発情期の雌犬 人の足へのマウンティングをやめさせるには

マウンティングというのは交尾の時の馬乗りになる行動のことです。これは犬同士でなくクッションやぬいぐるみ、時には飼い主さんの足にすることも結構あります。

特に、発情期の雌犬にこういう行動が目立つことがあり、びっくりされる飼い主さんもいるようです。

マウンティングには生殖行為のイメージがあるので、どうして人の足に?と怪訝に思う方もいるでしょうが、この行動には他に意味があるのです。

今回は、雄犬だけに限らない、発情期の雌犬のマウンティングについて説明します。

マウンティングは雄犬だけではない

マウンティングと言えば、発情期に雄犬が雌犬に馬乗りになって腰を振る行動であり、雄犬独自のものというイメージがあるかもしれませんが、雌犬にも見られ、必ずしも交尾を意味するものではありません。

マウンティングは、飼い主さんの目には少し困った行動に映ってしまうかもしれませんが、犬にとっては決して異常な行動ではないのです。発情期の本能的な行動として大事なものである他にも、嬉しさや楽しさという興奮によるものであるとか、上下関係の確認の為、かまってほしい甘えの気持の表れなどの意味が込められた動作なのです。

マウンティングが意味することをまとめると、次のようなものになります

  • 発情期の雌犬に対する雄犬の性的本能
  • 上下関係を確認し、自分が優位であることを示す支配行動
  • 嬉しい、楽しい、遊びとしての行動
  • ストレスが高まっている時のホルモンのアンバランスによるもの

このように、発情期の行動だけに限定されず普段からいろいろな意味を持つマウンティングがあります。

子犬の場合、子犬同士で遊びながら相手の上に乗ってマウンティングをしていて、そこで自然と上下関係を確認し合うようになり、関係性というものを理解し、必要以外の争いを避けることができるようになります。

その行動は、犬の社会化という意味でとても大事なコミュニケーションでもあるのです。

発情期の雌犬のマウンティング

「マウンティングは雄犬のものだと思っていたのに雌犬もしているのを見てショックだった」「人の足にマウンティングをするのが何となくはしたなくて恥ずかしい、生理的に受け入れられない」という感覚を持つ飼い主さんもいるようです。

そういう感覚を持つのは、雌犬のマウンティングに人間目線を当てはめてしまうからかもしれません。

上記したように、マウンティングには発情期の性的行動である以外にもいろいろな意味があります。そして特に発情期の雌犬には、ホルモンバランスの関係でこのような行動が多くなり、普段はそんな行動がない雌犬にも見られることがあります。

基本的に、犬のマウンティングは、雄犬が雌犬の発情期にする以外の場面で、性的意味を持ってすることはないととらえていて良いです。

発情期の雌犬は、体が受胎に備えて大きく変化があり、そのために必要なホルモンの分泌に左右されて不安定な状態にあります。そのせいで大きなストレスもかかっています。

この時期の雌犬のマウンティングは、そのホルモンバランスの不安定さから来るストレスによるものと考えられ、雄犬による発情期の交尾の意味のマウンティングとは異なります。

発情期の雌犬に対し、雄犬のマウンティングが見られた場合は、性的本能でありそのまま交尾に繋がります。そうなると雌犬が妊娠してしまいますので、交配を望まない場合は引き離す必要があり、そもそも近づけてはいけません。望まない交配に関しては、雄犬のマウンティングを見たら引き離すという以前にマウンティングをするような場面を作らないことが重要です。

しかし発情期の雌犬が、クッションなどの物や人の足などにするマウンティングは、決して性的本能ではなく、交尾を意味しているわけではないのです。

足へのマウンティングをやめさせた方がいい理由として

雌犬の発情期に見られるマウンティングは、ざっくりと言ってしまえば、不安定な時期のストレスによるものと考えられます。

そして、勝気な性格の雌犬の場合には、普段からもそのような行動がよく見られることがあります。

雌犬に限らず、普段から人の足にするマウンティングにはいろいろな意味があり、嬉しくて興奮状態を表していることもありますし、かまって欲しくて甘えている行動かもしれません。または飼い主さんよりも自分が優位な立場と自己主張している支配行動であるという意見もあります。

いずれにしても、これを放任していると、飼い主さんだけでなく他の人の足にも同じようにしてしまう可能性があります。雄犬にしても雌犬にしても、普段から人の足などへのマウンティングは癖になりやすい行動ですので、トラブルを避けるためにも、にしがみつかせてのマウンティングは普段から習慣にさせない方が良いでしょう。

足へのマウンティングをやめさせる方法

人の足へマウンティング行為をして来たら、「ダメ」と犬に伝えて静かに体を離し、無視しましょう。その時には、決して大声や高い声を出すなどして、騒がないようにして下さい。

そして、やめさせると決めた場合は、同じ家にいる家族の中で統一した対応をして下さい。

ある時は許可するけどある時はさせないというような曖昧さや、普段はいいけど他人の足はダメというような対応をしていると、犬を混乱させてしまい、効果がなくなります。

飼い主さん側も犬の前では足にマウンティングされにくい体勢をとる、たとえば足を投げ出して座らないなど気を付けるのも、難しいかもしれませんが工夫の一つです。

そして、足にマウンティングしようとした時は、他の遊びやおもちゃにに興味を向けるように誘導するのも効果的かと思います。

足にマウンティングする機会がなくなり、しがみついてもそれとなく体勢を変えられてかわされ無視されるということが根気よく繰り返されていくと、時間はかかっても次第に足へのマウンティングも修正できてくると思います。

飼い主さん家族以外の人の足にしがみつきそうになる時は、「おすわり」などの制止の号令をかけて意識をそちらに集中させるように癖をつけてみて下さい。このような行動制止のしつけは、あらゆる場面で使えます。是非、号令が確実に入るようにしつけをおこなっておくと役立ちます。

クッションなどへのマウンティングについては、飼い主さんの考え方次第かと思います。雄犬も雌犬もマウンティングそのものは異常行動ではないので、人の足以外も全てをやめさせる必要があるかどうかです。

クッションなどもやめさせたい場合は、そのクッションをあらかじめ撤去するなどが手っ取り早いと思います。

また、避妊手術や去勢手術をすることによってこの行動が減るとも言われますが、必ずしも効果があるものではありません。性ホルモンの影響を受ける行動ですが、全てがそうではないからです。

雌犬は避妊手術することにより、発情期のホルモン変化による不安定さはなくなりますが、普段から遊びの一環としてや習慣づいて見られる場合は、変わらないのではないかと思います。

ストレスがたまっているということが原因になっていることもあるので、ただやめさせるということだけにこだわらず、しっかりと運動させることや一緒に遊ぶことにより、十分にストレスを解消できるようにしてあげましょう。

 

まとめ

マウンティングは、雄犬だけでなく雌犬にも見られるもので、特に発情期の雌犬はストレスが高いためにこの行動が目立つことがあります。

そして、人の足にもすることで、飼い主さんには困った行動になることもあります。

しかし、マウンティングのうち、交尾を意味する性的な行動になるのは、雄犬が発情期の雌犬に対するものだけです。

人の足を性的な対象にしているわけではなく、にとってこの行動はコミュニケーション手段でもあり、はしたないというような人間目線を当てはめるのは適切ではありません。

しかし、マウンティングは癖になりやすい行動でもあります。飼い主さん以外の他人の足にも同じようにすることが、犬の体格によってはトラブルや怪我の元にもなりますので、普段から行動修正しておく方が望ましいでしょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

雌犬の発情期(ヒート)における特徴的な行動と対策法

犬の去勢のメリットとデメリット メスの発情期のオスの対策


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"