デメリットも調べよう!ペッツベストのペット保険・口コミ評判

最近では、動物医療も人間同様の治療が可能になってきました。

しかし、犬には保険制度がなく、医療費は全て飼い主さんの自己負担になります。

近年は、高額な負担をなくすための民間のペット保険も増えていて、中でも保険料の安い「ペッツベスト」などは要注目です。

今回はデメリットも合わせて、ペッツベストの口コミ・評判をご紹介したいと思います。

ペッツベストは獣医師が作った信頼性の高い保険

ペッツベストというペット保険はお聞きになったことがあるでしょうか?

ペッツベストは、アメリカの獣医師によって始められたペット保険で、取り扱っているのは、アイダホ州の米国ペッツベストインシュアランス社という会社です。

Dr.ジャック・スティーブンスという獣医師が創業者です。

この獣医師は、高額な治療費が払えないために犬猫を安楽死させるケースが数多いことに心を痛め、1981年に保険会社を設立したのだそうです。

そして、2005年に今の会社の形へと成長しています。

日本のペッツベスト少額短期保険株式会社は、米国のこの会社と長い交渉の末、2009年より事業提携に至りました。

つまり、日本でこの会社のペット保険が取り扱われるようになったのは2009年からです。

ペッツベストのペット保険は、獣医師が設立しているということで大きな信頼にも繋がり、楽天の年間ペット保険人気商品としても評判が良く、ランキング4年連続1位に上がっているそうです。

 

《↓↓詳細はこちらから↓↓》

ペッツベストは保険料と補償のバランスが良い

ペッツベストのペット保険で特に評判が良いのが、保険料の安さです。

安い安いと言っても、犬の保険料は結構それなりの金額になるので、どんなものかと私も興味がありました。

調べてみると、ペッツベストのペット保険は確かに安い!それは事実です。

 

《↓↓詳細はこちらから↓↓》

保険料が安い・お得な3つのプラン

ペッツベストのペット保険は、3つのプランに分かれています。

  1. ファーストプラン
  2. ベーシックプラン
  3. アクシデントプラン

このペット保険の中で、医療保険としてケガと病気に備えるのは、ファーストプランベーシックプランです。

アクシデントプランというのは、突然のケガを対象にした傷害保険になります。

ペッツベストのペット保険は、本当に保険料の安さが魅力です。

普通は犬の年齢と共に保険料もみるみる上がっていきますが、ペッツベストのペット保険の料金の上昇はわずかです。

↓こちらは保険料の参考資料です。ABCDは犬種ごとの分類です。

http://www.petsbest.co.jp/PDF/Fhokenryo.pdf

アクシデントプランは一律で、2018年6月現在で、16,190円/年という金額です。

プランは、一定の条件を満たせば、ファーストプランとベーシックプランの間での変更は可能です。

 

支払限度額

ペッツベストのペット保険は、支払限度額が設けられています。

ファーストプランとベーシックプランの違いは、その限度額です。

ファーストプランの年間最大支払額は100万円(同一の傷病に対する限度額50万円)

ベーシックプランの年間最大支払額は50万円(同一の傷病に対する限度額25万円)

アクシデントプラン(ケガのみ)の年間最大支払額50万円(同一のケガに対する限度額25万円)

免責金額

ペッツベストのペット保険は、免責金額というものが設定されています。

これは、1つの傷病に対し、その金額になるまでは自己負担となる部分であり、その金額を越えた時点から保険対象となります。

その金額もプランによって違います。

ファーストプランとアクシデントプランの免責は7500円、ベーシックプランの免責は2万円です。

高額な医療費を80%の高率でカバー

ペッツベストのペット保険は、免責を越えた医療費の80%の部分を補償してくれる保険です。

この割合はどのプランにも共通であり、かなり高率な補償だと思います。

過去に、大手保険会社で90%負担というペット保険がありましたが、その商品は現在もうなくなっています。

ペッツベストは、1日の限度額もないです。

通常は自己負担になる画像検査、CTやMRIなども保険対象になります。

請求回数の制限もないです。

つまり、続けて何度も通院し、仮にそのうちの1日の医療費が高額になっても、それぞれのプランの中の限度額以内であれば全て保険対象ということです。

加入可能な年齢が幅広い

ペッツベストのペット保険は、加入できる年齢の幅広さでも評判の保険です。

保険加入の対象は、家庭で飼育されている愛玩犬猫で、生後満50日齢から16歳(16歳11カ月)までとなっています。

他の保険会社では、高齢では新規加入できないことが多く、ペッツベストのペット保険を除けば、アイペット損保の12歳が加入最高齢です。

つまり、ペッツベストでは、どこの保険会社よりも高年齢で新規加入が可能ということです。

ペッツベストのペット保険は、加入者にとっては最後の砦と言えるわけです。

 

《↓↓詳細はこちらから↓↓》

ただしペッツベストのペット保険にはデメリットもある

ここまで読むと、安くて手厚い補償で言うことなしのペット保険という印象ですが、保険はデメリットもきちんと理解して検討した方がよいです。

限度額と免責

年間の限度額は十分ではないかと思うのですが、1つの傷病に対する限度額もあり、その傷病が限度額内で完治しなかった場合、補償対象からはずれてしまうというデメリットがあります。

それ以外にも、最初から補償対象外とされている病気も多いようです。

原則は医療費の80%補償ですが、保険の規定で、特定疾病や特定障害に挙げられている一部の傷病に関しては、5千円~2万円という範囲内の補償に留まるのもデメリットです。

【80%補償の対象外】

猫免疫不全ウィルス感染症(FIV)、猫伝染性腹膜炎(FIP)

じん帯の断絶・損傷、肉球または爪の裂傷・切り傷・刺し傷、有毒物質または異物の飲み込み

先天的ないし遺伝的または発達異常を原因とする病気・ケガがおきた場合

妊娠または出産を原因とする病気にかかった場合

 

保険対象から外れるもの、つまり最初から補償対象外のものには次のようなものがあります。

【補償対象外】

<12歳以上の猫で新規加入の場合>

慢性腎不全・甲状腺機能亢進症

<7歳以上の未避妊・未去勢の犬で新規加入の場合>

メス:子宮内膜炎・子宮蓄膿症・子宮筋腫・卵巣嚢腫・子宮水腫・乳腺腫瘍

オス:前立腺肥大・会陰ヘルニア・直腸憩室形成・肛門周囲腺腫

この免責は未避妊や未去勢の犬にはデメリットと言えるでしょう。

保険の加入条件と更新年齢

保険に新規加入するのも更新するのも16歳11ヶ月までで、この保険は終身保険ではないので、その先は更新することができません。

最近は、犬の寿命も長くなり、17歳以上長生きした場合、高齢になってから無保険になるというのもデメリットであり、その対策は別に考えておく必要があるでしょう。

また、加入時にも、年齢と犬種によって診断書が必要であり、特定の疾患がないことなどが条件になります。

【新規加入制限のある疾患】

悪性腫瘍(ガン)、腎不全、糖尿病、重度の外耳炎、脳・神経系疾患、気管虚脱、肝硬変、肝不全、ホルモン性疾患、膵外分泌不全、先天性疾患(VSD、PDA、AS、PS、TOF)、炎症性腸疾患(IBD)、

椎間板ヘルニア(ダックスフンド、ウェルシュ・コーギー、ビーグル、フレンチ・ブルドッグの場合)

このような免責事項は、たしかにデメリットとも言えますが、実は他の保険会社にも当然規定があるものです。

ある有名な保険会社では、そのようなデメリットがわかりにくかったようで、長年入っていたにも関わらず、病気をした翌年にその病気が補償からはずされ途方に暮れている、という飼い主さんの話をネット上でも何度か見かけました。

それに比べ、ペッツベストのペット保険は、最初からデメリットの内容も明確であり、十分に検討できる材料になりますので良心的と言えるのではないでしょうか。

 

《↓↓詳細はこちらから↓↓》

ペッツベストのペット保険の口コミ・評判

実際にペッツベストのペット保険に加入した飼い主さん達の口コミ・評判はどのようなものがあるかを調べてみました。

やはり受け止め方は人それぞれで、いい口コミ・評判もあれば悪い口コミ・評判もあります。

【いい口コミ・評判】

  • デメリットである限度額がはっきりしていてわかりやすい
  • 限度額があっても金額は大きいので、よほどの手術などしない限りは十分
  • 少額の保険料で高額治療費に備えられるので安心
  • 緊急の時や夜間のいざという時に備えられる
  • 年齢がいっても保険料がそれほど高額にならない
  • 安いのに補償が手厚いので病院にも躊躇なく連れて行ける
  • 補償率が高いわりに保険金額が安くバランスがいい
  • 小さい病気では使わず、いざという時の高額医療で使うと割り切ればいい保険
  • 他の保険会社は高齢になると加入できずその点ではもう一択である

いい口コミ・評判は、やはり保険料の安さが多いですが、補償内容にも満足しているという口コミ・評判も多いようです。

【悪い口コミ・評判】

  • ほとんど補償が出ない病気は困る
  • せっかく入ったのに縛りが多く、適用外が多い
  • 免責が大きい
  • 終身ではないので不安
  • 歯周病など、高齢になって起こる病気も適用外
  • 保険の請求が窓口で自動的にできず手続きが煩雑
  • 完治しない病気や慢性疾患では限度額がネックになる

悪い口コミ・評判では、やはり免責に対する不満という内容に偏ってくるようです。

ペッツベストのペット保険の内容についての私なりの感想

保険料は、年齢と共にどんどん上がり、犬が健康であれば、高い保険料だけ払っていても無意味に思えて来ることもあるかもしれません。

保険をかけていたのに継続をやめてしまうのも、案外そのようなタイミングがあるようで、そういう点で、このようなリーズナブルな保険の口コミ・評判が良いのは当然かもしれないと思います。

支払いが安い時は保険を使わなければよく、とりあえず継続しておいていざという時の高額な支払いに活用すれば良いのではないでしょうか。

この保険料で高額医療の80%が補償されるというのはお得だと思います。

1日の限度額もなく、画像検査(私の保険は対象外)も対象というのは、さすがに獣医師が作っただけあって、よく検討されている内容の保険ではないかと思います。

不足はあっても、デメリットを理解した上で割り切って入るには、手軽でいい保険だと思います。

 

《↓↓詳細はこちらから↓↓》

まとめ

私は、愛犬が子犬の頃に、深く考えることなく大手の保険会社に加入し、今に至っているのですが、「保険は何らかの形で必要!加入していて本当に良かった!」と心から思っています。

犬の保険でそう実感したのは、やはり高額な医療を受けた時です。

しかし、保険料は年々上がり、大手もやはり制限や免責はあれこれとあります。

ペッツベストのペット保険は、保険料が安いわりに補償も悪くないと思います。

保険に加入してない飼い主さんは、入れるうちに検討されることをお勧めします。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

【おすすめ記事】

犬用サプリで免疫!犬康食・ワンプレミアムの口コミと評判

 

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!