犬のフィラリア症はどんな病気?感染経路・症状・治療について 

毎年、春先になると、犬にフィラリア予防薬を飲ませて感染を予防しなければならない、ということは、ほとんどの飼い主さんの共通の認識になってきていると思います。

もしフィラリア予防をせずに感染したら、どんな病気になりどんな症状が出るのでしょうか?

犬の健康への飼い主の意識が高まったと言われる現在でも、フィラリア症を発症する犬は多くいます。

今回は、フィラリア症の症状や治療法について解説したいと思います。

スポンサーリンク

フィラリアは蚊が媒介する寄生虫

フィラリアは体内に寄生する寄生虫の一種であり、「糸状虫上科」という種類に属するものが総称してフィラリアと呼ばれています。

正確には、犬のフィラリア以外のフィラリアもあり、人間のフィラリアもあります。

犬に寄生するフィラリアは犬糸状虫というもので、宿主は犬が圧倒的に多いのですがまれに猫にも寄生することがあります。

犬のフィラリアの成虫は、白くて細長く、まるでそうめんのような外観をしていて、長いものでは30cmほどにもなるそうです。

フィラリアは感染している犬の体内で幼虫を産みます(フィラリアは卵を産まない)。この幼虫はミクロフィラリアと呼ばれます。

フィラリアの感染経路

ミクロフィラリアは血液中に漂いながら、に吸血されるのを待ちます。蚊がその犬の吸血をする時、ミクロフィラリアは蚊の口から蚊の体内に移動します。

ミクロフィラリアは脱皮するごとに成長し、その段階はL1~L5と分類されます。蚊の体内で2回の脱皮を経て、L3まで成長すれば感染可能なレベルのミクロフィラリアです。

蚊の体内で感染可能なL3に成長したミクロフィラリアは、蚊が次の犬の吸血をする時に、蚊の唾液に混じって次の犬の皮膚の上に落ちます。

そのミクロフィラリアは、蚊が吸血した穴から犬の皮下に入り込み、その犬の体内に移動します。そして成長を続けながら今度は血管内に移動し、最終目的の肺動脈にまで達して成虫になります。

成虫まで育ったフィラリアは、その後は交尾して増え続けます。そして増えすぎて肺動脈からはみ出し次は心臓の方に貯まっていくのです。メスのフィラリアは交尾によって、毎日2000~3000の幼虫を産むというのですから、本当にゾッとする話です。

しかし蚊に吸血されることなく犬の血液中に留まったままのL1のミクロフィラリアは、そのままでは成長できず2年ほどで死んでしまいます。

スポンサーリンク

フィラリア症は心臓病として発症する

L1のミクロフィラリアは40~50日でL5の段階まで成長します。そして120~150日で成虫のフィラリアになります。

成虫のフィラリアは5~6年の寿命を持ち、その間は犬の肺動脈や心臓の右心室の中で生息し、心臓や肺の機能を阻害し続けます。

フィラリアが寄生しているために血管内壁は損傷され、フィラリアの死骸や血栓が血管内を流れて細かい血管に詰まるようにもなります。血流は阻害され、肺や心臓、そして全身の臓器の障害に繋がっていくのです。

感染して症状出現までに数年

フィラリアは、犬と蚊の体内を移動しながら成長し、最終的に肺動脈や心臓に寄生する寄生虫です。

フィラリア症は慢性に経過し、フィラリアが体内に住み着いてから、徐々に心臓や肺の機能を蝕み、ボロボロになって、犬にフィラリア感染のあきらかな症状が現れるまでに数年かかると言われます。

発症した頃には、フィラリアも心臓内に大量に寄生していてすでに重症になっていることも少なくないのです。

要注意・フィラリアの急性経過(大静脈症候群 Vena Cava Syndrome)

フィラリア症の多くは慢性的に経過するのですが、時に急性症状を呈することもあります。

その原因は、フィラリアの虫体の多さによるものであり、心臓の三尖弁(逆流防止弁)に虫体が絡み付いてしまうことで急性の心不全を起こし、正常な血液の循環が遮断されます。

血液の流れる場所に虫体が多く絡んでいる為、そこを流れる血液中の血球は破壊されていきます。血球が壊れることにより血尿の症状が現れ、貧血が急速に進行していきます。

いきなりの血尿で急に容態が悪くなるというような急性症状が出現したフィラリア症は、何の対処もしなければ一晩で死亡してしまうこともある、とても危険な病状です。

【参考記事】

心臓に雑音が生じる犬の病気 僧帽弁閉鎖不全症の症状と治療

フィラリア症の初期症状

フィラリアが寄生する場所は肺動脈や心臓なので、心機能や肺機能が悪くなって全身の血液循環障害を起こし、犬にはそれに由来する症状が現れます。

酸素欠乏状態になるので、動くとすぐに疲れるようになり、散歩で歩くことや階段などを嫌がる、息が荒くゼイゼイいう、早朝や興奮時にが出るようになる、食欲不振、重度貧血、突然ふらついて倒れこむ、などの症状が目立つようになります。

しかし、寝てばかりの犬を見て、飼い主さんは「高齢だから」というように捉えてしまうことも多いかもしれません。犬は動くことが難しい病状に陥っているのですが、このまま気づかれなければさらに病気は進行していきます。

全身の循環障害は、腎臓や肝臓など様々な臓器の機能不全を引き起こします。そして肺水腫や腹水が出現するようになります。このような症状はフィラリア症の末期症状です。

フィラリア感染から、未治療だと慢性的な経過で2~3年で末期症状に至るとされています。しかし、慢性的に経過していたとしても、前項で述べたように、フィラリア成虫の増加により突然症状が悪化して、病状が急速に進行することもあります。

フィラリア症の治療

フィラリア感染をしているかどうかを確認する為には、血液検査をしてミクロフィラリアや虫体が出す特異なタンパクを調べます。感染が判明すれば、心電図、超音波検査などで心臓や肺の損傷の程度を検査します。

フィラリアの治療には、手術と薬の2つの治療法があり、犬の体力や病状により治療法を選択します。ただし急性に悪化したフィラリア症については、緊急手術が必要です。

フィラリア症の手術(フィラリア釣り出し術)とは

全身麻酔下で、首の頚静脈を切開して細い鉗子を挿入し、心臓に絡んでいるフィラリアの虫体を釣り出します。

フィラリアの摘出が成功すれば、犬は元気に回復することもできますが、急性悪化したフィラリア症では術中や術後に亡くなってしまうことも少なくはないようで、大変シビアな状態と言えるでしょう。

また、フィラリアの寄生によって血管内はかなりダメージを受けている状態ですので、術後も心臓の治療の継続などが必要になります。

そして、術後に体調が回復してきたら、今度はミクロフィラリアを駆虫するためにフィラリア駆虫薬を投与しなければなりません。

薬による治療のリスク

手術でフィラリアを摘出しない場合、駆虫薬で成虫と幼虫を全滅させるか、あるいは幼虫だけ駆除して成虫は経過観察するか、または駆虫は行わずに対症療法をするかという治療の選択があります。

通常、予防薬として健康な犬に投与している薬は、正しくは幼虫に対する駆除薬です。(予防薬ではなくなぜ駆除薬なのかについては、後日別の記事にしたいと思います。)

成虫駆除薬はそれとはまた種類が違うものです。成虫駆除薬はミクロフィラリア駆除薬よりも強い成分の注射薬であり、注射後の運動制限なども必要になるので犬の体への負担も大きくなります。

そして、成虫駆除薬はミクロフィラリアは駆虫できないのです。つまりそれぞれ別な薬が必要になります。

また、薬でフィラリアを全滅させると、死滅したたくさんの虫体が血管内に詰まってしまうという危険があります。

さらに、フィラリアが持っているボルバキアという細菌が、フィラリアが駆除されたことによって一度に血管内に放出され、臓器に悪影響を及ぼすという危険もあります。

*近年では、ボルバキアを除去することにより、フィラリアは生殖不能か死亡するということがわかっています。その効果を狙ってテトラサイクリン系の抗生物質を投与するという治療が選択される傾向にあります。抗生物質のみでフィラリアを完全に駆除はできませんが、駆虫薬と併用で処方されているようです。情報の出典元:ウィキペディア

フィラリア症の予防は飼い主次第

犬の血液検査を行い、ミクロフィラリアが見つかれば、それは感染しているということであり成虫が寄生しているものと考えられます。

上記のような治療法があっても、治療そのもののリスクは高く、またフィラリアが寄生していた時期が長いほど血管や心臓はダメージが深く治療後も何らかの症状を残し完全には回復できません。

犬の健康状態によっては、フィラリアを駆除するような治療には耐えられないこともあり、その場合は症状ごとに対処しながら体内のフィラリアの寿命が来るのを待つより手段がありません。その間に犬の健康状態がどれだけ維持できるのかということになります。

フィラリアは、感染すると恐い病気です。しかし予防薬を確実に投与すれば完全に予防することが可能な病気です。

犬がフィラリア症にかかるかどうかは飼い主次第ということになります。

まとめ

犬のフィラリア症は、フィラリアという寄生虫によって起こる、主に心臓病の症状が出現する病気です。

慢性で経過することがほとんどですが、発症した時にはかなり悪くなっていることもあり、急激に悪化することもあります。

フィラリアの治療をおこなったとしても、長年寄生されていた血管の内部は傷だらけでボロボロになっていて、駆虫できた後も何らかの治療が必要になることが多いです。フィラリアに蝕まれた犬はとても苦しい症状を抱えることになります。

しかしフィラリアは感染予防が可能な病気です。予防薬があり、それを投与すればこのような寄生虫から犬を守ることができるのです。感染予防がいかに大切かを飼い主さんはどうか理解しておいて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

「吐く」「食欲不振」は何が原因?犬の病気を症状から考える

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

私のおすすめ

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!