の肛門周囲や尻尾の付け根に同じようなしこりができた場合は、こちらの良性腫瘍によるしこりではなく、悪性腫瘍である可能性が高いと考えられるのです。

特に肛門嚢アポクリン腺癌という病気が似た病気として鑑別が必要です。

肛門周囲腺腫の症状

肛門周囲や尻尾の付け根、または尻尾に黒っぽいつるんとしたしこりとして発見されます。

しこりは一ヶ所だけでなく、肛門から尻尾までの範囲で同時に数か所発生することもあります。

肛門周囲腺腫は、それ自体は良性のものではありますが、しこりが大きくなってくると、しこりの表面に潰瘍ができたりそこから出血することもあります。

また、しこりが破れたところに感染を起こしたり、しこりが大きくなりすぎて肛門を塞いでしまったり、肛門括約筋の機能を障害してしまうことなどもあり、そうなると排便障害など、二次的にいろいろな影響が起こるようになります。

治療

肛門周囲腺腫の治療では、基本的に外科的切除をおこなうことになります。

しかし、肛門周囲の皮膚は伸び縮みできるだけの余裕が必要な場所であり、さらに大事な肛門括約筋があるために、大きく切除することはできません。

しこりが尻尾にある場合にも、尻尾の皮膚は伸縮がほとんどなく、大きなしこりを切除する時はその縫い合わせが困難になります。

このような理由からも、尻尾でも肛門でも、しこりが大きくなるにつれて切除が難しくなり、肛門括約筋を損傷してしまう可能性も高くなりますので、しこりは小さいうちに切除する方が犬の負担も少なくて済みます。

また、男性ホルモンの影響を受けることから再発のある病気でもあるので、これを機に去勢手術も一緒におこなうことが多くなります。

悪性腫瘍について

悪性腫瘍=癌は、周辺の組織に癒着していることが多く、広がる時も周囲に浸潤しながら広がっていきますので、形がはっきりせずしこりの境目が分かりにくいと言う特徴があります。

癌は、全身のどこにでもできますし、もちろん尻尾にもできることがあります。また、癌の場合は短期間で大きくなることが多いです。

細胞診が診断の指標になりますが、正確に癌の確定診断をする為には、さらに切除したものを検査に出す必要があります。

腫瘍は良性でも大きくなっていくことがあり、それは犬の生活の妨げになり、暮らしの質を低下させることもありますし、あるいは、今は良性であっても長い年月のうちに癌化してしまう可能性があるものもあります。

もしもしこりが悪性=癌の場合は、時間が経つにつれて進行し、他の場所や臓器への転移なども起こるリスクがありますので、発見された時点で、その治療のほとんどは早期の手術の選択になると思います。

尻尾にできたしこりが癌の場合、しこりの部分だけでなく、尻尾そのものを切断しなくてはいけない場合もあります。

もししこりを外科的に切除することが困難な状態の場合、治療方法には放射線治療や抗がん剤治療、免疫療法、緩和治療などがあります。

どのような治療を選ぶかは獣医師とよく相談し、犬にとって何がベストであるかを決断できるのはやはり飼い主さんしかいないでしょう。

いずれの場合も、しこりの正体をはっきりさせるためには早めの検査が大事です。

他にもしこりができる病気がある?

尻尾以外の部位で、しこりができることがその病気の特徴的な症状であるものがあります。

クリプトコッカスという真菌(カビ)が犬に感染して起こる病気では、鼻にしこりができるのが特徴です。

この真菌は鳩の糞の中などに多く存在しているのですが、空気中などにも普通に存在していて犬が健康な場合は発症することはありません。

しかし、犬の体調が悪く、犬に免疫低下の病気などがある場合は、ちょうど風邪のような症状で発症し、重症化した時は肺炎などを起こして全身状態が悪くなります。

さらに失明、痙攣、麻痺などの重篤な症状が起こることもあるので、注意すべき病気です。

 

まとめ

犬の尻尾にしこりができている場合、その犬がオス犬で未去勢で若くなければ、男性ホルモンの影響が関係する肛門周囲腺腫という病気の可能性が最も高いと思われます。

しかし、去勢済みのオス犬やメス犬など、男性ホルモンの影響を長期に受けてこなかったと考えられる犬の場合は、同じような症状の悪性腫瘍に注意しておかなれればなりません。

尻尾のしこりが悪性腫瘍だった場合は、尻尾の切断ということもやむを得ない場合があり、しこりの切除が困難な状態になると選べる治療方法も狭くなってきます。

良性でも悪性でも、しこりは大きくならないうちに対処する方が治療もしやすく、犬の体のダメージも少なくてすみます。仮に悪性の病気を発症していたとしても、できるだけ早い段階で治療を始められるようにしてあげて下さい。

飼い主さんが異変に早く気づくためには、普段から犬の体を触って健康な状態を把握しておくということが何よりも効果的な健康診断です。そしてスキンシップは健康管理には欠かせない大事なことだと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

犬の尻尾がハゲてくる?甲状腺機能低下症とはどんな病気?

保険スクエアbang!と口コミ・評判でペット保険を検討しよう

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA