犬は生まれ変わりまたあなたに会いに来る 再会を信じたい

あなたは生まれ変わりを信じていますか?

特に宗教を持たなくても、生まれ変わりを信じる人は多いような気がします。

もしもすべての命に生まれ変わりがあるなら、空に旅立ってしまった愛犬とも再会できる日があるかもしれない。

私の友人を始めとする、愛犬を亡くして哀しみの中にいる飼い主さんに読んでもらいたく、今回は少しスピリチュアルなテーマに触れてみたいと思います。

興味のある方はお付き合い下さい。

犬の生まれ変わりをテーマにした映画

以前、犬の生まれ変わりをテーマにした映画が公開されましたが、ご存じでしょうか?

僕のワンダフル・ライフ」という映画で、2017年のものなので、そんなに昔の映画ではありません。

この映画は、犬の目線で描かれたストーリーになっています。

イーサンという少年に命を救われた子犬ベイリー。

大人になり、やがてその命が尽きても、またイーサンに会いたくて、3回も生まれ変わってイーサンを探すという内容の映画です。

この映画の監督ラッセ・ハルストレム氏は、他にも、

  • 犬と暮らす少年が主人公の「マイライフ・アズ・ア・ドッグ
  • 日本の忠犬ハチ公をモデルにした「HACHI 約束の犬

といった映画を撮っていて、犬好きな監督として知られているようです。

僕のワンダフル・ライフ」は、W・ブルース・キャメロンという作家が、愛犬を亡くした恋人の為に書いたベストセラー小説が原作になっています。

飼い主達の犬に対する想いや希望が映画になったといえるものかもしれません。

再会したくて何度も生まれ変わり、飼い主を探す健気な犬の姿に自分の愛犬の姿を重ねた人も多かったのではないかと思います。

犬の生まれ変わりは仏教でどう語られるのか?

人が亡くなった時、法要で49日という区切りがもうけられています。

仏教では、49日までは、故人の魂もまだあの世とこの世をさまよいながら過ごしていると言われます。

そして、49日で故人の魂はこの世からあの世で定められた場所へと旅立つとされているのです。

それは、この世に残された家族や故人にゆかりのある人々も、未練を断ち切って日常を取り戻す1つの区切りでもあるのです。

魂は、輪廻転生(生まれ変わり)を繰り返し、徳を積んで最終的に浄土を目指します。

浄土は、もう悩みも苦しみもない完全なる世界とされています。

仏教に詳しいわけではないので、こんな説明しかできなくてすみません。

では犬はどうなのでしょうか?

仏教では、動物も人間と同じように生まれ変わりがあると言います。

ただ、犬は犬に生まれ変わるとは限らないという説、犬は犬に生まれ変わるという説、犬はそのまま転生することなく成仏できるという説、様々です。

宗派によっても違いはあるし、そもそも、犬は「畜生」という、魂が低い位置付けであったりもします。

(仏教的には、生前の行為の善悪で、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上という、生まれ変わりを繰り返す六道輪廻という区分があります)

しかし、犬も人間の家族であるという認識が広まってきたのは最近のことで、仏教的にも、人間とは切り離せない関係にある犬に対する考え方も今後は変わってくるのかもしれません。

愛犬の生まれ変わりは飼い主の願い

生まれ変わり=輪廻転生は、仏教だけの考え方ではありません。

スピリチュアルの世界では、犬は人間に比べ、生まれ変わりのサイクルが早いという考え方もあります。

犬は、人間のように複雑な思考や感情がなく、その魂の目的は人を癒すことなのだそうです。

犬は、まるで赤ちゃんのように、永遠に純粋な存在であり、嘘をついて私達を陥れたり、妬んだり、恨んだりするような感情はありません。

犬は、私達を裏切ることなどないばかりか、無条件に私達を愛してくれます。

私達の心は、犬の純粋さに触れることで、溶けていくように癒されます。

あなたと愛犬が一緒に過ごした時間が、愛に溢れるものだったならば、その犬の魂は、あなたを幸せにするという使命を果たしているのです。

そして愛に溢れた魂は満たされ、早く成仏できるとも言われます。

その魂は生まれ変わり、使命を持って再びあなたに会いに来るかもしれません。

アメリカ在住のあるスピリチュアル・カウンセラーによれば、犬は自分が愛された家族の元に再び来ることが多いのだとか。

その時に同じ姿とは限らず、猫かもしれないしハムスターかもしれない、あるいは徳を積み重ね、人への生まれ変わりもまれにあるとのことだそうです。

愛犬と共有している貴重な今を大事にしたい

私が子供の頃、実家には私が保健所からもらってきた犬がいました。

当時、保健所が何をしているかなど知らず、おそらく今よりもっと簡単に収容犬を見ることももらうこともできて、私も軽い気持ちで子犬を一匹選んだように記憶しています。

しかし、私の家では、昔ながらの飼い方しか知らず、犬の飼育環境はよくありませんでした。

そして、子供だった私は、自分が貰いに行ったにも関わらず世話は全て親任せでした。

それから何年も経って、やがて実家を出た私がある日家に帰ってみると、母が神妙な顏で「犬が今朝、冷たくなっていた」と私に告げました。

いつもそこにいた犬が亡くなるということがピンと来なくて、私はとても驚き、にわかには信じられず、そして急に喪失感と後悔とがこみ上げ、大泣きしました。

ろくに世話もせず、それほど構いもしてなかったのに。

犬はいつしか年を取り老犬になって、それでも、私を見るといつまでも子犬のようにはしゃぎ、犬は私にとても懐いていました。

その犬を想う時、今も心が痛いです。

今、私の元にいる愛犬に、私はいつもその犬を重ねて見ています。

「この子はあの子かもしれない。」そう感じています。

だからこそあの頃できなかった分まで愛犬を幸せにしなければならないと思っています。

この世で過ごす時間は、時間の観念のないあの世から見ると全て一瞬のことだと聞きます。

私達はその一瞬を生きて、その中で愛犬と共有する今があります。

私達は見えない縁で繋がり、引き寄せられていると信じています。

もしあなたが愛犬を亡くした哀しみの中にいるのでしたら、再会を信じてみませんか?

あなたが愛したあの子は、またきっとあなたの傍に現れる、と。

いつなのかはわからないけれど、生まれ変わりあなたを探してくれることを信じてみませんか?

まとめ

あなたがあなたの犬と出会ったきっかけは何でしたか?

どんなきっかけであっても、あなたの犬はあなたに会う為に来ました。

ペットショップの子も、保健所にいた子も、購入された子も、殺処分寸前だった子も。

全てが縁で結ばれてあなたの所に来ました。

どの犬も飼い主さんを幸せにするためにいます。

あなたも、あなたのをたくさん愛し幸せにしてあげて下さい。

【おすすめ記事】

愛犬と一緒に寝る幸せ 一緒に寝たがる理由知っていますか?

殺処分の現状と保健所の引き取りの理由 飼育放棄される犬達


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"