3Dプリンタ技術も!前足にハンデがある犬達の感動動画 

犬の中には何らかのハンディキャップを持って生まれてくる個体もいます。

自然界の中においてそれは生き残っていく条件として厳しいかもしれません。

しかしそういうハンデのある犬達も、人間がサポートするだけでこんなに生き生きと快適に暮らしていくことができるのです。

前足に障がいのあるハスキーミックス犬のダービー

ダービーは生まれつき前足にハンデがあるハスキーミックスの犬、優しい飼い主さんの元で可愛がられていました。

走れないダービーを思いきり走らせてやりたいと、飼い主さん達はいつも思っていました。

飼い主さん夫婦はある日、3Dプリンタ会社に勤めるアンダーソンさんと知り合います。

アンダーソンさんは、ダービーの前足を見て走らせてやりたいという気持ちになり、最初は前足用の犬の車椅子のような車輪を付けてあげたのですが、うまく走れませんでした。

そして次に考えられたのが、3Dプリンタで作った前足用の義足。

出典元 https://www.youtube.com/watch?v=uRmoowIN8aY

義肢の専門家も義足作成チームに加わって、ダービーの義足が3Dプリンタで作成されました。

ダービーが3Dプリンタによって作られた最新の義足で生まれて初めて思いきり走っています。

3Dプリンタ、犬用の義足、なんという素晴らしい技術!

段ボール箱に入れて捨てられていたチワワのDaffodil

生まれつき前足がない状態で生まれたDaffodilはという子犬は段ボール箱に入れられて捨てられていました。

通りかかる人が、この障がいのある小さなに気づきましたが、手を差し伸べる人はいませんでした。

そこに通りかかった男性が、この小さな犬を連れ帰り、Daffodilは保護されることに。

獣医師と、動物用プロテーゼを専門で作っているOrthoPetsという会社がチームを組み、この小さな犬の為に前足用の車輪の義足を作成しました。

出典元 https://www.youtube.com/watch?v=XSj_41dCJWs

こちらは3Dの義足ではありませんが、彼女にぴったりの車輪の義足ができました。

そして、この愛らしい小さな犬に心を奪われたスタッフの一人が里親となってその後は幸せに暮らしています。

前足を持たずに生まれて4週間後に捨てられたターボルー

ターボルーもまたダファディルと同様に前足にハンデを持って生まれて、たった4週間で放棄され保護されたチワワの子犬です。

でも、アシュリーという女性が彼の里親になってくれました。

ターボルーもまた、前足の代わりにターボルーを支えてくれる、義足になる車輪を作ってもらいました。

ターボルーが前足用の車輪の義足を付けてない時は、里親のアシュリーが、靴下のつま先を切った服を着せて、小さな犬の体を保護してくれています。

出典元 https://www.youtube.com/watch?v=0L3i__PLTE0

前足はないけど、こんなに走れるよ!

まとめ

いかがでしたか?

3Dプリンタの犬の義足、人間が作り出す技術は素晴らしいなと改めて感じます。

3Dプリンタはこんなふうに活用されるのですね。

そして、ハンディを持つ動物にこんなふうに優しさを提供することができるのですね。

どんなに小さくても、前足にハンディがあっても、幸せになる為に生まれてきた命。

どうか犬達がずっと幸せに生きて行けますように!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

何故?飼い主にしっぽを振らない犬 犬に好かれていない?


あわせて読みたい記事はこちら


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

シェア頂けると嬉しいです!

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!

 

2 件のコメント

  • 感動していっぱい泣いてしまいました(T_T)
    捨てられたりしても助けてくれる人たちがいることに本当に良かった、と感じます。
    優しい世界ですね。

    • ranさん、コメントありがとうございます。ranさんもとても優しい方なんだなということが伝わってきました。
      この子達をゴミのように軽々しく棄てるのも人間、でも手を差し伸べられるのもまた人間なんですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA