犬の歯周病予防・病院での歯石取りの麻酔や費用について

犬の歯周病は、高年齢になると共に罹患率も高くなります。

歯周病の予防には普段からの口腔ケアが重要ですが、犬の歯磨きは実際には困難なことが多いです。

歯石がたくさん付着している場合、歯石取りは通常、病院で行います。

しかし、歯石取りは全身麻酔とセットであり、ためらう飼い主さんも多いと思います。

今回は、犬の歯石取りと麻酔や費用のことについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

犬の歯の健康は寿命に影響する

人においては、高齢になっても健康を維持するには、自分の健康な歯でしっかりと食事ができることが重要であるという考えの元に、8020運動というものを厚生労働省と歯科医師会が中心となって推進しています。

これは、高齢化する社会の中で、80歳になっても20本の自分の歯を維持しようという目標です。

1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動 が始まりました。楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切 です。ぜひ「8020」を目指してください。

出典元 https://www.jda.or.jp/enlightenment/8020/

歯の健康が体の健康に繋がることは犬も同じで、歯を失うことは、直接的な生命維持のための「食べる」という大事な動作が保てなくなってしまいます。

犬が歯を失う原因は、ほとんどが歯周病によるものです。

口腔内のトラブル・歯周病を放置してはいけない

歯周病は、歯の周辺組織の炎症であり口腔内の感染症です。

しかし、歯周病は口腔内だけの問題ではありません。

治療せずに放置しておくと、歯周病はどんどん進行して、やがて深部の歯を支える歯槽骨という骨まで溶かしてしまいます。

その結果、支えのなくなった歯は脱落してしまい、こうして歯を失ってしまうのです。

歯を失うことで、食べるということに支障が出て、栄養や生活の質の低下を招くことにもなります。

また、歯周病の進行は全身へも影響を及ぼします。

歯周病菌の繁殖により血液中に血栓を作りやすい環境になるため、その血栓が脳や心臓に詰まって脳梗塞などを起こす原因にもなります。

また、誤嚥しやすくなる為に、誤嚥性肺炎などを起こしやすくなります。

あるいは、血液中に菌が入り込み、敗血症という状態になると一気に急変して命にも危険が生じます。

【歯周病の参考記事】

>>口臭が気になる犬の歯周病 歯磨きケアで歯石の付着を予防しよう

口腔内を健康に保つには普段のケアから

歯周病を予防し、口腔内の健康を維持していく為には、犬も普段からのケアが必要です。

口腔内には食べ物のカスなどが溜まりやすく、それが歯垢(プラーク)となって歯に付着します。

歯に付着した歯垢(プラーク)は細菌の塊とも言うべきもので、これが歯周病の原因となります。

そして、歯垢をそのまま放置すると、結晶して歯石という石を作り、歯にこびりつくようになります。

歯垢は柔らかく、歯磨きや拭き取ることによって取り除くことができますが、歯石になって歯に付着してしまうと、普通の口腔ケアではもう落とせなくなります。

犬の歯垢は、犬の口腔内の環境、PHが人とは違う為に、早い時期に歯石に変わってしまいます。

歯石の付着は、歯垢が溜まりやすい場所を作ってしまうことになるのです。

このような理由から、歯周病の予防には普段から歯垢を除去することが重要です。

歯磨きやクリーナーなどを使って口腔ケアの習慣を作り、歯垢を溜めないことが歯周病の予防対策となります。

スポンサーリンク

犬の歯石は病院で歯石取りをする

いくら歯磨きが理想的であるとわかっていても、犬の歯磨きは現実的には難しいものです。

口の中を自由に触らせてくれる犬は、子犬の頃からそのような習慣を付けてきた犬であり、おそらく嫌がる犬の方が多いのではないでしょうか。

歯の表面は触ることができたとしても、奥や歯の裏側まで、じっくり観察しながら歯磨きすることはなかなかできないのではないかと思います。

歯磨きができなくても、飲み水に滴下するだけで歯石が付きにくくなったりするケア用品や、歯磨きガムなどがありますので、そのようなものを使っていることもあるでしょう。

しかし、高齢になってくると、やはり歯石が蓄積していることがあります。

あるいは、そのようなケアを行っていないという犬も多いかもしれませんので、そういう場合は歯周病という形で発症して歯石取りが必要になるかもしれません。

特に何か問題があったわけではないが、たまたま行った病院で歯石を指摘され、歯石取りをすることになったということもよくあることです。

歯石取りは技術が必要で、日常的に家でできる処置ではなく、病院で獣医師に任せる処置になります。

歯石取りには、ハンドスケーリング超音波スケーリングの2通りの方法があります。

どちらもスケーラーという歯石取り専門の道具を使うことには変わりないのですが、それが手動であるか超音波の機械であるかという違いがあります。

そして、それぞれに、全身麻酔をかけるのか、麻酔なしで行うのか、という選択になります。

全身麻酔による歯石取りとは

病院での歯石取りは、一般的には超音波スケーリングがおこなわれます。

歯石は、歯の表面に付着してしまうのですが、目に見えているような表面だけではなく、歯と歯茎との間の歯周ポケットと呼ばれる場所や歯の裏側にも付着してしまいます。

歯周病予防の為には、このような表に見えない場所の歯石こそ、しっかり取らなければ意味がありません。

超音波スケーリングは、超音波の振動で行う方法ですが、機械は高熱を発する為、それを冷却するために水を出しながら機械を動かしています。

先端は鋭く、処置時には痛みもあり、スケーリング中に動くとケガをさせてしまう恐れもあります。

そして冷却水や取り除いた歯石は同時に吸引しながら行います。

私達が歯医者に行った時のことをイメージしてもらえばわかりやすいのではないでしょうか。

私達の歯科の処置でも、口腔内には吸引機の先端を入れて、水を出しながら歯の処置をしていると思います。

このような形で歯石取りの処置を行う為には、犬に全身麻酔をかける必要があり、麻酔なしでは不可能です。

また、もしも歯周病の進行があった場合、ぐらついた歯の抜歯などの治療も同時におこなわれます。

患部の骨などを確認する為には、レントゲン撮影やCT撮影を必要とすることもあります。

つまり、病院においては、歯周病の治療と予防を目的とした、徹底した歯石取りが行われるので、全身麻酔が前提になってくるのです。

無麻酔による歯石除去とは

麻酔下で行う歯石取りに対し、抵抗のある飼い主さんもいると思われます。

歯石取りを必要とするのは、大抵が高齢の犬ですので、全身麻酔をかけるリスクがあることも、それを不安に思うことも、もっともだと私も思います。

そこで最近は、無麻酔での歯石取りというメニューを作っている病院も増えているようです。

ただし、超音波スケーラーの機械は、麻酔なしでは使用が無理ですので、無麻酔の場合はハンドスケーリングになります。

そして、ハンドスケーリングで除去できる歯石は、上の歯の表側というのが主体となります。

どんなにおとなしくて口を触ることに抵抗をしない犬であっても、やはり歯の裏側の歯石取りまでは難しいのです。

つまり、麻酔なしでの歯石取りは、ハンドスケーリングで主に歯の表面などの一部分に限られるということになります。

また、無麻酔では、犬が人のようにその処置に従ってくれなければだめなので、協力的な犬でない場合、この方法は無理です。

歯周病が進行している犬に対しても、患部には痛みを伴い、それを犬に我慢してもらって行うということはできないので、無麻酔では行えません。

基本的に、無麻酔のハンドスケーリングでは、歯石を完全に取り除くことはできないので、歯周病予防という目的には適していないと言えるでしょう。

美容目的であれば、外から見える部分の歯石取りは意味もあるのかもしれません。

しかし、無麻酔での歯石取りで恐怖感を植え付けてしまうと、その後、家庭で歯磨きを始めとする口腔ケアができなくなってしまうこともあり、そうなるとまさに本末転倒です。

海外では獣医師以外の無麻酔スケーリングは違法行為

最近は、無麻酔スケーリングを謳っているサロンなどもあるようです。

それは、動物病院ではなく、処置を行うのも獣医師ではありません。

このような行為は、実は獣医師の間では海外でも日本でも問題視されているものです。

犬の歯石取りなどの口腔内への行為は、歯科処置という医療行為であり、あくまでも爪切りなどとは異なるものなのです。

アメリカ獣医歯科学会 American Veterinary Dental College(AVDC)のHP https://www.avdc.org/dentalscaling.html

アメリカとカナダでは、獣医師の資格を持たない人が歯科処置を行ったり、監督下で訓練された動物看護士が、獣医のライセンスのない施設で診療行為をすることは、法律で禁じられ、罰則が科せられます。

日本語訳の出典元 http://sa-dentalsociety.com/news/dental%20scaling.pdf

アメリカ獣医歯科学会のページでは、このような行為がいかに危険であるか、その弊害についてが説明されています。

近年、表面には歯石がなくて、一見きれいに見えるのに、歯周病が進行していて、ほとんどの歯を抜歯しなければならない状況の犬を連れた飼い主さんが、診療に訪れるようです。

それは、このような病院以外での無麻酔の歯石取りによるものであることが考えられています。

また、スケーリングは歯の表面を傷つけないようにするための技術が必要で、スケーリングの後はポリッシングと言って、表面を磨いてなだらかにする必要もあります。

このような正しい処置がきちんとできていない場合、歯の表面についた見えない傷には、これまで以上に歯垢が付着しやすくなってしまうのです。

日本でも、歯周病予防を目的としていない、病院以外で行われる歯石取りは、グレーゾーンと理解した方がよいのではないかと思います。

単なる見た目ではなく、歯石取りの本来の目的を考えて、どこに依頼すべきかを選択する必要があるのではないでしょうか。

病院での歯石取りの費用の目安

歯石取りは、大体、術前検査、麻酔、歯石除去、研磨(ポリッシング)という内容の合計でその費用が計算されます。

動物の医療費は、病院によってかなり差があることも多いですが、重度の歯周病などの治療を伴わなければ、一回の歯石取りの費用は2万円~5万円くらいの範囲であることが多いようです。

その費用の差には、犬の体重(大きさ)なども関係しています。

オプションには、抜歯、レーザー治療、レントゲン撮影、根管治療などがあり、それぞれ施行した場合2000円~5000円ずつが加算されていきます。

重度の歯周病がある場合は、5万円~8万円程度の費用がかかるようです。

医療保険に加入している場合、美容のための歯石取りは保険対象ではないですが、歯周病があり、その治療として歯石取りの処置では、保険対象になることもあります。

ただ、加入している保険会社によって免責事項も違うので、よく確認した方が良いです。

一方で、無麻酔の歯石取りは麻酔費用がかからない分、安価です。

1万円以内で済むことが多いようですが、先述したように、無麻酔で可能な歯石取りはかなり範囲が狭くなります。

肝心な歯周ポケットや歯の裏側、奥などを施行できませんので、歯周病予防としての効果は薄くなります。

 

まとめ

歯石取りは、見える部分をきれいにすることが目的ではなく、見えない歯周ポケットにある歯石まで取り除いて歯周病を予防することが目的です。

本格的で効果的な歯石取りをする為には、全身麻酔は不可欠ですが、近年は動物の麻酔も安全性が高まったとは言え、そこで踏みとどまる飼い主さんの気持ちもよくわかります。

しかし、重度の歯周病もまた、健康を損なう大きなリスクです。

それらのことについて、十分に説明を受けることができる獣医師の元で、よく話し合い、納得のいく答を出して下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

>>デメリットも調べよう!ペッツベストのペット保険・口コミ評判

>>「いぬとねこの保険」は安い?免責や口コミ評判もチェック!

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!