犬の去勢のメリットとデメリット メスの発情期のオスの対策 

オス犬には発情期が決まっていないということを以前の記事でも書きました。

全てはメスの発情期に左右されることになるので、周囲に発情期のメスがいればオスはいつでも発情期に入ります。

犬にとって発情期は本能であり、想定外の行動をとることもあって、それはしつけの問題で語れないこともおおいにあります。

対策として去勢することも選択されますが、去勢にはメリットもデメリットもあります。

今回は発情期のオスの行動と対策法、去勢した場合の影響などについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

メスの発情期にオスが受ける影響

犬の発情期は、メスの場合は周期的に発情期を迎えるのですが、オスにはいつというものは決まっていません。

発情期に入ったメスは、オス犬にアプローチするフェロモンを出すようになり、その匂いは2km四方にいるオスまで届くと言われています。これはすごいことで、つまり2km圏内に発情期のメスがいれば、オスはその匂いを嗅ぎ取ることができるのです。

そしてその匂いで刺激を受けたオスが興奮し、発情させられることになります。

メス犬に関しては、発情期の周期もその期間もある程度は決まっているために、その時期に集中して対策を取ればよいということになりますが、オスの場合はどこに発情期のメスがいるかわからないので、コントロールが難しいということが問題です。

これは、普段しつけができているからと言っても犬の本能の問題ですので、飼い主さんの制御が効かなくなることも多々あります。

【犬のオスとメスの発情期のしくみについてはこちらが参考記事】

犬のオスとメスの発情期はいつ?その違いと期間について

発情期のオスの行動と起こりがちなトラブル

発情させられて、子孫を残したいオスのエネルギーの前では、しつけも意味をなさないことが多く、飼い主さんの命令を無視して本能のままに行動することもあります。

飼い主さんはそれを認識しておかなければ、そのような行動が大きなトラブルに発展する可能性も高いのです。

オスの発情期に見られる行動としては次のようなものがあります。

  • 遠吠えをする、一晩中でもしつこく吠える、鳴く。
  • テリトリー意識が高まりマーキング行動が増える
  • ソワソワ落ち着かず攻撃的になって人や他の犬を噛む
  • 普段は仲のいい犬でもオス同士で自分を誇示しようと喧嘩になる
  • 散歩中でも発情期のメスの元に行こうとしてリードを強引に引っ張る。
  • 発情期のメスを追いかけて脱走する。
  • 食事をしないで体重が減り、痩せる。体調を崩す。

発情期のメスに刺激されたオスはこのように興奮状態が続き、それが落ち着くまでには時間もかかります。そして発情期にあるメスが近所やまたは同居の犬の中にいる以上、オスはいつもこのような興奮状態にさらされることになるのです。

交尾の機会を逃すまいとする、子孫を残すための本能に基づくこのような行動は、叱って治るものではありませんし有効なしつけがあるわけでもありません。むしろ叱ることは酷とも言えるでしょう。

メスの発情期にオスにできる対策

オスの発情期はメス次第ですから、近くに発情期のメスがいると思われる場合はいつでも対策が必要になります。

重要なことは、望まないメスの妊娠を避けることとあらゆる意味での安全対策です。

例えば、多頭飼いで同じ家の中に発情期のメスがいる場合のオスは特に注意が必要です。

メスに生理用パンツを穿かせるくらいではトラブルは回避できないことも多く、ケージを乗り越えてでもオスはメスの元に行こうとします。この期間は完全に別々の部屋に分けておくくらいの対策が必要です。

多頭飼いでこのようなことをよくわかっている飼い主さん達は、それぞれに対策をされています。

メスの世話をする人とオスの世話をする人を家族で分けるとか、メスの世話のあとには手を洗うことはもちろん服を着替えるという飼い主さんもいて、できる限りメスの匂いを運ばないように徹底しているようです。

それでも、オスの発情を止められるものではないのです。

また、この時期には家から脱走するオス犬も珍しくありません。オス犬は何とかして、外にいる発情期のメス犬の元に行こうとしてとてつもない力を発揮し、リードや首輪を引きちぎることもあります。

脱走により、思わぬ交通事故に遭う犬もいますし、迷子になってそのまま帰って来られない犬もいます。

また、メス犬の元にたどり着き交尾の機会を得たとしても、それは望まれない妊娠に繋がるのです。

メス犬の飼い主さんも、脱走してきたオス犬が突然突進して来るのは恐怖ですし、体格差などがあればメス犬も飼い主さんも怪我をする可能性があり、興奮状態で咬傷事故などに繋がる危険性もあります。

オス犬の飼い主さんは、そのような脱走を防止する対策を万全に取っておくことが必要となります。

また、発情期に入ったオスがメスと交尾できないストレスは大きく、それが続くことによって体力をかなり消耗してしまうことにもなります。食欲が低下して食事をしなくなるオスもいて、健康上の問題にも繋がってくることもあるのです。

スポンサーリンク

オス犬の去勢手術

犬の去勢手術とは、全身麻酔下で睾丸を摘出することです。去勢により精巣と精巣上体がなくなるので、性ホルモンの分泌はなく、発情期もなくなります。

オス犬の発情期の問題を解決する一番効果的な選択は、今後もし交配の予定がないのでしたら去勢手術をすることでしょう。

多頭飼いの場合は、メスの避妊手術かオスの去勢手術のどちらかを検討することでもよいと思います。

しかし、わざわざ犬の体を傷つけて去勢手術などするのは心苦しく、自然のままで一生過ごさせてやりたいという考えの飼い主さんも多いようです。

ただ、このような本能はしつけで解決はできません。

犬が野生で生きているのならまだしも、人間のもとで、本能にふりまわされながらそれに制限をかけられて暮らしていくことは、どれだけ犬にストレスがかかることになるのか、今一度考える機会になればと思います。

それでも、去勢すれば良いことばかりではなく、もちろんデメリットもあります。次で去勢によるメリットとデメリットを挙げてみたいと思います。

去勢によるメリット

去勢することによって犬は生殖能力を失い、望まない妊娠、繁殖を防ぐことができます。

去勢されたオス犬は、発情期のメスと接触しても刺激で発情することはないので、発情による興奮や攻撃的になることを避けられます。それによって起こりうるトラブルや事故を防止でき、何よりも犬がよけいなストレスから解放されることになります。

また、早期の去勢の場合では、縄張り意識によるマーキング行為もなくなると言われています。

去勢により他のオスとの闘争性や攻撃性が和らぐので、犬は落ち着いて暮らせるようになります。

また、去勢すれば、前立腺肥大や肛門周囲腺腫、精巣腫瘍などのオスに多い生殖器の病気を予防することにも繋がります。

去勢によるデメリット

去勢すると、当然ですが、交配はできなくなります。また、メスと同様に、発情で消費するエネルギーが必要なくなるため、肥満傾向になりやすくなります。

早期に去勢したオスでは、骨格が弱かったり、子犬のような性質がそのまま残ったりして、中にはヒステリックな性格になる犬もいるようです。

去勢で予防できる病気があると同時に、かかりやすくなる病気もあり、甲状腺機能低下症などは去勢と関連があるとも言われています。

また、去勢手術そのものは全身麻酔で行われるので麻酔事故が起こる可能性もないとは言えません。

去勢すべきかしないのか

去勢手術にはこのように、メリットもあればデメリットもあります。どちらを選ぶべきなのかは飼い主さんにしか決められないことです。

ただ、去勢しないのであれば、発情期のことをきちんと理解し、事故や逃走防止、無責任な繁殖をさせない、犬にむやみにストレスをかけない、そのような対策をしっかりと取るべきです。

 

まとめ

犬の発情期は、メス犬によってオス犬も影響を受け、オス単独での発情期というのはありません。極端な話、オスの生活圏の2km四方にメスがいない場合、また、出会うこともなければ、発情しないで過ごすことができます。

しかし、反対に、近隣にメスが複数いる場合は、その発情期の都度に刺激を受けて、オスは常に発情期になってしまい、オスが常にストレスにさらされて落ち着かない生活を強いられることになります。

近年、問題になっている多頭飼育崩壊や、望まない妊娠により生まれた子犬が保健所に収容されることを防ぐためにも、犬と暮らす上では、責任持てる範囲での繁殖制限は重要なことです。

しかしメスの避妊手術と同様で、去勢手術はあくまでも飼い主さんが決めることです。

現在問題となっているオスの行動、去勢のメリットとデメリット、それらをよく検討した上で何がもっともよい方法なのかを考えられるのは飼い主さんだけだと思います。

去勢するしないは別に、どのような選択をしたとしても、自分の愛犬の健康や行動には飼い主さんが責任を持たなくてはならないのです。犬が幸せに暮らせる為によりよい結論が出せるようにお願いしたいと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

【おすすめ記事】

雌犬の発情期(ヒート)における特徴的な行動と対策法

メス犬の発情期(ヒート)と避妊手術・費用や術後管理について

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事はこちら!


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

《これは使える!》

目や口に入っても安全!優れた除菌効果!