保険スクエアbang!と口コミ・評判でペット保険を検討しよう

犬と暮らしている飼い主の皆さんは、ペットの医療費についてどのように考えていらっしゃるでしょうか?健康だから病院にはあまり縁がないという飼い主さんの方が多いかもしれませんね。

しかしもし何か治療が必要になった時、その高額な医療費には驚かれると思います。

ペット保険というものがあるけど、いろいろな口コミや評判があり選び方も難しいです。

そこで今回は、ペット保険の内容や必要性、そしてペット保険の資料を便利に一括請求できる「保険スクエアBang!」のご紹介をします。

スポンサーリンク

ペット保険はどんなもの?

ペット保険とは、ペットにかかる医療費について、その契約の内容に基づいて費用の一部を保険会社が負担してくれるものです。

補償の対象になるのは、「通院」「入院」「手術」などにかかる医療費の①診療費②処置費用③薬代などであり、補償割合や限度額などもその保険会社や契約内容によって違います。

また、請求方法もいくつかあり、これも保険会社によって違います。

1.人間の健康保険のように、ペット保険証を窓口で提示することにより、支払う金額が最初から会社負担分を差し引いた自己負担分だけになる方法。この場合の請求はその医療機関から行います。またその医療機関がその保険会社と提携していない場合はこの方法は使えません。

2.かかった医療費を窓口にて、一旦、全額自己負担で精算し、後日、飼い主さんが保険会社に書類を提出し、審査後に払い戻しされる。

3.かかった医療費を窓口にて、一旦、全額自己負担で精算し、医療機関に診断書を依頼、後日、飼い主さんが請求の書類と診断書を保険会社に提出し、審査後に払い戻しされる。

ペット保険の歴史は、1990年代にイギリスで始まり、現在は各国で普及しています。日本においては、2008年から無認可共済として始まり、2010年に現在の損害保険会社としてのペット保険が確立されたようです。

ペット先進国と言われるヨーロッパにおいては、加入率も日本の10倍と言われ、日本もペットに対する意識は高まって来たもののまだそこまで追いついていないようです。

スポンサーリンク

ペット保険に入った方がいい?

今のペット環境は昔とずいぶん変化してきています。

昔は、犬も番犬として家の外に繋がれて飼われていることは多く、放し飼いなど、今では信じられないようなことも珍しくありませんでした。高品質なフードへの関心も一般的ではなかったし、フィラリア予防などもなされてなかったのではないでしょうか。

猫も室内飼いが当然のようになったのは最近で、昔は好きなように外に出て、ある日、そのまま帰って来なかった(帰って来られなかった)猫も少なくなかったと思います。

ペットを取り巻く環境や健康に関心を向ける飼い主さんが多くなり、また動物医療の発展によって、長生きできるペット達も多くなりました。

ペットが高齢化すると病気にかかるリスクも増え、医療費が発生することは必然となります。

ペットは家族の一員という位置付けになってきた近年、病気になってしまったり怪我をしてしまった時には、できるだけ質の良い医療を受けさせてやりたいと考える飼い主さんも多いのではないでしょうか。

しかし、ペットの医療費には人間のように健康保険制度はなく、全て自由診療であり、かかる費用は全額が自己負担になります。

ペット保険に加入していることによって、人間のように、かかる医療費の負担を一部軽減することが可能になるのです。

健康な時には、ただ支払うだけの保険料が無駄に感じるかもしれませんが、医療が必要になった時、病気や怪我の内容によってはその金額も一気に高額なものに跳ね上がり、そこで初めて加入していることの意味がわかるものです。

いざ加入しようとしても、タイミングを逃せば年齢条件などで制限がかかるなど難しくなってきます。

現在、未加入であるのなら、是非、健康でできるだけ若い時期にペット保険を検討し加入しておくことをおすすめします。

ペット保険の口コミ・評判にはこんなものが

ペット保険に関する口コミ・評判はその会社の名前と共にネット上のあちらこちらで確認することができます。

ペット保険に入っている飼い主さん達の、ペット保険に対する口コミ・評判の内容には次のようなものがあります。(ここではどこの会社の口コミ・評判なのかは出していません。)

加入して良かったと思う口コミ・評判

●日額・回数制限なしで免責金額を除いても80%の補償なら十分安心できる。

●高齢になっても加入できたのがありがたい。

●10歳以上の保険料の変動なし。免責金額の設定がある分、安い。

●ペット保険証を提示するだけで差し引いた分の支払いが可能な事。

●保障限度額まで補償割合100%はいい。

●高額になりがちな手術に特化した保険のため、安くなっている点がお勧め。

 

加入保険に対して不満に思う口コミ・評判

●慢性疾患の補償が20回までなので高齢犬には向かない。発病する前に他に乗り換えた方がよい。

●請求申請を自分で郵送するのが面倒。

●請求時、揉めると支払いがかなり遅れることもある。

●払い戻し金の銀行振り込みについて、何も連絡もなく、通帳を見るまで分からない。

 

以上のような口コミ・評判から、加入していること自体は良かったと思っているけれど、内容や請求の方法によっては、不満を感じている飼い主さんがいることもわかります。

これは会社によって違うでしょうし、また、請求はそこの動物病院がその会社と提携してない場合、窓口で提示する方法がその病院では無効となり、後で個別にすることが必要となります。

最近はペット保険も浸透してきましたが、個人の病院などで保険会社との提携がないところもたまにあります。払い渋りがあるかどうかは別として、そうなると確かにちょっと面倒です。

 

どのペット保険がいいかわからない時は保険スクエアbang!で検討

ペット保険も補償内容や加入条件、保険料などが会社によって様々です。

加入を考えるのなら、まず、どのペット保険が求める条件に合っているかを比較検討して探す必要があります。

よく検討して決めないと、使おうと思った時に適応でなかったなど、細かい規定に初めて気づくようなこともあるかもしれません。

しかし、口コミ・評判だけを眺めてもどこをどのように比較したら良いのかもよくわからないのではないでしょうか?

保険スクエアbang! ペット保険では、ペット保険各社の補償の内容や保険料などの比較がネット上で行えて、必要な会社のペット保険の資料一括請求サービスがあり、請求はもちろん無料です。

また、保険スクエアBang!のHP上からそのまま加入申し込みも可能になっています。

保険スクエアbang! ペット保険比較検討できる会社は11社あり、概要がとてもわかりやすく掲載されているので、迷っている飼い主さんにも見やすいと思います。

ある程度内容を絞ったら、保険スクエアbang!ペット保険の資料一括請求サービスを是非、利用してみて下さい。

せっかく加入するのなら、簡単に決めずに一度資料をじっくりと確認し、細かい条件などもしっかり把握しておいた方が間違いないです。その点で保険スクエアbang!は手軽に資料を集められるので便利ではないかと思います。

《詳細はこちら》

保険スクエアbang!ペット保険は便利なサービスです

ペット保険はまだ新しい分野の保険であり、生命保険や自動車保険のようにメジャーなものではないので検討する為の情報や口コミ・評判も十分とは言えません。

1つ1つの情報を選んでそれぞれの会社の資料を自分で取り寄せるのも、比較検討のポイントを拾い上げるのも大変な労力になります。

「保険スクエアbang!」は、各社の補償のポイントが表にまとめてあるので、比較の為の情報を自分で探し出さなくても大まかなことは一目でわかると思います。

また、保険料の試算ができるツールがあるので、情報を入力すれば比較が簡単にできます。ただ、保険料に関してはそれぞれのペットの条件によって違いがありますので、ここで出せるのはあくまでも参考になります。

それでも目安にはなりますので、それをもとに条件に合いそうなペット保険会社を選択して、さらに詳しい資料を「保険スクエアbang!」に一括請求してみて下さい。

「保険スクエアbang!」ではキャンペーンも行われていますので、保険スクエアBang!サイト経由で資料請求すれば、特典も受け取れてお得です。

掲載各社が行っているキャンペーンと重なるとダブルでお得になります。

保険スクエアbang! ペット保険に対する口コミ・評判

●ペット保険の見なおししたく資料請求しました。 入力も簡単で、サクッと出来ました。見やすいパンフが届き、結構安く済むことが判明しました。 保険関係は結構ややこしいですが、手を抜かず向き合うべきと実感しました。

●ゆっくり資料を見て比較検討でき、満足のいく保険会社選びができました。

【詳細はこちら】

まとめ

ペット保険には損害保険会社と少額短期保険会社があり、少額短期保険は損害保険契約者保護機構の対象ではありません。その保険会社の経営が破たんした場合は契約も途中で終了です。

しかし、損害保険会社でも最大契約期間は1年の更新制だと思いますので、少額短期保険でお安く加入しておくという選択肢もあります。

ペット保険は必要なものと私は実感しています。医療と切り離せないような病気をした時、大きい手術をした時には本当にありがたさがわかるものです。

資料を検討して、条件さえ合うなら、口コミ・評判など参考にして是非どこかに加入されておくことをおすすめしたいです。

ペット保険は、加入可能な時期がずっと続くとも限りませんし、いつ必要になるかもわかりませんので、健康なうちに検討した方が良いと思います。

是非、この機会に考えられてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

病院で犬のアレルギー検査にかかる費用はどのくらい

犬の寿命 ミニチュアダックスフンドは長生きする犬種?

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!